Jump to content

Ailybird

Member
  • Content count

    290
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    4299
  • Clan

    [HIOFF]

About Ailybird

  • Rank
    Lieutenant Commander
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Not Telling

Recent Profile Visitors

756 profile views
  1. ここそういうとこ書く場じゃないと思うんすけど(名推理 あとパクリどうこうは荒れる元なので......やめようね!
  2. BOTの対策について

    一番最後にネタを差し込んでいるのは腹筋狙いですかね? さておき、私はこの中で特に「二次認証義務化」「ランダムマッチングタイム導入」「すかし再導入」「戦績非公開廃止」「ログイン時と非戦闘時と出撃時でサーバ切り替え及びCAPTHA認証導入」の5点に特に賛意を表明します。理由は・・・今更説明するまでもないでしょう
  3. BOTの対策について

    ところがどっこいBOTを見つけたら教えてくれというのは当のWGスタッフからのお願いでありましてね 何よりも「対策実装の手間」なんてのは我々ユーザーが判断するものではなく、それこそ開発チームが判断するものです そして「転売を防げば」というけれど、そのための具体的な方策を何一つ提示していないあなたの発言の一体どこに説得力があるのでしょう。 「戦績非公開廃止」「スクリーンショットにすかし機能の再導入」「ランダム式二次認証導入」などを始めとするアイデアは全てあなた以外の人間から出たものです。 しかも忘れてはならないのは「アカウント転売業者はBOTを使用している」ために「BOT対策とはつまり転売業者対策である」ということ。別々の問題であるかのように語るなど勘違いも甚だしいでしょう。 BOTを始めとする不正行為の対策に運営が消極的なゲームはプレイヤーが減るどころではなくゲームそのものが終わってしまうものです。私自身もチート行為やBOT行為の横行とそれに目を背ける運営に失望して人口が激減し、コンテンツそのものをクローズしてしまったゲームを幾度も見てきました。 「大きな効果が望めない」はBOT対策やプレイヤーの逐一通報を否定する理由にはならないのです。「この人はBOTを使っている!」と声を上げたプレイヤーに応えて調査し、「不正行為が確認されたので対処しました」という仕事を少しでも果たしていこうとする運営を信頼することはあっても、失望することはないでしょう? 因みにわたくしの認識としては「多少の対案すら述べず、ただ反対反対と叫ぶだけの人というのは、基本的にはそれが実行されることが自分自身にとって都合が悪い人間なのだ。故にシステムや構造の健全化を阻む者というのは、そこに存在する不健全で甘い汁をすする害虫であると考えろ」(ざっくり訳)という古い政治家の哲学に沿ったもの、つまり「自分はアイデアも出さないけど不合理な理由で反対する人って何かやましいことがあるんじゃないの?」と思っていることを併せてお伝えします。
  4. セーラムは修理班の性能強化と引き換えにレーダーレンジが縮小されていると聞きます。元々の艦がデモインであるのに、レーダーレンジ縮小ということはその分だけレーダー戦をやるために敵に近接する必要がありますが、デモインの機動力と装甲で接近戦はそもそも不向きなのである意味デモインより辛いと言えるでしょう。 何故ならデモインにはユニークUGで加減速能力を英巡と同等以上に強化するという手段で近接戦の生存率を上げる手段がありますが、セーラムにはそれすらもないのですから 素直に武蔵の方が色々使い出があるかと思われます。T7戦場に46㎝を持ち込めば色んなところから悲鳴が上がりますよ(
  5. 色んなところで言ってるけど、そもそも対戦ゲームなのに自分の戦績を隠す必要性がわからないですねぇ・・・ 人権侵害とかいうネタ発言はさておいて、戦績非公開は「わたしの戦績は人に見せられない恥ずかしいものです」って思ってる人が使ってるんじゃないかと思うくらいには、戦場で出会う非公開プレイヤーがまともじゃなかった記憶しかない3年間ですし。 あと非公開設定を廃止することで、成績の傾向からBOTであるかどうかを識別しやすくもなり、見切りをつけるべきか否かより早い段階で決心できるのもあるので私も戦績非公開は廃止するべきだと考えます
  6. 1:勝率47%の方を支援します。 戦績非公開は基本的にどうあっても信用ならないというのが私の経験からくる法則ですし、そもそも対人ゲームで自分の成績を隠したがる神経が理解できません。(但し初期設定では非公開状態にされているらしいので、戦績を公開できることを知らないプレイヤーを除きます) 2:非公開を支援するボーダーラインはありませんね。それがたとえ勝率20%未満とか余程低かったとしても、です。というかその場合どちらの駆逐も最低限の信用すらおかず(つまり支援せず)、自分のスコアを稼いで終わるように動きます。非公開勢を支援してよい結果を得たことはこの3年間一度としてなかったので。 もう一度結論を繰り返しますが、戦績を非公開にしている人間は信用しません。出来る要素がゼロですから。47%であろうとも堂々と公開している人の方がまだマシというもの。
  7. 砲の貫通力に関しては公式ではない方のwikiを見るのが良いですよ HEの貫通力は通常砲直径の6分の1の値未満の装甲を貫通する、但し独巡等は4分の1であるなど しっかり全て書かれています。あとはまあ対戦ゲームなので、口径毎の対応装甲については頑張って記憶しましょう。 覚えきれないよと思うかもしれませんが、腕のある方というのは皆さん頑張って覚えて実戦で活用できるように磨いていったのですから、インターフェイスで砲側の数値の表示を求めるよりはまず自分自身の知識を向上していきましょう。 どのみち、自分の砲の貫通数値を表示できたとしても、敵艦のどの部位が該当するのかについてはやっぱり覚えるしかないのですし......。
  8. それは愚痴トピの方がよいのでは?
  9. そもそもティア1戦場に上級者が氾濫しているというのは客観的証拠を示せることなのだろうか?実はただ単に「同じ初心者だけど少しだけ腕で上回っている」だけの相手かもしれないのに。 ついでに言うとそもそもティア1で少数マッチになるのは単純に人口の問題。当然だけれど、弾種に制限があり艦自体の性能が低いティア1では一瞬の油断で吹き飛ばされるような戦闘はほぼ起こりえない。なのでそういった戦闘の味を覚えた人達はティア1などに降りてきたりはしない。 「全ての性能で」とは言うけれども対人ゲームにおける絶対正義の「プレイヤースキル」でのみ上回られているにすぎず、技量で劣るから負けるという当たり前の事態が存在するにすぎないのである。 差し当たってはCOOPで精度の高い射撃を行えるよう訓練し、その上で改めて戦場に臨んではいかがか。射撃の一つ一つを的確に当てられるようになればそこまで極端な戦績の差など生まれないのである。というより、あなたが上級者と呼んでいる人々とあなたの何が違うというと、一番大きなところはそれしかないのだ。「自分の射撃は当てる。自分に飛んできた弾は可能な限り回避する。」なので、この部分の技量を伸ばすだけで最低でも中級者には余裕で仲間入り出来ることだろう。 個人的に上級者と(私自身が)思っている人々はただそれだけではなく、スポットを切られて数秒~10数秒過ぎた敵であってもある程度位置を予測してシステムアシストなしでの射撃を叩き込めるような、何かしらセンスに優れた人の事であると思うが・・・そっちは才能の問題も絡むのでなんとも。 というかあなたはランダムだけで40戦もしているならとうにティア2やティア3に到達しているはずなのに、どうして人口の少ないティア1にそこまでこだわっているのだろうか?いやそもそもCOOPランダム合計で5万以上の合計経験値を獲得しているプレイヤーを初心者に含めていいものなのか・・・?
  10. チートであったらむしろ発見マークは点灯しない(チートで位置を測定するというのはクライアントに送られてきている位置情報を参照するだけのはずなので)。 なので認識外にいた何かにレーダーorソーナーで発見されたか、あるいはダラスorケーニヒスが近接してきてソーナーを使用した、というケースが考えられる。 でなければ、マッチ帯にT7が含まれていたらそっちの何かの艦から島越しにレーダーを撃たれたか、かな
  11. ランダム戦のどのティア帯でも、とは言うけれど それは低ティア特有の現象だ。何故なら高ティアにおいて初心者など存在しないからだ[削除しました]。 低ティアで初心者狩りがあるというのは確かに事実だが、低ティア帯でプレイしている全ての上級者がそうというわけでもない。『一撃痛いのをもらったらリカバリーが非常に困難』という高ティアの戦場に少し疲れを感じて、気分転換のためにあまり神経を張り詰めさせなくても即死しにくい低ティア帯でプレイする人間もいる。ソロで来ているのは大体そういう手合いだ。 なので『上手すぎる!勝てない!』と嘆き不平を叫ぶだけでなく、そういう上級者の立ち回りや砲撃姿勢、攻撃から防御へ或いはその逆へ切り替えるタイミングの取り方を見て自分なりに研究する努力をしてはいかがだろうか。 このゲームが本質的に『対人戦』を主眼に作られているのはCOOPとそれ以外のモードで報酬に格段の違いがあることから理解してもらえるだろう。そして対人戦とは根本的に技量こそが正義の世界である。だからこそ低練度の内はティアを上げられないようにしているのだ。なので、腕が上がらないままに高ティアに上がることの方が問題というか論外である。 ところで『どのティアでも』と言うけれど、あなたはランダム戦でティア1の艦しか乗っていない(8/30朝現在)のだからその言い方は不適当だと考える。 Ailybird さん、こんにちは。 Wargaming の West_JP です。 フォーラムは不特定多数の方が利用、閲覧するものでございます。 このため、他者を蔑むような表現は例え相手を特定していないものであったとしても、 閲覧している方が不快と感じるケースが多くございます。 フォーラムを利用する皆さんが心地よく利用できるよう、何卒ご協力いただきますようお願い申し上げます。
  12. 着弾位置

    間違って手前の敵艦をロックしていたかどうかトピ主の文面では判らないから『ちゃんとロックしてる?』って訊いてるんだと思うんだけど トピ主の言ってない部分を自分の想像で補うのはともかく、それを前提に語るのは......止めようね!
  13. このトピッククラン戦の話してるんですがそれは 7隻フル分隊は前提だよ?
  14. 理解力に乏しいようなのでもう一度繰り返すけれど 当てるため「だけ」じゃない この言葉は「魚雷の命中によってダメージを与えるばかりではなく、当たらなくとも散布界内に捉えることで行動の制約を狙う」ということを意味しているんだけど、ひょっとしてここまで懇切丁寧に説明しないと理解できない?高ティア日駆魚雷(というか20km島風)を使ったことがある人間なら最低限のINTがあれば理解できることなのだけれど(何人かの日駆乗りからコンセンサスも取れるし)。 真剣に魚雷の取り扱いを考えたことがあるのか甚だ疑わしく、見識に乏しいと言わざるを得ない。 他方、Chungmu/Yueyangの魚雷にも言及しているけれど、根本的にGoldenRatio氏の発言の対象だった『対駆逐』雷撃と『対戦艦・空母』雷撃では前提として条件が異なっていることも想像できていないと思われる。あなたが見ているのは額面上の数字ばかりで『実際に撃たれたとき、それぞれの艦ごとに対応能力も戦術も交戦距離も異なる』という当たり前のことにすら理解が及んでいないとしか思えない。基本的には駆逐が前衛、戦艦やまして空母は後衛であり、警戒すべき方角もその数も異なっていて、かつ魚雷は航走時間が長いほど被発見のリスクが上がるということにまで説明を要しているようだ。 あと駆逐乗りの『何気なく航行し』を無警戒で直進するという意味に捉えていないかな?当たり前だけれどそんなものは低ティア駆逐乗りの話で、最低限の練度を持つ駆逐乗りにとっての『何気なく』というのは『常に発見・被発見のリスク・リターンや不時発見による魚雷回避失敗を勘案しつつ啓開航行する』という、しつこく繰り返すが『当たり前』のことをしている状態の意味の話だ。 あと個人攻撃がどうこうと言うならば、それ以前に自分自身が『NA/RUサーバーの主流戦術を引き合いに出してアジアサーバーの主流戦術を批判する』というお門違いのマナー違反を犯していることを省みてくださいね。 あ、蛇足ですがわたしも『速力65kt級で発見距離1kmの駆逐に当たる魚雷』は(連装基数や装填時間によっては別ですが)バランスブレイカー級だと考えます。 ご自身の考え方がここ、引いてはアジアサーバーのランダム戦プレイヤー達にとって肯定されるものであるか否か、客観的に見てみてはいかがかな。 Ailybirdさん、こんにちは。 West_JP です。 こちらの投稿につきまして「ウースター、マイノーター、T8以上の空母の削除」の内容とは関係性が低く、 また随所に不要な煽りと受け取れる表現が多いため警告させていただきます。 以後、警告無く利用停止とさせていただく場合もございますので、 どのような理由があったとしても、フォーラムに投稿する際には他者を尊重、思いやった表現を心がけ、 フォーラムを利用する皆さんが心地よくご利用いただけるよう、ご協力いただきますようお願い致します。
  15. 発見距離の長い魚雷の基本は敵の行動の制限 しかしそれはそれとしてまともな腕があれば当てられる そういう意味ではないの?だって当てるため「だけに」投げるわけじゃないって言ってるんだから。 どっちかにしか取れない極端な思考回路を持っているあなたの発言の方がよくわかりません
×