Jump to content

Hyperaetronia

Member
  • Content Сount

    9
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

  • Clan

    [-GC-]

About Hyperaetronia

Recent Profile Visitors

138 profile views
  1. え。。。スレ主さんの主張以外事態が見えない;;;SNSサービスを使わない私みたいな人間だっている訳ですよ;;;; 後に続くやり取りはお約束の掛け合いみたいな馴れ合いにしか見えないです。。言ってる内容に根拠がありませんよ。。。。 ルールは誰かの議論じゃないはずですよね・・?私的には客観的に見てちょっと後に続くやり取り(内容の具体)には信用がなりませんwww ・・・・当事者の方々にはご対応ご苦労様でしたとしか。 ※追記:客観的に見たハナシをしているにも関わらず、はたまた根拠のないご評価を有難うございます。
  2. 対空砲火は単艦における上方および複数の艦艇での相乗効果がありますので、艦艇が複数で対空連携を取れる距離に配置している場合、空母は全くと言って良いくらい手の出しようがありません。 これまでのホットフィックスアップデートにおける変更点を経てこれは当然のように、ご存知の通りに空母が強すぎるという意見を取り入れての現状の仕様になっている訳です。 これは適切な艦隊機動と各個艦船同士の連携を取る限り、0.8.0実装当初の空母仕様を前提に妥当なバランシングが施されて来たことを意味します。 対空セクターが意味をなさないと思うのなら、単純に切っておけば良いです。対空セクターは例えば、敵空母の雷撃機が飛来した際、島影にぴったり艦体を寄せている場合にオープンスペースに向けておくなどの際に有効な対空オプションであるはずです。これを含めて対空セクター指定の有効な利用方法を下記に列挙してみますが、↓ 島影に船体を寄せている場合に、オープンな側に向ける 特に護衛したい艦艇がいる場合に、護衛したい艦艇のいる側に指向する 敵空母艦載機の飛来方向に対し、連携各艦により初期対空集中砲火にて航空機中隊殲滅を狙う 単純に敵空母艦載機の飛来方向、若しくは消耗品戦闘機の存在位置が予め分かっている場合 等々があると思います。これら有用な対空セクター利用方法且つ各改変を経て強力になった対空能力を以てしてなお、空母の影響力を下方してしまうのなら、なし崩しで空母は一方的に弱い存在に追い込まれるばかりだと思います。 空母が強力過ぎるという強い不満に根差したクレームが発生しそれに対応せねばならないのなら、各艦艇の対空能力が強力過ぎるという空母側からのクレームにも対応せねばならないと思います。 それは安直に対空能力がどうとか空母艦載機の攻撃力がどうだけの議論ではないはずです。これらバランシングに関する議論に、例えばこれまでのところ戦場におけるプレイヤー同士のコミュニケーションはまったく介在していません。 言うだけ不毛な私の言いたいことだけを批判的に述べてしまうと議論に難が出てしまいますから何をか言うとすれば、単純に空母のHPを減らして空母撃沈のチャンスを増やせばいいと思います。
  3. 議論が盛り上がっているのに自分のスルースキルの無さを晒すようで申し訳ないのですが。 戦場に存在したら詰まらなくなるのは何も空母ばかりではないはずですし、近代的な艦隊戦において空母の存在は見逃せません。 どこかへ行っていいプレイヤーがいるというのなら、あなたがWoWsをプレイしなければいいという選択肢もあるはずなのに、そんな子供みたいな八つ当たりをしてはいけないと思います。 バランシングに対して対話する意欲がまったく欠けているあなたの態度は、空母に限らず他の艦艇の存在についても、プレイ上でも議論上でもあなたが他力本願であるに過ぎない証左だと思います。 特定のプレイヤーに対しゲームを出ていけばいいというあなたの発言は、艦隊戦における空母の特異性を前提に発生し得る議論やプレイヤー認識を見越したうえで見逃せません。 つまり、空母は気に入らない存在という認識から発展して、好んで空母に乗っている特定のプレイヤーへの差別偏見や疎外、嫌がらせ行為を助長しかねないということです。 あなたが邪魔だと思うほどに強い空母にあなたが乗るという選択肢を度外視しているのはどういった訳なのか、それも分かりません。なので、どうもまっとうな意見のようには見えないです。 ゲームに対し熱意と努力をもって工夫して遊ぶ気が無いならプレイする意味はないと思いますし、自分が気に入らない仕様を好む人間に安直に出ていけなどとはっきりと言ってしまうあなたの態度は 常軌を逸していて危険です。 T4空母は上のティアを研究するのに必要なExpが少なくて済みますので、そのせいですね。 これは空母仕様刷新に伴いゲームへの参与を見込めたはずの新規プレイヤーよりも、既存の艦艇でフリーExpを使うことのできる既存のプレイヤーの方が多いという事実を示唆していると思います。 それだけ比較的に上手いプレイヤーが空母を使用しているという客観的事実も無視できないはずです。 敵チームに空母がいる以上、味方チームにも同ティアの空母が同じ数だけいます。つまり、空母の天敵は空母であっていいですし、双方の対応能力上、当然それだけには限らないはずです。 目の前の事象に対し常に客観的な視点を持つべく努力をせねば、議論への参与を図るのは難しいことかと思われます。 蹂躙されるのは空母にだけなのか?という極めて単純な疑問が湧く発言です。転じて、現状を以って空母にしかそういった感想を持たないのは、逆に言えば空母のお陰とも言えると思います。 一部の突出した戦績の持ち主により戦場が支配的な空気になるのは、空母の存在だけに限った話ではありません。空母のいないマッチで相手に蹂躙されたあなた若しくは誰かが、同じ文句を言わないとは限りません。 運営の眼的な外聞を意識して物を言えば、あなたの空母は要らないという意見と同じくらい、ならばCOOPに戻らねばならないという状況も見過ごせません。 各艦艇の対空能力の大幅な向上により、空母が積極的に戦闘に参与できるのは艦載機に余力のある序盤か、戦闘の進捗によりあらかた艦艇の沈んだ終盤になってしまっています。 それに、これは見逃せない点で是非あなたに言っておきたいのですが、強対空艦や対空艦に守られて後ろに下がっていた艦艇例えば戦艦は、終盤においてもフルHP近くで残っていることがとても多いのです。 これらの艦艇を前に終盤まで生き残った空母が、対空艦に艦載機を叩き落されて、艦載機に余力のない状態でまともに渡り合っているというのは現状に全く即さない意見です。空母が先に潰れる戦場は当然あります。 高ティアでは各艦船の対空能力の向上により、空母の貢献が難しくなっています。私は個人的には3隻いてもいいと考えています。 強ければいない方がいいというのは自己本位的で、危険だと思います。ならば戦績の突出して良いプレイヤーや、良い戦果を出しやすい分隊はマッチングにいない方がいいと思います。 転じて、自分の参加する戦場に空母のいるいないを選ぶという選択肢若しくは戦績にレーティングを付けて戦場を分けるという選択肢が考えられてもいいと思います(私のこの場での積極的な意見ではありませんが)。 この場合のGrace_B7Aさんの発言の趣旨とは一致しないかなとは思うのですが、何等の条件付けも考慮せず空母何隻が妥当と言うのは、バランス上何らかの数字を根拠に例えば空母が1.3隻とか1.7隻いればいいと 発言するのと同じで、適切とは言い切れないと思います。 ・・総じて、とある所与の議題に対し安易な迎合的態度で仕様を云々するこれらの傾向は、ゲーム内にとある特定の層を生むという結果を導き、健全なゲーム運営やコミュニティの態度認識に悪影響だと思います。 この件に関しては特に最初に提示された意見が極端で一方的すぎるということもあり、少なくとも私にとってはなかなかに受け入れがたい雰囲気で、それら総体に対し外部的な視点から何をか物を申さずにはいられません。 当人(たち)が当人(たち)の心の中で気に入らないと感じている対象が果たして本当にゲーム内実装されている空母なのかどうかを、艦種別カテゴリーのティア毎の分類を前にして真剣に吟味する必要があると思います。 (そろそろ奇数ティア空母の実装に関する意識話題もプレイヤーの心情内外に上がってこようかという時期ですし・これは刷新版空母実装当初から運営さん自らにより言及のあることです) こういった議論のすべてが互いの言説の応酬の末に、穏健な差別的ヘイトスピーチに陥っている可能性だってあると思います。邪推ですが、反論にいちいち時間が掛かることをもって、一定の具体的な疑念も湧きます。 論者の主体性を前提とするに、大きな企業さんの大きな経済活動および(ゲームの扱っている)大きな話題の影響力を考えて、あまり無視してはいけないことと考えます。(差し当って、仕様上の議論とは関係ないですがね)
  4. 他人の要望に口を出すのはメンドクサイ上に時間がかかるので嫌なのですが・・・・ 感じる違和感の正体は「格上空母がいると萎える」のはナゼかですね自分のチームにも相手と同ティアの空母はいる訳ですしね 空母仕様改変に付随してマッチングルールに文句を言いたいのか自分の不得手とする格上空母がいることに不満なのかがワカリマセン 待機人数表示は戦闘に参加するにあたって付加事項に過ぎません何ならそんな表示は無くたって良い訳です なんとなくあなたの投稿内容に対して思うことは議題とはあまり関係のない仕様にかこつけて閲覧者を本来的な議論への参与から引き剥がしをしようとしているようにも見えるということです 且つ私がいまここで閲覧者に言いたい注意点は差し当ってマッチングルールに関する仔細の説明は必要なさそうだし意味がないということです だいいちあなたが格上空母に当たった時に抱く感慨は他人があなたの乗る船にボトムで引きあたってしまった時に抱く感情とあまり変わらないのではないか?という疑問もわきます 格上空母が強いのは当たり前のことですししかもそれは空母に限らんしマッチングルールとしてトップミドルボトムでMMが組まれる以上取るべき戦術と立ち回りはその都度考えるのがゲームです ここはフォーラムですから万人が内容を把握しやすいよう論点は明白明確にしましょうそのような物言いでは他人の思考に大変な負担を掛けてしまいます 関係ありそうで関係ないことを言って論点を逸らし議論を骨抜きにするのは英語で言えばtrollingとかscrewing ppl upとかのいわゆる荒らし行為に当たるはずですよ どうもあることないことを言ってみせてそれに閲覧者を巻き込み議論の主潮を自らの方へ引き寄せようとする政治的態度のようにも感じ不審に思いますね 公平公正なフォーラム運用に誰も気づかないことは自分の成果というような個人的な政治を滑り込ませて議論の帰結点及び結果をぼかすという議論議題論者についての主体性の転倒と倒錯を感じざるを得ません ただし、 この文言は意味が不鮮明で上で私が指摘したようにおかしい発言にも見えますが要するに直接関連する各個艦船のバランシングだけでなく付随的な周辺効果についても報告し議論とすべしという普遍的な態度かとは考えます ※3/18追記:文末引用文中に存在した表記ユレについて、投稿者ご自身による元記事編集訂正に合わせて本投稿文中の引用文に存在した誤表記を改めました。悪しからずヨロシクお願いします。
  5. 度重なる駆逐艦の事実上の上方で艦上攻撃機の駆逐艦への攻撃力が下がっている現在、駆逐艦への対応にもっとも適しているのは急降下爆撃機となっています。再突入に必要な旋回半径が小さく長距離対空砲の猛威を避けやすい他、対空能力の低い駆逐艦に対し十分な攻撃準備時間が与えられることもあり、いくらか爆弾の命中率が高い気がします。(ただし当方はミッドウェイのみの所有で白龍は使っていません。) 個人的には今回のアップデート(0.8.1.1)から、ロケットおよび爆弾の命中率はおかしい気がします。急降下爆撃は大型艦に対して十分であろう照準時間を取って(照準の楕円の範疇内という程度の意味ですが)船体中央部付近に落としても当たらないことすらある(!)というのに、駆逐艦にはとりあえず照準さえ絞れば一定のダメージが出るようになっているように思えてならないし、片やロケットはというと絞りに絞って大型艦に弾の多数がヒットしても然程ダメージが出ず、また駆逐艦に対しては一定のダメージを確保し且つ爆沈する確率を盛って与ダメージに対する調整がなされているように見えます。主砲の散布界の計算では正規分布が計算式に含まれているそうですが、艦載機の放つ攻撃にもこういった散布界的な項があってそれにも関わらず予め攻撃の当たる当たらないがコントロールされているふうに感じます。(この事については若しかすると運営に尋ねてみるといいかもしれませんが) ついでに申しますと、ロケットで戦艦を狙った場合の与ダメージは以前で最大15000近く、対駆逐艦では最大1万近くで、今回のアップデート辺りでそれぞれ最大6000弱と一定の値になっています。 急降下爆撃の場合、今回のアップデート辺りでそれぞれ最大18000余り・6000弱ほどです。 (ミッドウェイでF8FのTinyTim使用時:ロケット、ミッドウェイBTDデストロイヤー使用時:急降下爆撃) これらの事実は、刷新版空母実装より各ホットフィックスアップデートにおける度重なる下方修正を経て空母がMMで組まれた艦隊のなかで実質的に一定の役割を果たすことを明確に志向された結果とみなすことができ、にも拘わらず他の艦艇は空母に対して相対的な優位性が確保された中で一方的に空母を使役するようなバイアスが掛かっていると見なすこともできます。運営ははっきりと「空母はスポットに徹すべし」と言っていますし、これでは駆逐艦はいくらかのプレイヤーの要望を受けて事実上のかなりな上方を獲得した反面、空母はかなりな下方を受けて、なお空母なりの優位性を欠いた立ち回りを強いられるという結果となってしまって、つまりWoWsゲームをプレイするにあたって空母に乗ることは詰まらないことになってしまっていると思います。 与ダメージの上ではまったくと言っていいくらい完全なバランシングが図られている反面、運用法の違いに拠った艦隊戦における情勢その時々の寄与の度合いは考慮されておらず、空母の戦闘における貢献度はまったく、若しくはかなりの部分が損なわれていると思います。これは当然「より妥当なバランス」が図られた結果な訳であり、戦闘終了後のスコアを見る上で結局のところ納得せざるを得ないものの、味方であるはずの空母、しかも強くて頼りになるはずであろうという期待を受けている空母に、無理を強いて恣意的に戦況を悪い方に傾ける悪意的なプレイヤーの存在を許してしまう、良からぬ仕様だと考えています。 これについて抽象的な概念的な話をするのなら、空母を悪役に仕立て上げ、一部の極端な意見を持つプレイヤーをバックに、故意にゲームバランスの悪さを覆い隠した上で何者かの利便に偏った仕様を施そうとするものであるようにも見えかねません。 ・・結果なんですが、単刀直入に申して駆逐がMAPの真ん中をまっすぐ突っ切れる状態が暗黙裡に出来上がっており、戦闘に水を差すようなプレイが成り立ってしまっているという不満なのですが、これは皆さん分からないんですかね?対応できる以上それをするのが悪いとは言いませんが、フォーラムにおける誰かの不満が解消されたと根拠のない安心感に浸ってしまうことはゲームサービスにお金を払って利用する消費者として単純に油断だと思うのですが。 ※3/15追記、ロケット及び爆弾の命中率及び攻撃一回当たりの与ダメージがまた変化しています。この点については運営がその都度公の場における議論の決着つまり運営からの告知をいちいち待たずに仕様変更を加えている旨の発言がありますので注意してください。
  6. サウンド関連のバグ多いですね0.8.1アップデート。 空母刷新後もアレコレありましたが、今回(0.8.1)のアップデートで遭遇した音バグのみ下記に列挙します。 ・しばらく戦闘していると所々音割れが生じる(スピーカー端子の差し込み不良か内部断線でもしているかのような感じで戦闘の中盤か、終盤に差し掛かったあたりが多い) ・空母艦載機の効果音の遠近感が逆になっていることがある(自分から近い中隊が遠く、遠い中隊が近く聞こえる、そのせいで攻撃態勢に入った時の音の変化がうるさい) ・自艦の砲撃音がまったくしない(極めて稀ですが・・私はこれまでに一例のみ、クライアントフリーズ後の数戦で起こり結局イン中に直った) ・あとなんだっけ忘れてしまった (気付いた時点で加筆修正します、取り敢えずゲーム内サウンドの設定は今のところいちいち確認していませんが当方クライアントのサウンド品質は’最高’でプレイ中) それとこれは今回のアップデートにおけるバグとは関係ないですが、けっこう以前から島影から島直近で砲撃すると砲弾が島を突き抜けて標的に当たります。ちょっと距離を取ると起こらないようです。 島を突き抜けた後、全弾ダメージ判定になるときもありますし逆に全弾がダメージ判定にならないこともあります。全弾飛んでいくが島に当たった分だけ判定が無い時もあるようです。 どうでもいいといえばそれまでですが、プレイしていてなんとなくチートを使っている気分でキモチワルイですし、もし対戦相手からクレームがついたら嫌な思いをするのは私です。
  7. 何だよWGまた要らない調整してゲームを駄目にするの? ・・と最初は思ったものの、特に何が悪くなったとも思わない今回のアップデート、新空母はフォーラムにおけるプレイヤーの意見を有意義に取り入れて良かろうバランスを図られている。 各艦載機の照準の仕様は特に良く練られて来ていて、先入見による固定思考でせっかく時間を掛けて開発した新空母の運用がマンネリ化するのを防げているように思う。 先の0.8.0.20.8.0.1アップデートで強化された(されてしまった)AAは痛いものの、そのぶんプレイヤーの機転ややりようの割り込む隙が産まれた。 消耗品戦闘機隊を使ってのスポットはいまだ有効だし、発進させた中隊を利用してのスポットも対空砲火によって特に苦労することもない。 個人的には今回までのアップデートで新空母仕様は熟成の域に入ったと思う。問題は新空母についての調整アップデートがどこまで続くのだろう?という疑問か。 事実プレイヤーは0.8.0直後から新空母離れし始めており、目立った新仕様の振りまく話題性に対して一線を置いているかのようにも見え、私としてはいつになったら新空母は落ち着くのだろうという不安ばかり。 新規さんもゲームの難易度が上がっているのに飛びついた新コンテンツに関する改変が相次いではコアゲーマー以外は生き残れない。言外であれど既成の生きた文脈は大事なのだと思っている。 空母で戦場に出てもとりわけどうとも思わず与ダメも他の艦船との比較で高い方で、1戦で与ダメ10万出すのは苦労のいる私でもT8レキシントンに乗ればコンスタントにらしい数字を出してくれる。 0.8.0.20.8.0.1での対空砲の上方があからさまだったので私は反対でしたが、大型艦を狙えばロケットで大ダメージを狙えるとあって、駆逐艦乗りの不満を取り入れつつも攻撃機にヨリの姿勢の調整であるように考える。 1.各艦船の対空上方や空母下方を通し駆逐艦が生き残りやすく活躍しやすい環境になった 2.むしろ空母が駆逐艦への対応から解放されることにより、攻撃における艦載機の選択の幅が広がった つまり、速度が早く(=部隊展開が早く)生存能力の高い戦闘機が艦船攻撃の主役になれる状況下で、新空母と他艦船とのバランスが練られてきた 見かけのバランスは調整アップデートの回を重ねるごとにまったく良くなっていると思うのですが、やはり0.8.0.20.8.0.1での対空上方はもう少し考えて欲しいなと個人的には思います。 私的には0.8.0からアレコレ仕様をいじるより、空母艦載戦闘機は消耗品使用で発進させた中隊から分隊させれば良いんでない?と思っているのですが。。(最初見た時そういう使い方なのだと思った) ということで、 ・空母から直接発進させる戦闘機は消耗品の使用で中隊の機数のうちより任意のポイントに分隊を設定できる ・戦闘機分隊は全滅するまでエリア内自動待機/対空攻撃し、MAPを開いて各分隊クリックしてから選択的にF押しで呼び戻す(戦闘機の整備管理が面倒になるが他の艦載機が攻撃している最中に呼び戻せばいい) ・戦闘機中隊主力はとうぜんロケット攻撃を続行できる ・場合(ゲームバランス)により、爆雷撃機の消耗品戦闘機は廃止または存続する というのはどうですか?(あんまり本気ではないのですが) ※2/27追記、どうも今回のアップデート直後にT8LEXで参加していた戦場にてプレイヤーバイアスがかかっていたのか本投稿文中スポットに関する感想に若干狂いがあります。 他の方がおっしゃっている通りマイノウースターの被発見距離と対空砲射程はほぼ同じで対処するに難があります。それ以外は特に断るべき事項無しです悪しからずよろしくお願いします。 (恐らく駆逐艦の本来的なゲーム内ポジションと改変アプデによる優位性の向上を踏まえてレーダーあたりとの仕様上の兼ね合いかと思われます<マイノウスタ) ※3/9追記、アップデートのバージョンに関する記述に誤りがあったので訂正しました。
  8. 正直なところ日本空母の魚雷はいまでゲーム標準、魚雷の投下本数を考えてもそれだけミッドウェイばかりが悪かったということ(英空母は知りませんが)。 実際乗り比べてみると分かりますが、日本空母の方が与ダメージを出しやすい性能諸元になっている(兵装の与ダメージ能率が高い)ので、事実中隊の一回の出撃あたりの与ダメが違う。 日本空母の下方修正は米空母との兼ね合いのはずなので、不適切ではないと思う。未だに強いくらいだ WGはコアな軍用艦船ファンの需要に応えるべくWoWsを史実に基づいた仕様にすることを売りにしていると思われるので、 性能諸元に関する数字を大幅修正してリバランスすることは出来ないであろうから、いじれるところと言えば雷撃中隊の照準回りだったということだ(浸水率も同様の理由か)。 繰り返して言いますが、今回の日本空母の魚雷下方はやっとそれで米国空母ツリー艦同等です。 あ、低ティア空母を忘れてた低ティアは知らんが同様なのでは・・ それに加えて各艦船の対空能力を相乗的に向上させたことが、空母の価値をデフレーションさせて日米(とたぶん英も)ひとくくりでダメにしている。 そのお陰で0.8.0では空母の存在を前提にMAPとMM艦船全容を俯瞰するかのようなチーム全体の連携が大事であったのに、0.8.0.1ではそれが必要なくなって視界が狭くなり、 せいぜい分艦隊単位の連携か、個々人単位で手の伸ばせる距離の範疇での連携という程度にまで矮小化している。空母視点はおおむねの人にとって面白くないことだったらしい。 勝ちを見込むために必要な要素は何かというプレイ体験上の問いがあるとするなら、プレイヤーは「手近な共感を得ることのできる、内々での結託」という答えを出してWGに要求を突きつけたということだ。 勿論0.8.0.1における改変のお陰であまり大げさなPSや大仰なチーム全体主義を主張するまでもなくどんな人であってもプレイしやすい環境になったとは言えると思いますが、 そのせいでプレイを通して各国艦船に触れ、勝ち負けを通しゲームを楽しむという意義が薄れて「他人に勝つための術策とは何か」を追及せざるを得ないという、 結果の出しようのない不毛で陰湿な以前の状況に逆戻りしつつあるように見えるのは、結局このゲームをプレイしたがる人たちが誰も 「知らない人とチームを組んでまぁとにかく頑張って協調する」ということを求めていなかった結果なのだろうと思う。 個人的にはこれは空母仕様刷新による「これまで考えもしなかった未体験の新しい仕様」に対しそれへの適応も待たずに過剰反応を起こしただけだったのでは?と疑問に思っている。 個人的には浸水率と照準に関する日本空母のnerfは当然、AA改変はダメで、主にと言うか今回はほとんどT10 空母のみに影響のある、T10空母に焦点を合わせて脈絡を整えた改変アップデートのように感じた。 航空機が遠くから水上艦艇を発見できるのは当然ですし、ミッドウェイはせいぜい艦隊の小間使い程度の役割で、はっきりいって弱いです。 (今後の予定で対空nerf来るってことはミッドウェイ上方もそのうち来る?ことを期待していますwミッドウェイは故意に貶められていると思いますよ一部のバイアスでアンバランスになってると思う) あと、対空砲火が山をすり抜けて艦載機に通ってしまっているように感じるのですが、そこはなんとかなりませんかね?攻撃離脱後山を回って対空砲火を華麗にかわし・・という爽快感が欲しいです。。 (本来飛んでいくはずのない弾が島をすり抜けて敵に当たるのは艦船も一緒のようですが、これは前はなかったはずなのにいつごろからか(APリバランスあたりからか)おかしいようです) ※2/17追記:いくらかの高評価を有難うございます。
  9. 少なくとも0.8.0アップデートでWoWsが「誰のための何のゲームか」がはっきりした。 なんのかんの言っても結局空母ゲーム・戦艦ゲーム・巡洋艦ゲーム・駆逐艦ゲーム・オレツエーゲーム(・+α&etc.)で切りがなかった状況に対し、これは適切な艦隊機動により艦隊戦を行うゲームなのだとプレイヤーにアピール出来た。航空母艦艦載機の脅威という史実に即した設定を前提に、各個艦船単体の存在感を常理逆説両面から保持しつつ、全体の中でのバランスを意識させることに成功した。 あとは柔軟で機知のあるプレイヤーの仕様への理解と慣れを待って若干の調整という仕上げを待つばかり。いまだけの仕様かも知れないが、空母最大3隻マッチという大胆なMM調整によりマンネリ化を避け、取るべき戦術と艦船の選択に幅を持たせた。ただしMM待機中においてシナリオ分艦隊同様の仕様を持ち込まないと本当に面白くない戦場を我慢しながらこなすことにつながりかねないし、どのみち一部の対空能力の低い艦船を起因に各国艦船ツリーの存在意義も怪しくなってしまう。 (ランダムT9戦場で空母の一切いないマッチに偶発的に遭遇したことを報告しておきます・ゲーム内オフトピックスチャットチャンネルでは信じてもらえませんでしたがw) 現状でも一定で見受ける通り、この後からゲームがいつものお約束の膠着状態に陥るかもしれないがそれはそれでプレイヤー次第。本来プレイヤーの自業自得で面白くなかったゲームプレイを一変させただけでも大いに評価に値するアップデートであった。 特に気になる点はここで散見する意見の通り、空母のみが一極的に進化してゲーム全体の仕様上の突出点になっている若しくはなりかねないことだと思う。その他の艦船についてはこの後、直接的に関連する議論の進捗と合わせて長い将来でとみに期待しておきたい。いったん進化した空母を再び退化させるよりは有意義かと思う。少なくともこれはやっと訪れた空母アップデートなのだということは肝に銘じておきたい。
×