Jump to content

R_NYAI

Member
  • Content Сount

    1
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    13371
  • Clan

    [NYAI]

Community Reputation

29 Good

About R_NYAI

  • Rank
    Ensign
  • Insignia
    [NYAI]

Recent Profile Visitors

226 profile views
  1. 当トピックにおける既出の意見を理解し、自身の主張を形成するために、これまで発言として出された前提や論点、仮説などを投稿者なりの解釈・立場で整理する。 概括的に読み込んだ限り、当トピックには「WoWS ver0.8.5 対空システム変更とそれに関連するホットフィックスアップデート」に関する意見のみならず、 更なる航空母艦及び水上艦システムの刷新を求める声や細かなゲームバランスの変更の要望といった、実際にWoWSをプレイしているプレイヤー達によるバラエティ豊かな貴重な生の声が多数見られる。 ただし本投稿ではあくまで前提と論点を「WoWS ver0.8.5 対空システム変更とそれに関連するホットフィックスアップデート」の範囲内で取り扱うこととする。 さて、議論の中心として取り扱うべき「WoWS ver0.8.5 対空システム変更」というテーマについて、当トピックにはこれに対して大きく分けて「反対派」と「賛成派」、「中立派」の意見が存在する。順を追って紹介しよう。 【反対派の意見】 反対派の意見としては、主に航空母艦使用者の、艦載機撃墜のリスクが高まったことに対する懸念の訴えが多い。 ・「いくらなんでもやりすぎである。」 ・「不自由さが増し、つまらない。」 その一方で、旧来の環境を前提として設計された消耗品の効果性が薄れるというクリティカルな事実も報告されている。 ・「雷撃機が1機ずつダメージを受けて撃墜されるのに対して、修理班の消耗品が実質中隊の1機ずつにしか適用されないので、消耗品の有効性が全く無くなってしまっている」 【賛成派の意見】 賛成派の意見としては、主に水上艦側の立場とゲームバランス全体を考慮したうえで論じているものが多い。 ・「対空力の無い駆逐艦には全く対抗するすべが無い」 ・「高対空艦に攻撃が通せず低対空艦に攻撃が通せるのは健全」 ・「ぼろぼろ落とされるとは言っても、あくまでセクター強化及び対空防御放火を使用することが前提なので、これで落とされない方が当たり前という方がおかしい」 ・「(旧verに関して)強い対空を売りにしていた艦艇ですら大打撃を受けていた」 ・「(旧verに関して)常に対空砲火を当てられなければ落としきれないのが異常である」 ・「今までの仕様では対空艦が存在したところで”視界提供”と”反復攻撃”が(他の艦種と比較して)圧倒的容易にできる状態であり、明らかに1隻分以上の戦力となり果てている。」 ・「(強対空艦以外の艦艇に対して)ノーリスクで一方的に反復攻撃できるのはおかしい」 航空母艦使用者側の立場からの意見としては次のようなものがあった。 ・「前verまでは対空地帯や対空艦に対して比較的楽に(脳死で)攻撃することができたが、これからはより考えて運用する必要がある。視界の取り方や攻撃の仕方に工夫のしがいがある」 【中立派の意見】 中立派の意見としては、航空母艦の艦載機のbuffにしろnerfにしろ、仕様変更を急がずもう少し現在の状態のまま様子を見ていくべきというものが主である。 ホットフィックスの適用が早すぎるという意見は当トピックにおいて際立って多い印象である。 ・「アップデート直後に航空母艦のプレイヤー数が激減していることをWGは懸念しているのかもしれないがnerf直後というのもあり環境が不安定でまだまだ検証に十分な状態ではない」 これらを踏まえたうえで、私は「賛成派」の立場を取る。今回のアップデートを受けて対空艦が余裕を持って艦載機を撃墜できるようになった事と、 空母過多の状況が一変したことにより駆逐艦や対空力の低い「絶滅危惧種」と呼ばれていた水上艦が以前より増して見られるようになった印象がある。 今までは「対空戦闘」を意識するあまりそもそもの艦種の選択、搭載する消耗品、艦長スキルが画一化され、 それらは多くの選択肢が用意されているにもかかわらず不自由を余儀なくされており、プレイヤーとしての個性や楽しみ方の幅が狭められている状況だった。 戦闘全体に占める「対空戦闘」の割合が小さくなればなるほど、「対空」から意識をそらす余裕が生まれ、これまで以上に対空艦と火力艦の棲み分けがよりはっきりしてくると思う。 このゲームで実現することのできる多種多様な艦艇と兵装、消耗品、艦長スキル、戦術が織りなす、バラエティ豊かなエクスペリエンス。 それをたった一つの「航空母艦」という艦種の調整次第で縛り色の強いつまらないゲームにされてしまうのは、非常に残念なことである。 勿論航空母艦も含め、一部艦艇の極端な救済や強化にとどまらず、多様性が損なわれないようなバランス調整をユーザーのフィードバックに真剣に耳を傾けながら慎重に行っていただきたい。 長文失礼致しました。 ー動作環境ー ・CPU Core i9 7900X ・RAM DDR4 32GB 3200MHz ・GPU GTX 1080Ti ・OS Windows10 PRO 64bit
×