Jump to content

uranan

Member
  • Content Сount

    145
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    4925

Community Reputation

120 Respected

About uranan

  • Rank
    Lieutenant
  • Insignia

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. クールタイム2分ですが、偵察と攻撃で2分目一杯に使えば、次の発艦が可能です この仕様により、戦術的な良し悪しは別として駆逐に対しては徹底的な妨害が可能です。特に伊勢の場合、対空が低く、修理班を持たずHPが低く、孤立しがちな相手こそ狙う優先度が高いので、必然的に駆逐艦を狙います 空母がおらず、かつ伊勢が敵味方どちらかにしかいないケースの場合は、伊勢が効果的に駆逐を序盤でスポットすることが勝利に貢献する策です。相手側駆逐はキャプも出来なければまともに対駆逐戦闘をこなすことも出来ません。 開幕から2分は飛ばせないですが、その程度ならキャプ近辺での駆逐同士の交戦とほぼ同時に発艦ができるのでそこまで気になりません
  2. 一定の味方への命中弾でペナルティー警告表示が出るとのことですが、その命中弾とは魚雷も含まれるのでしょうか? 含まれるとして40発も魚雷を味方にぶち当てるケースはまずないと思われますが、どうなんでしょう また今後味方への魚雷警告が出ないとなると、被雷確率は更に高まる可能性もあります。砲弾と異なり魚雷は特性上FFが発生しやすいことを踏まえ、ダメージがないのなら、ペナルティー自体も廃止した方がよいと考えます なぜなら、もし意図せずした魚雷FFによるペナルティーで経験値・クレジットが発生しない状況下になった場合、そのプレイヤーの継続戦闘意思を削ぎ、それ自体が試合に悪影響を及ぼしかねないからです。 それとも上述で「含まれない」という回答なら、魚雷によるFFペナルティは廃止されたと考えていいのでしょうか?
  3. レーダーや対空艦と比較している辺り、戦場での艦載機の存在数が増えることがいかに悪魔的かどうかを理解していないのではないでしょうか? 空母は戦場における影響度が大きいから、数を制限すべき、これは何度も繰り返された議論です 現在、防空は空母に指定の海域に戦闘機を展開してもらうか自力の対空砲火で対処しなければなりませんが、空母の戦闘機はかつてのよう敵艦載機を器用に迎撃するものではないので、対空艦が頼りです。事実としてT6戦場において伊勢が複数存在する場合に対処として防空陣形を組む様子が見られます。 4や5隻も伊勢が対面に存在した場合、ほぼ常時2編隊が飛び回っていることになります これは実質的に戦場に空母一隻か二隻分増えたのと何ら変わらないのではないでしょうか。 そもそも自力でスポットし、伊勢同士でクロス雷撃し、伊勢同士で防空陣形を組んで対空に対処する今の姿を見ていると、さすがに他の艦種が不遇に見えてなりませんね 艦種としては伊勢だけしかいない現状では成立しないでしょうけど、マッチング数制限は不可欠に思いますよ
  4. 先だって実装されたばかりの伊勢ですが、大きな懸念が発生しています。 現状マッチングで双方四隻伊勢という状態が確認できました。その試合においては空母も存在していたことから、艦載機が延々と飛び交う状況でした。少なくともその影響で前線はキャンプが横行し、まともに動いていなかったように思えます。 確かに使い切りで往復攻撃が出来ず、雷撃機のみであり、命中してもダメージ量はそれほど多くはありませんが、分艦隊を組むなどして伊勢を揃えるなどすればかつてで猛威を振った回避不能なクロス雷撃が可能で、そうでなくとも複数揃えば以前に空母が複数編隊で艦載機を飛ばせていた戦場を想起させる環境でした。 したがって、戦艦ではなく、空母に準じる新たな艦種として航空戦艦を位置づけるべきであり、同一試合にマッチする数を制限すべきだと提案します あと付け加えるならば、雷撃の射線数が多すぎる気がします。いくら低ダメージとはいえ浸水も発生しますし、それがわんさか飛び回っているとなると凶悪極まりないと思います
  5. uranan

    日本駆逐艦について

    対空ないなら距離短くしてもどうしようもない。やろうと思えば直上に戦闘機飛ばしてスポットし続けたまま攻撃できるし
  6. そら空母システムとレーダーシステムの二大システムが前線でない問題を加速しているんだろうが(
  7. ティア4空母なんて空気みたいな存在だから・・・ そしてティア4の駆逐は純粋につよつよな存在だから 高ティアでは駆逐不遇と言われてるけど低ティアにおいてはその限りではない
  8. ボイスチャットなんて、耳障りなだけで聞こえたら即ミュートだよw
  9. 今さらだが、ARPのコラボなんだから、新規を集めるための販促でもある以上、お金を積めば乗れるというスタンスは逃げ切りでもなんでもなく、まっとうな経営戦略だと思うけどw どうせ数週間程度の販売期間だから氾濫することはないし 武蔵の迷彩に関してはそうだね。この際、ARP武蔵でも作ってあげた方が良かったと思う
  10. 先鋒Capを試みてもまず航空機かレーダーに追い払われるので無意味 駆逐はいずれにも無力だから、あえて隠ぺいを暴かれる恐れのあるリスクはとらない方がいいに決まってる
  11. 似たような感じの症状が発生してますね スタート時は問題ないのに、しばらくすると艦影が見えない、魚雷の射線表示や予測線は出るのに、発射管を動かせないから撃てない、マップの敵味方、自艦の位置が変わらなくなる、砲撃の弾道などなどが見えなくなる
  12. レーダーと航空機の索敵に加えて潜水艦まで登場したら駆逐艦は死んでしまいます>< とりあえず誘導魚雷とかいう対艦ロケット砲もびっくり技術を廃止すればいいんじゃ(
  13. キルスチールだとしても、撃沈することでポイント差を逆転し、試合を決定づける場面が多々あるので、そこを無視するのはいかがかと 戦艦や空母であれば確実にダメを大きく与えられますが、駆逐艦ではそうはいきません。 そして私自身も砲撃でミリ残し相手を沈める場面が多々ありますし、それでキルリボンとポイントがもらえないのならリスクに見合わないので砲撃しません
  14. uranan

    駆逐艦の魚雷連打改善

    むしろ以前提案した気がするけど、単発射出をイギリス駆逐だけOKにするのはズルい
  15. WGがなぜ迷走したか?について そもそもその根本はWGの開発陣の現状認識並びにテスターのフィードバックが著しく精度を欠いているからです 私がいうのもあれですが、勘違いしているのは声の母数が多い=正しいと考えている部分です。実際にはそうではない 迷走しないためには、このような声の母数に惑わされず、純粋な統計を基にしてクリアな分析が可能な者の存在です その際、常日頃から思うのは、Wowsが公式に公開する統計情報が不完全であるということです 戦績を見ることが出来ますがもっと細かい項目を設けてもいいはずです。収集できる統計情報が不十分であるからこそ、ユーザーは直感のみを声にしてしまいがちです。 その結果生じた声の母数の多さがまるで正しいかのように誤解を受けます でも、運営者たるWGがやろうと思えばプレイする全ユーザーの精密な軌跡をオンタイムで追うことが出来るはずです。むしろそこまですべきであり、最小限の収集しかしていないのであれば、その現状認識はザルに等しいと言えます
×