Jump to content

uranan

Member
  • Content count

    89
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    1953

About uranan

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia
  1. そもそも韓国海軍の掲げた例の旗がいかほどの歴史的なインパクトがあるかというとほぼ皆無なんじゃないかな いうなれば英仏が争ってた百年戦争と比べてなんとも小さなスケールだというのに まず韓国人は類似品の規制を唱えるのは止めた方がいいと思うなw 米軍は卍とハーケンクロイツの違いをきちんと理解したよ
  2. そうはいっても、船体の長さを考慮しても旋回半径が重巡の蔵王並みというのは不味いのでは? 被雷率半端ないです( それとハバロフスクは旋回性が悪いだけで、最速の足が代わりにあるので機動性は悪くないです。少なくとも春雲よりは旋回しますしね
  3. 1,2について賛成 これはレーダー艦の島越し射撃を圧倒的に有利にし、なおかつ防衛有利にする代物であるためゲーム性に悪影響を最も与えている要素だからです。 レーダーを理由に積極的にCAPしない、SPOTしない駆逐艦が増産されています。 4,5,6について反対 空母マッチングの際に間違いなく地獄絵図となります 5については上の方と同意見です レーダーによる視認共有は島影貫通と合わせてオーバースペックすぎるため、是正すべきです。煙幕の中を覗けるというのも本来は非現実的であり、そこにいるかいないかを探知する程度にとどめるべきではないでしょうか。 6について現状島だらけのマップで衝突するなという方が難しいので反対です(そもそもこの瀬戸内海ばりの多島海で戦うこと自体、惑星wows・・・・ かなり気になる惑星wows部分は 1.レーダーや対空砲が島影を貫通する 2.艦橋が高い戦艦の索敵能力が低い 3.島が多すぎる 4.鉄の甲板や装甲がHEで松明のように燃える 5.射撃すると出現し、隠蔽に入ると突然消える この辺じゃないでしょうか
  4. 島裏戦闘の要因は、レーダーが島影を貫通するという仕様が存在するからです この仕様がある限り、弾道を多少低く変えたところで「島裏」から出たり入ったりするという行動に変化はありえません そもそもこうもマップに多数の島が配置されている時点で、島裏戦闘が公式的なものであることは明白なので難しいかと思いますが。 耐久の薄さも問題ですね。wotにはあるハルダウンという戦法ほど有効な防御法がないので、身を隠すしかないです
  5. たまにではあるけど、艦の残骸が魚雷から守ってくれたりするから無くなるのもアレ
  6. 現状の親潮のピーキーさは魚雷性能にあるので、多少の性能調整とティア下げではあまり変わらないか、悪化するかのどちらかだと思います。 雪風は雪風で実装すればよいのではと思います。まあ個人的には戦後艦の方の雪風に出てきてもらいたい気もしますが。
  7. 思うのですが、連装魚雷とは、単発ずつ射出できることがメリットでもある装備なので、連装魚雷を持つ艦が多数いる中でこれを一技術ツリーの差別化として使うのは変では? それと命中率が増加するのは狙って打った相手に対してです。一斉射にもメリットがあり、また単射はよりよく考えて撃つ必要性が高まるので命中率が一律に上がるわけではありません。 ちなみにWotにはオートローダーという仕組みが存在しますが、特徴づけたければ、この魚雷管に残数が無くなるまで装填されないものと、一発撃つごとに装填が開始されるものが存在すれば新たな差別化が可能です。
  8. 10ktというのは行き過ぎたと思います。自然現象上、海流速度は5kt程度と考えるのが妥当でした。 簡易的であるので、船体の形状といったものは考慮する必要はありません。wotにおいても地盤によって接地抵抗が車体旋回や走力に影響を与える仕組みになっています。 なので海流によって船体旋回のしやすさ、速力の上げやすさが変化するのはあってよいのではないでしょうか。 またwowsのシステムは海戦扱いながら戦場の特性が「島」の配置のみで決定づけられていることに疑問を覚えます。wotにおいてはもう少し複雑な特性が戦場に設定されています。しかし、wowsではそれがないのでどの海域も島だらけになっています。 多数の島の存在は海戦が想定される海域としては非現実的であり、被弾を免れる方法を島影以外に求めるなら、艦船そのものが持つ機動力を生かせる環境を整備することだと考えます。 そのために「海流」は手助けになるものと考えます。 外周航海が多いのも中央付近に偏りがちな「島」が影響していることは明らかで、海流によって外周を不利にすることもできます。 変化球魚雷ですが、60kt以上の速力を持つ魚雷に海流が与える影響はさすがに影響は薄いと思います。代わりに海流で移動する機雷を用意すればよいのではないでしょうか。 海流は現代船においても無視できるものではないと思いますが。
  9. 現在wowsにおいて海戦に影響を与えるのは、島及び岩礁とサイクロンです。しかし、海域において上に加えて海流も重要なファクターだと考えます。 そこでwowsにおいても海流の強弱を考慮することが必要ではないでしょうか? 具体的には、海流上にのることで5ktから10kt程度の上乗せを得られるが、流れを遡航すると同程度のktでロスが生じるといったものです。 これによって漫然と目的意識が薄いまま外周を航行することを抑制できる可能性があります。また海流が流れるルート上では停止(0kt)状態を維持することが難しくなるので、煙幕にこもり続けることも難しくなります。さらに逃走時に偏差を狂わせることや、将来的に機雷が実装できれば、機雷を流すルートとして海流を利用することで戦況を有利に導くことができ、より機動的な戦いが可能になると思います。 これについて様々な意見を募集します。
  10. 現状wowsでは連装魚雷を一斉射する方法しか存在しませんが、リアルにおいては単射することも可能です。 なので、選択制で単射することが可能になるように変更を望みます。 こうすることで魚雷の射線をより幅広く設定でき、より戦略的に命中率を向上させることができるのではないでしょうか?
  11. 有名人に頼むのではなく、個人的にはフランス戦艦のデザイン公募みたいなやり方が最も良いのではと思いますね 奇抜なデザインが嫌いなわけではないけれども
  12. まずパンアジアが架空で、なぜ日本が国旗なのか。 それは明白にパンアジアは多国籍で、日本は国旗で代替できるからです。 国旗を掲げてはいけない。勘違いする。といった主張は、このゲームを真面目に見過ぎています。 仮に誤解したところで、どこにデメリットが存在するのでしょうか。日章旗は戦前からも存在しています。 少なくとも知識ある世界の人はそのことを理解しています。もし知識ない世界の人が誤解したところで、ニンジャやサムライのイメージのように良くある話ですよ。 あなたの論理が通るなら、わたしは猛烈にラストサムライについて突っ込みたいですね。あれは日本ではない。日本で撮影しろと、なりますけどなりませんよね。 運営の裁量範囲内に過ぎず、ユーザーに損失を被らせる変更点でもない。それが結論ではないでしょうか。 追記しておくと、旭日旗に反対する彼らの歴史認識は視野狭窄的で旭日旗をあくまで叩きたいという思想に偏っているという点はわかります。 わたしにしてみれば、菊花紋章の入った大和が浮かんでる時点で、旭日旗があろうがなかろうが同じだろって話ですし、アジア各国をひっくるめてパンアジアなんてネーミングをされるのは歴史的に見ても彼らにとって屈辱的なんじゃないでしょうか(パンアジアって汎アジア主義って概念ですよね。彼らが最も嫌がるはずの大東亜共栄圏構想の元になった思想です なのでWGが歴史に敬意を払っているというのはあくまで、彼らの認識上で、と考えるべきです。話題の戦艦ローマのデザインにしても色々物議をかもしてますが、終始あんな感じなんですし。
  13. まずwowsは歴史ゲームではないので、史実と異なっていても問題はないのではというのが私の意見です 第一にパンアジアの掲げる旗はドラゴンで統一されています。さらに迷彩とも呼べないデザイン迷彩も多く実装されており、はいふりやアルペジオは完全な架空です。これを史実であると鵜呑みにするユーザーが仮にいたとしても考慮に値する対象ではないです。そもそもPVは所詮PVでしかないです。あれが史実に基づく映画のPVというなら話は違いますが。
  14. 単純に言って、旭日旗は徹底して嫌がる割に、菊花紋章をそのままにしてる時点で彼らの歴史認識もその程度なんだなあと思ってしまうが あとしいて言うならソ連は滅んだので滅んだ国の旗掲げても問題ないかと。
  15. 出撃制限なんかではなく、普通に考えて階級制を実装して、高階級と低階級のプレイヤーを一緒くたに戦場に参戦させさえしなければいいのではと思いますけどね まあでもそれをやらないのは単純にユーザー数の問題でMMしなくなるからとしかいいようがないのでしょうけど
×