Jump to content

rjguted

Member
  • Content Сount

    86
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    9217
  • Clan

    [APOLO]

About rjguted

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia
    [APOLO]

Recent Profile Visitors

430 profile views
  1. 空母の新しいゲーム仕様が、もうすぐ実装されます。いったい、どんな戦場になるでしょうか?興味が尽きません。どんなことになるだろうか、予想してみませんか。 私の個人的な予想は、次のとおりです。3つほど挙げます。 1 空母が、敵空母を索敵し真っ先に沈めようとする。そこで、空母を守る対空の強い巡洋艦複数が随伴する。空母が後方にいるとその巡洋艦も後方になり、前線から戦力が失われる。結果、戦線が膠着してしまう。 2 空母が、特定の艦(とくに戦艦)を何度も繰り返し攻撃することになる。狙われた戦艦は、砲撃どころでなくなる。戦艦が5隻いても1隻の戦力が失われる。 3 空母が、敵艦を攻撃しないでスポットに徹する。とくに駆逐艦の上空に張り付いてしまう。飛行機に攻撃されないので、安心して張り付く。そこで駆逐艦に対空艦が随伴する。すると巡洋艦のいるところに駆逐艦がいると分かるということになり、どちらにしても駆逐艦はやりにくくなる。
  2. スプリントは、あくまでランク本戦とは異なる別のゲーム形式と考えたほうがよさそうですね。Tierが低いので初心者も参加できるというだけで、初心者向けと限定しなくてもいいと思います。 さて、今夜(3日0時)からまたスプリント4が始まりますね。スプリントにしても、ランク本戦にしても、楽しくてたまらない。私が楽しいと思う理由は何だろうか、自分で分析してみると 1 少人数対決 2 同じTier 3 味方との連係が必要 4 戦略的な判断が必要 3と4は、このゲームの基本ですね。その基本の確認や練習になり、とても有意義なゲーム形式だと思います。
  3. rjguted

    what has happened to the game?

    きょうは、昼にもあり、そして先ほどもあった。プレミアアカウント、ダブロン、クレジットが使えません。たるんでるじゃないですか?
  4. rjguted

    逢魔時バトル

    反省…前半、タコ巡洋艦の艦長スキル配分を間違えて管理を忘れ、結果、事実上巡洋艦を動かせなかった。後半、手に入れたバーグの艦長をタコ巡に乗せやっと管理が取れた。回復2と回復3では、味方への貢献度がまったく違う。 バーグの感想…射程が短いので動かしにくいかと思ったが、敵になると非常に厄介。堅いのでなかなか沈められない。そして終盤、戦場が狭くなってくると、バーグが敵に残っていると非常に不利に。 まとめ…この形式のゲームでは、とにかく連係が最重要。巡は、常に味方のHPを見て回復させる。バラバラ攻撃ではダメで、1艦に集中砲火することがより大事に。このモードでやっていると連係の重要性がよくわかるので、非常にためになる。
  5. rjguted

    逢魔時バトル

    26戦やって、感想。 ランダム戦ではなかなかマッチングしないのに、こちらでは数秒でマッチングするということがありました。かなり人気のようです。人気の理由は、前にも述べたとおり、最後まで決着するまでやるという点だと思います。また、比較的少人数で対決するというのも、魅力です。 この盛況ぶりから、私は、日ごろのランダム戦においても、このような形式を取り入れてはどうかと提案します。 1 まず12対12という対戦を基本としつつも、7対7、9対9といったバリエーションのある対戦を加える。 2 次に、通常戦、制圧戦以外に、最後までどちらかが全滅するまでという形式の導入。時間はできれば、無制限にするとより面白い。そうすれば、例えば味方が駆逐艦1隻になったとし、敵が戦艦4隻だったとします。敵は魚雷の恐怖におびえることでしょう。戦艦自ら前に出て索敵する必要があります。このようなスリリングな形式が、欲しいですね。
  6. rjguted

    逢魔時バトル

    10戦やってみて、感想。 参加プレイヤーが、ベテラン勢メインで、それに初心者や興味あるプレイヤーが加わっているという感じ。 7対7という少数対決で、マップが狭く、どちらかが全滅するまで戦うという、いわゆるファイティングスタイルという特色が、あるためでしょうか。後方に下がる戦法が通用せず、とくに戦艦は前に出ないと射程が届きません。ファイトを好む欧米プレイヤーにはうってつけのバトルでしょう。 私個人としては、互いに火だるまになりながら戦いまくるというのが非常に面白くて、しかも上級者が数多くいることからプレイを学べるというとてもありがたいもので、好んで参加しています。日常の戦績を気にしないで戦えるのも、いいですね。
  7. rjguted

    マッチング

    勝率49%以下のリーグと、勝率50%以上のリーグに、プレイヤーを区分すれば、万事解決しますね。前者は、セカンドリーグ(つまり、2軍)。後者は、ファーストリーグ(つまり、1軍)。それで、セカンドリーグで優秀な成績を上げたものが、ファーストリーグに上がる。ファーストリーグで失敗すると、セカンドリーグに落ちる。1か月単位で戦績を測り、月初めに入れ替えをする。 このような抜本的な見直しが、必要ですね。 でも、それではあまり面白くないし、新人が学ぶ機会も失われるかも。
  8. 別に、ボトムでもいい、というのが、私の意見です。 T8で自分以外全員T10という戦場に何度も行きましたが、自分が戦績最下位になるとはいえないのがこのwowsの戦場ですね。上手い動きをすれば、T10のプレイヤーよりも戦績が上ということは、何度もあります。むしろボトムのほうが、学ぶことが多い。T8でT10戦場に行くと、憧れの艦がひしめきあっていてワクワクします。そのうちの1隻でも沈めると、爽快ですね。
  9. rjguted

    戦績非公開の禁止

    私は、「勝率至上主義がおかしい」トピックを作った本人ですが、私は、戦績非公開に反対、の立場です。その理由は、非公開だとコミュニケーションの取り方が難しいからです。つまり、話のネタがなくて声をかけづらいということですね。
  10. 6戦やってみて、感想。 1 プチ・ランダム戦のようで、おもしろい。 2 敵を全部やっつけて終わり、というルールが、いい。 3 同じ艦を同じような条件でやっているので、自他の技量がよくわかる。 4 ランダム戦やco-op戦のような勲章が、ない。イベントだから、か。
  11. ちなみに、私の知人で、ゲームを始めて1年近くなるのにデイリーコンテナを1度も開けていない人がいます。またゲームプレイでもよく見るのは、駆逐艦なのに迷彩を付けない人や対空砲を無効化していない人、初期船体でランダム戦ランク戦に出る人たちですね。私自身も数か月前まで、初期船体で平気で出してました。また、同じ艦で例えば同じ4万与ダメを奪った戦績であっても、前の1戦では戦績トップ、後の1戦では戦績下位ということも、よくあります。運も、あります。同じマップで左に行ったら、ある1戦は敵がおらず余裕だったが、別の1戦では目の前に敵の10隻艦隊が出現しロックオン10とか。また、パソコンのグラフィックの解像度も、影響しますね。最低の解像度だと敵艦の姿がぼんやりとしか映らないですが、中程度にするとくっきりと見えますね。ゲーミングパソコンやワイドビューイングディスプレイだと、さらにすごそうですね。 けっきょく言えることは、初期船体だろうとアプグレ付けてないだろうと、上手い人は上手いですね。初期船体なのに、戦績トップで大口径やら共謀者やら獲得しまくりというプレイヤーがいます。腕、ということですね。私は、正直神経が鈍いので、反応も遅く、機敏な動きができないです。それに加えて、超下手くそですね。ランク戦スプリントで巡洋艦で出ると、必ずと言っていいほど戦艦にハカイチもしくは瀕死状態にされてます。島陰に隠れてもつい行き過ぎて発見された瞬間にやられたとか。 とにかく自分の下手さにあきれるばかりですが、なぜか負けてもやられても、またランダム・ランク戦場に出てしまいますね。ドンパチが好きというかとても楽しいです。欲を言えば勝ちたいけども、現状自分がやれるだけのことをすればそれで満足という感じです。しかし勝利にとてもこだわるプレイヤーの人からすると、こういう態度は許されないかもしれません。
  12. 夕方以降はともかく、平日の日中の時間帯はランク戦のマッチングがとても少ないです。試しにT5艦でランダム戦に行ってみると、数秒でマッチングしました。ランク戦が避けられているようです。 そもそもランク戦とは、どういう意義なのでしょうか。 個人の腕を測るなら、数値統計だけで十分です。エンブレムがその象徴ですね。(もちろんエンブレムを持っているのに掲げていないプレイヤーも多いですが)タスク達成やコンバットミッションも、腕の結果といえるでしょう。 プレイの力量を、力量の分からない正体不明(笑)のプレイヤーたちと組まされて測るというのは、ちょっとおかしな感じです。 また、現状巡洋艦で出る人がとても少ないですね。T5戦場が狭く、戦艦との距離が取れずに苦戦します。戦艦4駆逐4の構成になることもしばしば。巡洋艦のいない戦場なんて、おかしいですね。そういう私も、スプリント1では主に戦艦を使ってました。スプリント2になってからはなるべく巡洋艦で行くようにしていますが。 また空母で出る人も、少ない。空母は戦局に大きな影響があるんで、初心者には難しい艦種ですね。ランダム戦のほうは、T5戦場だと空母2対2が普通なのに。
  13. 1期目と2期目では、参加者の数が違いますね。私の知人でも、1期目では参加していたのに、2期目では参加していない人が多いです。理由は、ちまたでも言われてる通りいわゆる「味方ガチャ」(優秀な味方が来るか、それとも初心者の味方が来るか)に疲れたということですね。 とくに中堅以上のプレイヤーにこの傾向がみられる。初心者を脱して中堅になってくると、勝利を求める気持ちが強くなりできれば初心者とはやりたくない熟練さんが味方に来てほしいという願いになり、T5という低いところだと初心者が来る確率が高くなる。とくに駆逐艦の中身で、決まることが多い。低いTの戦場では駆逐艦希望者が非常に多く、初心者レベルのプレイヤーが多く駆逐艦を選んで、来ます。その結果、capをうかがおうとせず遠くの敵を追い回す駆逐艦や、capしながら煙幕に隠れて味方の視界をなくしてしまう(隠れた煙幕を雷撃され即沈もありうる)駆逐艦などが現れます。しかしこれは、初心者としてはいたしかたないプレイですね。 つまりこのランク戦スプリントT5の問題は、中堅以上と初心者が混在しているところにあると思います。両者は、別にするべきです。混在させるなら、例えば上の方々がおっしゃてる通り通常ツリー艦のみにするとか、あるいはランダム戦2000戦以上(もちろん艦種別で)経験者に限るとか、レベルを一定以上に保っておこなうべきです。そうすれば、力試しとしてのランク戦の意義が保てる。艦長スキル15以下に限定、なども有効でしょう。
  14. このランク戦ですが、さっそくひどいありさまが現出しています。熟練プレイヤーが手本を見せないといけないのに、その熟練プレイヤーと思われる(エンブレム所持者)ひとが、チャットで、とんでもない暴言を繰り返しています。「初心者はランク戦に来るな」「初心者は去れ」「初心者は…」と初心者を思いきり批判し非難し、見るに耐えません。そして、ランク戦の顔ぶれは、熟練プレイヤーがほとんど全員です。これでは、初心者が気軽に参加できませんね。
  15. このゲームで、プレイヤーの能力を判断する最大のものは、勝率ですね。 しかし、この勝率の計算の基礎は、根本から間違っていると思います。なぜか。プレイヤー個々の条件が、異なるからです。 例えば同じ艦を操っている2名のA、Bのプレイヤーがいるとします。Aは、消耗品はすべてⅡ(上級)を付け、艦長スキルは15、アップグレードも完全装備です。これに対し、Bは、消耗品はすべてⅠ(通常)で、艦長スキルはゼロ、アップグレードもゼロです。そして数十戦してAが勝率55%、Bが勝率45%になりました。Aは、Bより上手いといえるでしょうか。 私事になりますが、私は、ゲームを始めてから1年間は、消耗品Ⅱ、艦長スキル、アップグレードの存在を知りませんでした。その状態でランダム戦やランク戦に堂々と出て、勝率45%になりました。1年経って、消耗品Ⅱ、艦長スキル、アップグレードの存在を知り、もちろん装備してから戦いに出まして、あとの1年は勝率五分五分といったところです。しかし、前の1年の戦績が尾を引いて勝率は50%を超えません。そもそも、基本の装備や条件が異なっている時期(しかもTier6以下の時期)の戦績も計算に入れられていて、非常に不満があります。
×