Jump to content

ADIMASH

Member
  • Content Сount

    16
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    9605
  • Clan

    [LOLA]

Community Reputation

55 Recognized

About ADIMASH

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia
    [LOLA]

Profile Information

  • Gender
    Male
  • Location
    Sub_Space

Recent Profile Visitors

473 profile views
  1. ADIMASH

    潜水艦戦について

    今回の潜水艦バトルでは反映されてないですけど、実際何らかの(航空爆雷を含む)対抗手段の実装検討はされてるみたいですね……
  2. ADIMASH

    潜水艦戦について

    PTサーバーで潜水艦をプレイして、本サーバーでも最初に潜水艦バンドルを引いて初日から潜水艦でプレイした感想として、潜水艦はフェアでは無いと思いました。 駆逐艦や軽巡洋艦は戦闘初期に積極的に前進して対潜水艦戦闘を展開できるほど耐久性能は無いですし、特にこの先本実装された際にはレーダーや航空母艦による常時スポットを取られ続ける高ティアの環境でも潜水艦が戦闘に参加することを考えると、とてもこれらの艦艇に意味のある対潜水艦戦闘を展開できるとは思えません。 重巡洋艦や戦艦はとにかく一方的に殴られ続けて楽しくない。この一言に尽きます。対抗手段も実践的な回避手段も無いですから、まあそうでしょうね。 特に、接近できないと敵の潜水艦のおおよその位置もつかめない以上、あらかじめ敵潜水艦に頭を向けて被弾面積を低減するという対抗手段は机上の空論じみて実践的でないと思いました。 とりあえず、 ・すべての水上戦闘艦種で即応的に使用できる潜水艦への対抗手段を用意する ・すべての水上戦闘艦種で潜水艦魚雷の誘導を妨害 or 欺瞞する対抗手段を用意する(効果の程度に関しては艦種により調整の必要あり) ・潜水艦魚雷の装填速度かダメージのどちらかを低下させる ・潜水艦にも強制発見距離を設ける この辺の改変は必要なんじゃないですかね?
  3. クラン戦は交戦距離や味方との連携の濃度も含めて一切がランダム戦と環境が異なるゲームモードなので、当然スキル構成は変わってくると思います ましてや艦隊編成に空母か戦艦かの二者択一の要素がある以上、緒戦での編成の模索もあるはずなのでより柔軟なスキル構成の模索と変更の必要があるのは自明でしょう よって、今回のクラン戦においてスキルリセットの優遇措置が受けられないのは妥当ではないと私も思います
  4. ウースターの特殊UGの変更は、これはあまりにも強力な変更で隠蔽距離とトレードになることを差し引いても「異なるプレイスタイルを提供する」とは言いがたい変更だと思います。 今回のウースターの特殊アップグレードへの変更の後、当アップグレードを適用したウースターは特定のアップグレードとの組み合わせにより最長1分超のレーダー照射時間を得ることも可能で、これはとても「異なるプレイスタイル」で片付けることの出来ない「性能向上」であると言わざるをえません。 特殊UGの取得方法が研究局のトークンに変更されるに先んじてこの様なアップグレードの性能変更は、まさに一度WGが撤回したNTCの復活に他ならないのではないでしょうか? 今回の変更にはプレイヤー間での不必要なユニット性能の格差を生み出し、またNTC促進のためのプレミアムアカウント、特別信号旗バンドル等の購入等高額かつ継続的な課金を強いる、全体的なゲーム体験に悪影響を与えるものと強い懸念を覚えます。
  5. 個人的に固有アップグレードの性能調整の内訳が気になるところ…… ZAOとYAMATOは今の調整でゆるして・・・ゆるして・・・ (ただでさえZAOは人気無いし、一部ゲームモードではYAMATOに限らず戦艦一般はもうKREMLINでよくね? みたいな状況なのに) どれだけ"固有UGが艦艇の性能を強化するものではない"という理念を語ったところで、一部艦艇では固有UGによって戦場における現在の地位を保証されているものがあるのもまた事実であると思います。艦艇そのものの性能見直しまで含めてのUG調整なら歓迎なんですが、個人的には不安しか感じません あと、研究局への移行は単一の艦艇にプレイ時間を集中しなくてもよい利点も有りますが、同時に初心者にとってはT10までツリーを完成させることは並ならぬ努力を要し、T10艦艇の固有UGを獲得する為にその努力を5つの技術ツリーで達成することを要求することになります おそらく研究局へのアクセス条件の緩和なども同時進行で行われるのでしょうが、柔軟に、各プレイヤー層のモチベーションを削がないような工夫が行われることを期待します
  6. WoWsクラン[LOLA]Long Lanceのサブマス、クソザコナメクジ
    [LOLA]は現在クラメン募集中
    T3ツリー艦艇3隻以上、或いはT6艦艇1隻以上所持のプレイヤーなら勝率気にしません。初心者歓迎
    ただし、DiscordのVCは必須。その性質上、日本語話者、または日本語での会話のできる方以外は加入は難しいです
    また、WoWs内で申請を出して頂いた場合こちらからメッセージをお送りしますので、それにお答えいただけない方も申し訳ありませんがお断りさせて頂いております

    1. KIDOGAWA

      KIDOGAWA

      すいません分艦隊を組むことが希望なのですがディスコのサーバーに入れてくれませんか?

       

    2. ADIMASH

      ADIMASH

      お返事遅くなって申し訳ございません、基本的に当クランのディスコードサーバーはクラン入隊希望者あるいは、クランメンバーからの招待制になっております。
      単純に分艦隊でのプレイをご希望でしたら、条件はございますが"WoWs分艦隊募集所"のご利用をお勧めいたします。
      クラン入隊希望の場合は改めてお伺いいたしますので、その旨お伝えください。


      https://discord.gg/gQh8THK
      以下"WoWs分艦隊募集所"#readme より抜粋

      ■参加要項 1)お互い楽しくWoWsを遊べる人であること。 (嫌なことがあっても引きずらないで前向きで。誹謗中傷のたぐいは控えて。他人への愚痴もなるべくなら...)
      2)戦績の制約としてはランダム戦勝率49%以上戦闘数1000戦以上とさせていただきます。 (足りない方は要相談)
      3)日本語での意思疎通が可能であること。 (日本人と気楽にやりたいですよねという意図です...)
      4)Discordを導入し全体テキストチャンネルを閲覧できること。聞き専ででもボイスチャットできることが望ましい。  (Discord=PCゲーマー向けの無料ボイスチャットツール。アカウント登録なしにブラウザ上で動かすことも可能。   いろいろ快適になるので、アカウント登録してクライアントソフトのインストールが推奨ですが)
      5)INする時間や間隔は問いませんが、不測の事態によりDiscordメンバーから外れる可能性があります。  連絡が取れれば再招待させていただきます(鯖移転とか、メンバーが鯖を削除とか?)
      6)参加者の招待を受けた人であること。招待の基準はこの参加要項だけで誰が誰を誘ってもよいです。  (招待コードは不特定多数の人が見る所に貼らないでください。貼る場合は要相談)
      7)参加された方は
      #meetテキストチャンネルにて、挨拶をお願いします。  (WoWsのID、誰からの紹介か、どの艦種が得意かなど)

  7. そもそも副砲が積まれていたのは小型で高速な水雷艇に対処するためでした。そのために小型で投射重量よりも取り回しのいい軽量な砲が好まれました。 歴史的に航空機が大型艦艇の脅威として認識されるのが艦艇の歴史の結構後の方なんで、それまでの艦艇は機銃も含め対空兵装が少ないというか無かったです。お船でもT3くらいまでの艦艇で対空0のお船とかあるのはそれです。 では、高射砲(両用砲)が搭載されるようになってからの機銃の役目は? といわれると、両者は得意とする射程が違います。砲の発射レートや砲の目標への追従性などから高角砲は遠距離が得意です、機銃は弾幕を張って敵機が艦艇を攻撃するための最終進入を阻害することが出来ます、要するに命中精度を下げられます。なんでどっちもそろってるのがいいんです。
  8. ツリーを再び開放するってのはこれで良いのでないかと 最初はT10開放済みツリー2つでアクセス可能な予定だったのも考慮するとだいぶエンドコンテンツに調整された感が ツリーのリセットは、雪の結晶や現在の共和国トークンのなんかのような"一回遊べば終わり"よりも、再研究のほうが必然的に個別の艦艇に触れる時間も増え、各Tでのプレイ体験の増強には理にかなっている様に思います また、ツリーへの更なる理解を通じてプレイヤーのスキル増強にも繋がると思いますね T10まで開放したツリーが5つもあれば、そのうち一つをリセットしたとしても各T帯でのプレイ体験に不自由は少ないでしょうし、再研究の報奨の調節も含め初期案と比べてとても良くなったと思います
  9. 水上艦艇の対潜水艦戦闘と言えばソナーと、あと意外かも知れませんがレーダーも有効でして…… 対潜望鏡レーダーです、文字通り潜望鏡を探知して、潜望鏡深度であれば小口径の砲弾であっても対潜水艦弾薬での砲撃が通用するので、より積極的に潜水艦を排除できます。もちろん、レーダーは必須ではなくて目視でも発見できれば同じです 基本的にWW2当時の潜水艦の魚雷攻撃は潜望鏡で照準して行うので、攻撃体制に入る=反撃されるリスクがあるとなりますね あと対潜水艦戦闘では護衛駆逐艦/海防艦等の小型の艦艇が注目されがちですが、一応各国の大型艦艇(重巡洋艦、戦艦等)もASW装備(爆雷とその投下・散布装置)は持ってることには持ってました つまるところ水上艦vs潜水艦の戦闘に際して存外に潜水艦が不利過ぎるのでは? という印象が(あくまでも史実に基づいて実装するとですが) これ、実装されても過疎艦種になる予感しかしない
  10. クラン戦は団体競技、ランク戦は個人(?)競技、それぞれに全く方向性も戦術も異なるゲームモードを同時開催するのは賛同できません クラン戦を行うにあたって、戦術の研究や艦隊行動の訓練を行っているクランもありますし、社会人プレイヤーの中にはわずかな時間を見つけてWoWsのプレイに励む方もいらっしゃいます 他のトピックでも同様の発言をしましたが、多くの人々にとって時間は有限のリソースです 短期間に極度の集中を要するゲームモードを重複して開催するのは、プレイヤーへの負担が大きすぎます あまりにも過密なスケジュールは、それに追従できないプレイヤーにとってはゲームへの積極的な参加の実感を減退させます、これはゲームへの興味の低下や課金への躊躇い、最終的には他のゲームへの移行にもつながる話です あとトピックの話題からは逸れますが、そもそも(スプリントやクラン闘争も含めれば)ランク戦もクラン戦も開催頻度が高過ぎると思います それにかつてはハロウィンか四月馬鹿程度だった期間イベントも乱発し過ぎです プレイヤースキルはあくまでもランダム戦におけるツリー艦の研究とプレイ経験を通じて培われると考えております もっと多くのプレイヤーがランダム戦に集中出来るような対戦環境の整備や工夫が欲しいです
  11. 新規ユーザーがスタートダッシュできてしまうことに関しては問題の方が大きいと私は考えております というのも、このWoWsというゲームの複雑怪奇なシステムやゲームの力学を理解するには、実戦に則した有効なチュートリアルが無い現状において個々のプレイヤーの戦闘経験に頼らざるを得ない部分が非常に大きいためです 艦艇のティアに合わない戦闘経験の浅いプレイヤーが紛れ込んだチームはどうなるでしょうか? またそのような戦闘を経験した新規プレイヤーはこのゲームに対してどのような印象を抱くでしょうか? 彼のプレイヤーとチームを同じくしたプレイヤー達はツリー艦を課金購入できるパッケージに対してどのような印象を抱くでしょうか? つまり、新規プレイヤーにとっては「難しすぎて、長く遊べそうにない」或いは単純に「勝てないから楽しくない」、熟練プレイヤーには「ティアに見合わないチームメイトにゲームを潰されて不服である」という印象を与え、ゲームから離れてしまうきっかけを与えかねません 幾らかのプレイヤーは既に高ティアのプレミアム艦艇で同様の経験をなさってるのでは無いでしょうか? 上記のような状況が発生する懸念があるため、私はNTCの件を差し置いてもこのパッケージには断固として反対を突きつける次第です
  12. このパッケージの発表に強い怒りと失望を覚えました このツリー経験値ブースター付きのツリー艦本体パッケージはおそらくNTC実装を見越したNTCありきのパッケージだと考えざるを得ません 私は確かに時間という万人に平等なリソースを極端ゲームに配分せねばならないシステムに不満を申し上げましたが、最初から時間ではなくて直接的に金銭を要求していたと理解いたしました。それでもダブロンによるフリーEXPの利用などの方法もあったでしょう NTCの強化用トークンはプレミアム艦艇にも適用が可能で、このトークンを得るためにはツリー艦の再研究が必要となるため、このパッケージはゲーム内での優劣に大きく影響を与えます。何しろEXPそのものがブーストされるわけですから このパッケージによって一時的にユーザーの射幸心を煽り収益を大きく出すことは出来るでしょうが、いずれ早い段階で脱落するユーザーが急増することでしょう アクティブユーザー数の減少は加速します。断言いたします このパッケージの販売は普通にプレイしていたならば、各種の課金アイテムで収益に貢献していたはずのプレイヤーを永遠に手放すことになる悪采配です。 WoWsはこのような焼畑農業的な金策を行わなければならないほどに財政的に逼迫しているのでしょうか? それとも不採算のためにWGは持続的なゲーム運営をすでに放棄し、損切りに舵取りを行ったということでしょうか? 非常に残念でなりません。
  13. NTCの導入にただならぬ不安を感じます すでに意見表明されている諸兄が懸念されているように、プレイ時間によってゲーム内で享受できる恩恵の格差が拡大しすぎると、この先新規プレイヤーの参入に多大なる悪影響が生じるのは明白です。 また熟練者や古参のプレイヤーに対してもNTCは悪影響のあるシステムであるように思われます。なぜなら、すべてのプレイヤーがこのゲームに人生を捧げているわけでは無いからです。 学生や社会人として普通の生活を送りながら、余暇の時間にこのゲームを楽しんでいるプレイヤーだって多数居ることでしょう。 そのようなプレイヤー達が時間という真に回避しようのないリソースの不足がゲームプレイの覆し様のない優劣に直結する事態に直面すればどうなるでしょうか? おそらくは熟練者や古参のプレイヤーの中からもゲームに興味を無くす者が出てくるのでは無いでしょうか? ゲームは"勝てるかもしれない"から面白いのです。 NTCはプレイヤーの定着ではなく、新規プレイヤーの忌避感、熟練者や古参のプレイヤーのゲーム離れを加速させる不必要な要素です。どうか導入を断念されることを切に願います。
  14. 今回調整された対空戦闘システムは非常に好印象です 特に効果的な中・長距離対空防御が期待できない日本艦ツリーなどの艦艇がよく救済された印象です 前回までの航空母艦のダメージ効率は異常に高かったというのが率直な感想で、今回十分に適正化されたと思います
×