Jump to content

l_nq__9

Member
  • Content Сount

    1
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    8848
  • Clan

    [TIER4]

Community Reputation

9 Neutral

About l_nq__9

  • Rank
    Ensign
  • Insignia

Recent Profile Visitors

196 profile views
  1. 主に空母刷新についてコメントします。 空母をプレーするハードルは下がり、空母1隻が試合にもたらす影響は確かに小さくなったように見受けられます。 しかし、 【問題点】 1. 隠蔽システムが機能していない 空母が複数隻いるマッチ率の高さと艦載機の移動の速さが相まって、水上艦がほぼ常に航空スポットを受けている状態に近いです。 高隠蔽が武器の駆逐艦はもちろん、日本巡洋艦や一部戦艦は隠蔽性という強みが奪われ、このゲームにおける楽しさが減っています。 この問題については、これらの艦艇の使用率の変化が表れてくれば把握できるかと思われます。 2. 戦術性の大幅な低下 水上艦は幾度となく航空機の攻撃に晒されるため、自衛の目的でまとまって行動せざるを得なくなります。 この状況は敵味方に関係なく同じですので、戦場では艦艇がまとまったまま行動し、ある距離を保ってお見合いするような状態になります。 単独で外側に走って味方とクロスをとれるような位置取りをすることなどできず、戦術性の低下があることは否めません。 また1.の隠蔽システムの不満足も戦術性を損なうことに加担しています。 前述の理由により、隠蔽状態を維持して敵に近づくことを得意とする艦(駆逐艦や一部巡洋艦)がこの戦法をとることが難しくなったからです。 【もとの原因】 これらの問題点のうち、空母に起因するものは大きく2つあると考えています。 ひとつは、空母の隻数の多さです。空母の多さはそのまま戦場を飛び回る航空機が多いことを意味し、艦艇の被航空スポットの頻度を増やします。 隠蔽システムに関しては、空母を1チームあたり最大1隻に制限するなどの対策をとらなければ十分な機能が果たせないのではないでしょうか。 もうひとつは、空母の艦載機数が無制限であることです。 空母以外の艦艇の対空能力は有限(消耗品の使用や対空モジュールの破損による)であるのに対し、空母の艦載機数は無制限に多いことを考えると、終盤になるほど空母が相対的に有利になっていきます。 これまでは、水上艦も艦載機を落とせば落とすほど空母の残り艦載機が少なくなったため、艦載機の撃墜がチームの有利により強く結びついていました。 現在のバージョンでは艦載機の撃墜はおおよそ自衛のためにしかならず、また空母側も前バージョンよりも漠然と攻撃を繰り返すだけになると予想されます。 結果、試合終盤になってもプレイヤーがまとまっただけの行動をとりがちになります。 【まとめ】 現在の空母のシステムでは、隠蔽システムというこのゲームの醍醐味が減り、さらに戦術性の低下も認められます。 僕は、空母の隻数と艦載機数に制限をかけることが具体的な改善案だと考えています。 これ以外の対策案でも構いません。とりあえず上記の問題の認識・解決が先決であるはずです。
×