Jump to content

_Aroundight

Member
  • Content Сount

    20
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    5692
  • Clan

    [SOLO]

Community Reputation

66 Recognized

About _Aroundight

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

270 profile views
  1. _Aroundight

    テア可愛いよテア

    無事に届きました、ありがとうございます…🙇
  2. _Aroundight

    テア可愛いよテア

    このテアって娘可愛いですね はいふりは観たこと無いので観てみることにします
  3. 潜水艦実装というのは、潜水艦の影響力のみの問題では済みません。 駆逐艦及び軽巡洋艦、特に駆逐艦の影響力がより高まることになるでしょう。 空母の影響力が一隻分で許される影響力ではないと主張する方々は、どうして駆逐艦の影響力の大きさには何も言わないのでしょうか。 ただでさえ仕事の多い駆逐艦の仕事を増やし、駆逐艦の影響力を更に増大させる潜水艦の実装はして欲しくないですね。 皆さんお嫌いの空母の影響力も上がっちゃいますよ。
  4. _Aroundight

    攻撃機のロケットについて

    駆逐艦へのロケットの命中が容易であるとのことなので、個人的に思ったことを書き込ませて頂きます。 駆逐艦への攻撃機のロケットが当たりやすいのは、単純に発射地点と着弾地点の距離が近いからだと思います。 あくまで目算であって何のソースも提示できませんが、ロケットの初速自体は砲弾とそこまで変わらないかと。なので発射-着弾地点の距離を離せば良いのではないでしょうか。 そうすれば、小回りが効き、隠蔽に優れた駆逐艦に対しては、二回目のアプローチにおけるスポットがより安定せず、攻撃機の操作をより繊細に扱う必要が出て、単純に弾着までの時間が伸びる以上の効果が出ると考えられます。駆逐艦に限らず、反復攻撃もしにくくなるでしょう。 発射-着弾地点の距離が離れることで攻撃機と敵艦の距離が離れるために、敵の対空圏に深く踏み込まず攻撃することも可能になるため、空母からしてもデメリットだけではなくなるはずです。反復攻撃が望めないWorcesterなどへの対処はしやすくなるのでは。 もっとも、私は現状維持を望んでいますがね。
  5. 張り付いてきた味方の視点からすると…。FFが存在しないから接触ダメージが発生しない。仮に自分の砲弾が味方(yoshi_01さん)に当たってもダメージは入らない。味方の陰に居れば自分に射線が通らない…というもので。 yoshi_01さんからすれば、張り付かれている為に旋回、前進後退はじめ機動に支障をきたした為に問題に感じた。仮にFFがあれば、接触することで生じるダメージや、味方に対する自身の砲弾によるダメージを避けるようになり、このようなプレイは無くなるだろう。ということではないでしょうか。 何故すぐに報復という方向で考えるのか理解に苦しみますが。 恐らくですが、これはWoTBですかね。WoTのFF廃止は最近の話ですから。 オフトピックな話になってしまい、申し訳ないです。
  6. _Aroundight

    空母の問題点について

    砲艦と比較したときの問題ですが、艦載機の速度、攻撃の精度といったところでしょうか。まぁそれぞれ大幅なナーフとかは入っているので、速度ナーフや爆撃の精度悪化などはするべきではないとは思いますが。それを取り上げて産廃になっても問題ではありますし。メインウェポンが他のシステムと全く異なる艦載機だからこその、そういった調節の難しさが一番の問題点かもしれません。 以下の意見はオフトピ気味ですが、ここのトピックの意見を読むなどして思ったことになります。 空母が攻撃だけに専念できるようにはならないでしょう。継続的なスポットを求められた場合に攻撃ができなくなります。戦闘機でスポットをしている間に艦載機で別に攻撃も行う。これは駆逐艦からすれば不平等に感じられる所かとは思いますが、艦載機は隙を見計らっての砲撃、雷撃はできないので… あくまでもバブルの話にはなりますが…直進しているだけでは対空砲の被弾率は上がります。 攻撃態勢に入る際、攻撃準備が完了してから問わず、照準が出ている状態で旋回すると命中率は下がります。
  7. オーディシャス除くT10空母、全T8空母を所持しています。その上での意見です。 空母の影響力が他の艦種よりも大きい これは確かであると思います。空母の影響力の大きさを挙げてみますと… スポットにおいては持続性などは状況で異なりますが、基本的に、強硬偵察による敵艦隊の位置の暴露、戦闘機も含めた継続的なスポット、これらは駆逐艦に勝るとも言えます。爆撃機の攻撃は、戦艦などは狙いやすいですし、丁寧に当てれば10000ダメージを出すことも可能です。航空魚雷は艦載魚雷に比べ威力で劣りますが、攻撃角度、投下地点などの自由度が高く、単純な攻撃目的のみならず進路固定目的にも容易に使うことができます。攻撃機はどの艦種に対しても容易に命中させることができ、アメリカのロケットであれば特に強力で、TinyTimならば高Tierのいかなる艦艇に対しても打撃を与えることができます。 以上のように、空母は三種類の艦載機を用いて臨機応変に戦場に対応することが可能です。 私も空母の影響力は他艦種と同一とは思いませんが、上記のマルチロール性がそのように感じさせているのだと思います。影響力の出し方が他の艦種と異なるからこそ、空母の影響力が際立って高く見えるのかもしれません。どのような戦場でも(相手の対空艦が異常に多いということでもなければ)一定以上の働きができるかあらこその強さだと感じます。 あくまでも私の考えですが、他の艦種が高い影響力を出せる状況などを挙げてみます。 プッシュするとき、戦艦がやはり一番頼りになりますし、相手にとっても脅威でしょう。ソ連戦艦などはその最たるものですね。戦線の押し上げは空母には到底できません、空母はあくまでも補助をすることになります。 逆に相手のプッシュを押しとどめる役割は、駆逐艦が最適任ではないでしょうか。全ての駆逐艦が該当するわけではありませんが、大威力でかつ二次元的な魚雷はこのゲームにおける最大級の火力であり、それを大量に流すことが可能です。魚雷は命中率は低いですが、それだけ警戒されているからと言えましょう。 戦線で様々な消耗品、砲戦、雷撃などで直接的な支援をするのには巡洋艦が向いています。駆逐艦の支援、戦艦への火災などでの打撃、巡洋艦との交戦、味方艦隊への対空支援。これらをコンスタントに行えます。 上に挙げた例は局地的であったりはしますし、艦種の中でも当然向き不向きはありますが、基本的な傾向はこのようなものではないでしょうか。戦線が複数あればそれぞれに艦載機を向かわせることは可能ですが戦線一つ一つへの影響力は空母のものが最高とは言えないでしょう。空母の行動が戦況を左右することはあっても、動かすことは難しいと考えます。これに関しては巡洋艦も同様だとは思いますが。 空母は様々なことができます、だからこそ尻拭いなどを押し付けられているかと。駆逐を見ろ、ここを見てくれというのはよくチャットで見かけますし、〇〇を沈めろというのも。奴隷のような役回りをさせられる艦種であるとも思いますよ。
  8. 普段あなたが経験している戦場は存じ上げませんが、私は故意のFFをされた経験は無いので、その気持ちはわかりかねます。ごめんなさい。仮にされてもただチケット切るだけですね。 私もこの発言を参考にして先ほど書き込ませて頂きました。実際に「同士討ちを狙う」のは、FFをしてしまうかもしれない側からすれば相手のチームでしょう。 その上でこのように書き込みましたが、お読みになっていらっしゃらないようで、残念です。 上記の事を鑑みた上で、それを良しと見なしてFFの廃止に反対しております。
  9. FF廃止には反対です。 仮にFFが廃止された場合、何名かの方が挙げられていますが、FFの存在からくる戦術的行動の変化があると思います。 FFをしてしまうことになる、だから魚雷を流すのを控えよう、という心理が働くだろうという想定の上での意見でしょうから、推奨はしていないでしょう。 「故意のFFが戦略上有効」というのはどういった解釈によるものかという点については甚だ疑問でありますが。
  10. 賛同致します。 Emeraldの無期限迷彩が販売されていたこともあるそうなので、その再販も含めて検討して頂きたいですね。
  11. _Aroundight

    Dmitri Donskoi

    *このトピックは現状ではなく、後々行われるであろうアップデートによって予想されるDmitri Donskoiの大幅な弱体化に反対するものです。 近々入る予定であるアップデートにて、IFHEのナーフを中心に軽巡洋艦全体へのナーフが行われるそうですね。私個人からしますと、火力が高過ぎたために軽巡洋艦がナーフをされるという点につきましては致し方なしとも思います(高Tierにおいて装甲を大幅に薄くするのはどうかと思いましたが)。 しかしながら、装甲ナーフ対象の艦にDmitri Donskoiがあり、この点は看過することはできないと思いました。 Dmitri Donskoiの主砲は180mmであり、重巡洋艦と呼ばれる艦が基本的に装備している203mmよりも小さいですが、152mmや155mmよりも大きいです。 この点を踏まえてゲーム内におけるDmitri Donskoiの180mm砲の扱いを見ます、装填時間は素の状態では12.5秒です。これは同格巡洋艦の中でも遅い方であり、日本重巡洋艦の伊吹以外の全ての巡洋艦に負けています。これはDmitri Donskoiが、重巡洋艦に匹敵するものであるとWG側も認識しているためではないでしょうか。 にもかかわらず、軽巡洋艦と見なされ、装甲はナーフされてしまいます。 そして、Tier8~10の軽巡洋艦(152~155mm砲)の素の貫通力は30mmにバフされるそうですが、180mm砲には触れられていません。明らかになっている情報のみで考えると、他の軽巡洋艦と同様の30mmまでの貫通になります。 重巡洋艦と軽巡洋艦の中間に位置するであろうと思われるこの艦ですが、この開発者ブログの内容のままでは何のメリット(素の貫通バフ、相対的な装甲の強化)を得ることもなく、苦しい状態に立たされてしまうでしょう。 以上のことを踏まえ、WGに対しDmitri Donskoiの存在及び立場を明確にすることを求めると共に、同艦への過度なナーフとならないような適切な調整を求めます。 *IFHE習得状態でもT8以降のアメリカ戦艦の甲板を抜けなくなることも予想されますが、そちらはIFHE改変反対のトピックへお願いいたします。 https://m.facebook.com/wowsdevblog/posts/2396602913999375
  12. _Aroundight

    武器庫について

    トピック主に賛成します。 特殊なスキルを持った艦長がいるのは日本、アメリカ、ソ連の三ヵ国ですが、日本を除いた技術ツリーが存在する国には、いずれも二人のユニーク艦長が居ますね。 日本だけ、ユニーク艦長が一人だけなのは不平等かと思われます。
  13. 初心者が高Tierの戦場に居るというのはプレミアム艦艇でも起きていたことですし、初心者が高Tierツリー艦に乗っているということは何も思いませんね。 ダブロンによる変換で得たフリー経験値で研究を飛ばすこともできますし、そう考えると金でツリー艦を得ることもできます(変換する為の経験値を稼ぐ必要は当然ありますが)。 単に初心者向けというだけでなく、リロール組及び他サーバーからの移行組という目線からすればとてもお得ですね。 Pay to Winという意見が見られますが、少なくともツリー艦であるNew Orleansは課金しなくても手に入れられるのでPay to Winには全くもって当てはまらないでしょう。 追伸:Friedrich Der GroßeっていうTier9のドイツ戦艦があるんですけど、T10に行った皆さんは、Großer Kurfürstに行くためには当然乗り潰しましたよね!まさかフリー経験値で飛ばしたなんてことはありませんよね!Pay to Win反対!
  14. _Aroundight

    空母の現在状況

    トピックで挙げられているナーフ案などへの意見ではないのですが、思うところがあったので書き込ませて頂きます。 このトピックでは、アンケートを利用して空母の現状と、それに対する調整案を聞こうとしているのだと思います。 しかしながら、一番初めの質問では"空母の強さ"に関して"弱い"という選択肢を用意しているにも関わらず、その後の質問への回答では、空母に対してのバフ案は一切選択肢に無い上に、"空母のナーフすべき点"では、回答が必須になっています。 実際に空母のバフを望むプレイヤーが居るかどうかはわかりませんが、"ナーフすべき点"と同じだけの選択肢を用意しなくては、アンケートとしては不適当なものになるのではないでしょうか。 仮にこのような内容のアンケートのままにするのであれば、「空母のナーフ案」というトピックにでも変えた方が良かろうと思われます。
  15. 別のゲームの話にはなってしまいますが、World of Tanks Blitzには、プレミアムアカウントの証券というものがあります(1h,9h,1dなど、細かく用意されています)。 そのようなプレミアムアカウントの用意の仕方があれば便利になると思うので、是非ともwowsにも実装して頂きたいですね。
×