Jump to content

Nekomata_Okayu

Super Tester_
  • Content Сount

    13
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    8781
  • Clan

    [JC]

Community Reputation

44 Good

1 Follower

About Nekomata_Okayu

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

635 profile views
  1. 潜水艦戦でどの艦種をプレイしましたか? 駆逐艦、航空母艦 潜水艦のゲームプレイはいかがでしたか? ガチャに当たったら追記するかもしれません。 潜水艦以外でのプレイはいかがでしたか? 爆雷投射時にどうしても潜水艦の直上に行かなければなりませんが、潜水艦の隠蔽の方が駆逐艦より良いことや、ドイツ潜水艦にソナーが搭載されていることによりスポットを貰うのでアンチユニットとしてあまり機能していません。 潜水艦と軽巡洋艦や空母で分隊を組まれると、潜水艦を狩りに行った駆逐艦が逆に狩られるような事態が起こり、ただでさえ空母の数が空母刷新によって増えているのに駆逐艦の片身は更に狭くなっていきそうです。 また、航空母艦でのプレイでは艦載機の視点だと潜水艦が潜航しているかどうかがとても分かりづらく、ミニマップには表示されているのにいざ行ってみると攻撃できない深度である、といったことが頻繁に起こりました。 試合全体としてはいかがでしたか? 先ほども書いた通り、潜水艦は今までの艦種と違って三次元的な動きをする艦種であるため、ミニマップから得る情報が非常に分かり辛く、プレイヤーを混乱させます。ミニマップへの表示方法は改善すべきだと思います。 また、片方の爆雷攻撃ができる艦が全滅してしまうと著しく不利な試合展開になります。現状では戦艦や重巡、空母では潜航状態の潜水艦に有効打を出すことはできませんが、何らかの方法で有効打を与えられるようにする必要があると思います。(ex:一定時間ごとに潜水艦を浮上させなければいけないようにする、など) フリーコメント ハロウィンの時にも潜水艦を使ったモードはありましたが、その時は潜航できる時間は決まっていて、一定時間ごとに浮上しなければ強制浮上するようなシステムだったと思います。 現状の潜水艦の仕様では、潜航状態でも微速移動すればバッテリーは回復し、デメリットは移動速度が低下するだけで、爆雷を投射できる艦以外では有効打を出すことができず、一方的に攻撃されてしまいます。 なので、その時と同じく必ず浮上しなければならないようにしてはいかがでしょうか。 もちろんシステムを変更すれば再びテストを重ねる必要があります。そのため、上でも書かれている通り潜水艦バトルを長期にわたって解放し、また様々なTierで潜水艦バトルを行い、システムをブラッシュアップしていくべきだと思います。
  2. レキシントン級巡洋戦艦をお願いします! 艦名は史実では建造中止になった幻の2番艦、コンスティレーションでどうでしょうか。
  3. Nekomata_Okayu

    雑談ルーム

    春雲の隠蔽は7.92km(特化6.2km) 疾風の隠蔽は7.74km(特化6.1km)で疾風の方が良好です。 フォーラムをわざわざ見に来るような人はもちろんWiki等を見て隠蔽距離はご存知のことでしょうが、万が一勘違いされる方がいると困りますので訂正しておきます。
  4. 多くのプレイヤーがスポットの重要性について考えていないであろうと言うことは私も同意します。 なのでスポットに対する経験値をどうこうと言うよりはまず現状のスポットに対する経験値倍率、及びスポットの効果等を公式サイト上で広く公開するべきであると考えます。 そうして様々な層に情報が行き渡れば、試合中にスポットについて考える艦の割合も増えてくると思うので、現状の経験値倍率が不足しているかどうかといった議論もより適切に行われるのではないかと思います。
  5. Nekomata_Okayu

    SmolenskはT9でよくない?

    私はSmolenskは装甲こそ脆いですが16門の主砲による火力は素晴らしいものであり、Tier10にふさわしい艦であると思います。 煙幕の回数は素で1回ですが、有料消耗品を搭載すれば+1回、さらに艦長スキルの管理で+1回の合計3回使用可能です。 クールタイム中は島裏で撃つなどしてなるべく発見されないようにすればよいでしょう。 中途半端とおっしゃる火力ですが、艦長スキルの榴弾用慣性信管を取ればHEの貫通力は28mmとなり、巡洋艦を貫通可能となります。 戦艦に対しては上部構造物を狙うなどすればダメージは通らなくはないですし、何よりその圧倒的な投弾数による火災で苦しめることができます。敵艦が横を向いているならばAPを使うのもよいでしょう。 単独での駆逐狩りが苦手なのは似たようなKutuzovも同様ですよね?煙幕を吐くと自分で視界が取れなくなるので駆逐や空母に見つけてもらいましょう。幸いにもSmolenskの隠蔽は比較的良好なのでCAPに近づくのは容易でしょう。 かなりピーキーな使い手を選ぶ艦ですがTier10の他の巡洋艦と肩を並べる力を持っているのは事実です。 ちなみにサーバーの平均ダメージではSmolenskはStalingrad,Henri Ⅳ,Yoshinoに次ぐ4位でした。全然中途半端ではないですね。 Worcesterは下から数えて4番目でした。中途半端ですね。
  6. クラン戦の開催は週4日なので両方やろうと思うとランク戦をプレイできるのは平日3日と休日のランク戦時間外と従来の半分ほどの時間しかありません。 そもそも一週間ずっとWoWsをプレイしているわけではないため実際にできる時間はさらに減少します。 その中で従来と同じ形式でランク戦を行うのは無理ではないでしょうか。 私も別々に開催するか、もしくはランク戦の要求スター数を少なくするかする必要があると思います。
  7. 最初に私の結論から述べますと、「0.8.4での対空は不足気味であったが、0.8.5の対空は過剰であるため何らかの調整が必要である」です。 この仕様変更を議論するにはまず「0.8.4の空母は本当に火力が過剰だったのか」をはっきりさせる必要があります。 そこで0.8.0~0.8.4までの空母の平均ダメージと~0.7の空母の平均ダメージを比較してみましょう。 (以下、艦名-新空母の平均ダメージ-旧空母の平均ダメージ とします) Shokaku-60888-54001 Lexington-68861-53400 Enterprise-69453-66014 Zeppelin-63801-73460 Hakuryu-99630-83568 Midway-93867-98778 ※データは全てWows Stats and Numbersより。 もちろん0.8.0の空母刷新により空母同士の強弱関係も変化している上に刷新リリース後の無敵帰投騒ぎもあるので一概には言えませんが、平均的には旧空母より若干ダメージが向上しているといった感じでしょうか。 これより、0.8.4時点での対空防御は若干不足気味と言えるでしょう。 しかし、最初に述べたように私は0.8.5での継続ダメージの仕様変更はやや過剰だと思います。 何故かと言えば、今回の仕様変更は継続ダメージの仕様を(ほぼ)0.7以前に戻すというものでした。ではここで0.7以前の水上艦と艦載機のダメージの関係を見ていきましょう。 例としてDes MoinesとHakuryuを用います。 0.7以前→DM中距離のダメージ335+91=426(DFAAで3倍) Hakuryu雷撃機の耐久2110 0.8.5→DM中距離のダメージ875*0.9=787.5(DFAAで2倍)+バブルに当たると追加ダメージ Hakuryu雷撃機の耐久1810 おわかりでしょうか?艦載機の耐久は低下しているのにも関わらず継続ダメージの量は増えているのです。これでは艦載機は0.7以前より消耗してしまいます。 水上艦が適切な艦隊行動をとった場合、平均ダメージは今よりも大幅に下がるでしょう。 よって0.8.5での対空システムはやや過剰と言えます。 ではどのような調整が適当かですが、私はまず継続ダメージの仕様を0.8.4までの仕様に戻したうえで水上艦の対空をバフする必要があると考えます。具体的には ・0.7以前のように継続ダメージが遠距離→中距離→近距離と段々重なるようにする ・対空砲の命中率ステータスの削除(港での見かけの数値通りの対空値が出るようにして戦艦が与える対空ダメージを向上させる) あたりが適当かと考えます。 長文失礼しました。
  8. 現在のランダム戦やKotsにおいて日巡が割を食うのはある種当然と言えるでしょう。 隠蔽の差を空母のスポットで埋められるのですから、交戦距離は伸び、必然的に火力や装甲に優れた艦が優位に立つことになります。 (しかしランダム戦の空母の数は前と比べて格段に増えたので日巡が空母あり戦場でもある程度活躍できるようなバフは必要だと思いますが) しかしクラン戦での蔵王のPick率が低いかと言われると微妙なところで、アジアサーバーでは確かに少ないのですがEUサーバーでは蔵王がそこそこ選ばれているという印象です。 なので空母なしの環境において蔵王が選ばれるかどうかはサーバーごとの考え方によるといった感じではないでしょうか。 ちなみに逆に他のTier10をナーフする方向についてはまず真っ先に上がるのはHenri Ⅳでしょうが、そこに手を付けると必然的にStalingradの性能も調整しなくてはならず、難しいのかなといった印象です。
  9. カートがないとコンテナ買うときに不便なんですよね… どうしても無理ならダブロンみたいに指定数量のコンテナを買う機能を…
  10. 私は空母の操作が「簡単になりすぎた」のだと思います。 旧空母は操作が他艦種に比べ複雑で、影響力は高いのにプレイヤー間の実力の開きがあった…という問題があったのは確かにそうです。 しかし、複雑故にプレイヤー人口も少なく、中~高Tier以降では空母マッチはむしろ珍しいほうでした。 しかし空母刷新によって、良くも悪くも空母という艦種の敷居が下がりました。その結果(今はアップデート直後ということもあって今後はある程度落ち着くでしょうが)かなりの試合が空母マッチとなってしまいました。 そこで割を食うのは対空の低い艦艇、代表的なのは米ソ以外の駆逐艦です。 空母がいれば艦載機の脅威に脅かされるのは前と変わりませんが、空母マッチの比率がこうも増えては駆逐艦をプレイする気にはとてもならないでしょう。(体感ですが、駆逐艦の数はアップデート後かなり減少していると思います) もちろん1マッチあたりの空母の数も問題だとは思いますが、本質は空母の人口があまりにも増えすぎたのだと私は思います…。 上にも述べた通り、今後時間が経てば空母の数もある程度は減るでしょうが、それでもマッチにほぼ必ず空母がいるような状況が続けば何も変わらないと思います。
  11. それぞれの艦に得意な相手や苦手な相手がいるのは当然のことですのでイギリス巡洋艦の基準装甲が16mmであることは問題ないと思います。 例えばMinotaurは隠蔽距離より1km近く有効射程の長いレーダーや魚雷を持っており、対駆逐艦や巡洋艦同士の睨み合いにおいてかなりの優位性を持つことができます。 これはWorcesterがナーフされた今は唯一無二の強みであると言えるでしょう。 勿論StalingradやHenri Ⅳと正面から撃ち合って勝つことは厳しいでしょうが、イギリス巡洋艦はアプローチを変えて太刀打ちできるだけの長所を持っています。
  12. トピ主さんのおっしゃる通り、ダイナモ作戦(及びシナリオ戦全般)の自傷行為に罰則を設けるべきだと私も思います。 例えPVEであろうとも、知らない誰かとプレイしている以上他人が不快に思うようなプレイは控えるべきです。 (しかし、逆にそれを知った上で分艦隊のみでのプレイであるなら私は開幕自傷も問題ないと思います) よって、3.通報を使用できるようにする のみとし、通報が度重なる場合はオペレーションへの参加不可期間を設ける、等すればよいと思います。 嫌がらせの通報も出ると思いますが開幕自傷したかどうかは生存時間で判別できるでしょうし、対策できるでしょう。
  13. 私は調整は不要だと思います。 他の方がおっしゃる通りLe Terribleには駆逐艦唯一の主砲装填ブースターや50ktを超える速力などがあり、それらは十分に個性的かつ強力な要素です。 例えるならKievやLeningradを更に尖らせたような性能であると言えましょう。 もちろんその性能からかなり人を選ぶ艦であることは確かですし、一般受けし辛いといった意見も分かります。 しかしそれこそがプレミアム艦艇のあるべき姿だと私は思うのです。 ツリー艦のように誰しも触れるものではないからこそピーキーな性能にできる、それがプレミアム艦艇の魅力ではないでしょうか。 あと私はテリブル大好きですよ。
×