Jump to content

Atla_

Super Tester
  • Content Сount

    73
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    14827
  • Clan

    [JC]

Community Reputation

105 Respected

About Atla_

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

920 profile views
  1. 初めからそういう設定にされたマップ。という考えはすごく面白いかもしれません。 昔の北方のような晴天時に確定で発生する仕様もあったのでやろうと思えば…。 既存のマップで実装となるとそういった仕様前提の設計になっていないので再設計は必要かもしれないですね。 新規で小さめのマップにする。という手もアリ。(例:新マップ「バミューダ」) 副次的効果もあってもいいかもしれませんがそういった効果は特定の艦種や一部国家のツリーが好きな方から批判凄そうだから実装されないんじゃないかと…。
  2. 恐らく難しいのではないか、と思われます。 自分が所持していないプレミアム艦艇も導入可能になってしまうと、ゲーム内にデータはあるものの、 何らかの理由によって正式実装のされていない艦艇なども選択できてしまう可能性があるからです。 わかりやすい例を挙げるとすれば、未発売のプレミアム艦艇や削除された艦艇たちですね。 販売される直前に調整が入る事もある上、無い筈の艦艇を出すことによって他プレイヤーへの余計な混乱を与えてしまってはいけない。 というWGの考えなのかもしれません。
  3. TRBの独立化に反対です。 朝潮のみ魚雷装填ブースターが許されているのは、戦艦・空母にしか当てることができないため。と私は思っています。 通常では戦艦の前に巡洋艦、さらにその前に駆逐艦がいる。という陣形になっています。 その場合、隠蔽距離等を含めて考えると約13㎞~というやや遠距離からの攻撃になり、命中率がやや下がる形となります。 こうなってしまうと艦としての強みが死んでしまうため、数を増やすことで命中率が低くとも、期待値を上げる形になったのではないか?という事です。 ところが通常の日本駆逐艦にも与えてしまうと、前衛の駆逐艦や巡洋艦に対しても面制圧での攻撃が容易に行えるようになってしまいます。 良好な雷速と高火力の魚雷によってCAPエリア周辺や戦線を抑え込まれた場合、駆逐艦1隻での抑止力が過剰なものになる可能性があります。 ですが、日本駆逐艦に対しての強化が必要に思うのも事実です。 そこで、魚雷装填時間のbuffもしくは若干の魚雷被発見距離のbuffが適正であると思います。
  4. 残念ですがWGはプレミアム艦艇への弱体化を滅多に行う事はありません。 これは先行者・課金ユーザーへの一つの優遇措置ではないか。と私は思っています。それともただの無能なのか… 唯一救いがあるとすれば毎年の末に販売されるサンタコンテナの中から出てくる可能性がある事でしょうか…
  5. Atla_

    ゲームが落ちる

    一度[ゲーム設定]から[チェックと修復]を選択し、ゲームの整合性チェックをされることをお勧めします。 これをすることによってアップデート時に起こったファイルの欠損などを修復、インストールが行われ、クラッシュの原因を排除できる可能性があります。 また、それで解決できない場合はゲームの再インストールをされてみてはいかがでしょうか。 Ver.0.8.5になってから、という事ですのでPCスペックによる問題ではないようですし、アップデートでのエラーが発生した。と思われます。 これで解決しなかった場合はお手数ですが、masashik16氏の仰られたように、フォーラムへのご連絡をお願いします。
  6. 私も公式機能としての実装を望みます。 WGによって有用と判断されたModが実装された前例はあります。(煙幕範囲可視化、Fogremover等) これはわかりやすく効果的なModですので期待しています。
  7. バランス調整の結果ですのでそういう物。として受け入れるしかないでしょう。 戦艦にこれ以上の火力は過剰であると思います。 他国の戦艦にも軽巡洋艦と同様の砲が積まれていますが、それらが全て15㎞以遠から射撃が行われたら巡洋艦や駆逐艦はどう対応しろと言うのでしょうか? 巡洋艦や駆逐艦は発砲/被発見したら自身より圧倒的火力を一方的に叩き込まれる事になります。 そうなったら必ず遠距離戦での芋合戦が始まり、戦艦ばかりの戦場に早変わりすることになるでしょう。 そのような一強状態のゲームは多くのプレイヤーは望んでいないと思います。
  8. 現状のままで良いと思っています。 不動があると、例え実力不相応でも運が味方してしまえば高ランク帯に上がって来れてしまいます。 運も実力の内。と言われてしまえば身も蓋もないですが、立ち回りやAim力、連携を取る等の個人スキルよりも優先されるべきではないかと。 最近行われてきたランク戦スプリントは、カジュアル層やライト層でもランク1が達成可能な難易度に設定されていましたが、 今回のような通常のランク戦においては現状のシステムである方が、自分の純粋な強さの指標となりやすいのではないでしょうか。
  9. あってもいいと思いますね。面白そうです。 現在レーダーと水中調音による被発見アイコンは同じですが、レーダーを浴びている時のみに音が鳴るならば即座に区別がつきますので、それによって行動を変えることも出来ますね。 また、複数の方法による被発見をされている場合でも活用できそうです。 複数の手段で被発見されている場合には、通常発見>航空発見>レーダー/ソナー発見という優先度があります。 通常発見されたので煙幕を使用したが、実は通常発見されている最中にレーダーを使用されていたので被発見が切れなかった。という事例はかなりの方が経験されたことがあると思います。 そこで、アラートがあった場合は諦めて格闘戦へ移行もしくはレーダーの距離外へ逃走した後に煙幕使用のような行動を取りやすくなるので、無駄死にする確率も減らせるのではないでしょうか。 アラート音は1つだけだとその音が苦手だったり聞こえにくい人もいるでしょうから、複数から選択できるようにしてもいいかと思います。
  10. 確かに駆逐艦を多数所持していましたが、同型艦が大多数を占めていました。 そうなると特徴的な改修を施したが故のプレ艦は出やすいですが、第二ツリーとなると正直かなり難しいのではと思います。
  11. 私個人の考えとしては、成績・非表示に一切関係なく「消耗品や迷彩、初期HPの量」「最初にどういう行動をするか」で判断してます。 まず前者。迷彩無しや初期船体だった場合は残念ですがその時点で使い捨てる事を選択肢に入れて行動します。 対面にそのプレイヤーと同艦艇がいたと仮定しましょう。初期船体の場合はその時点でHPが大きく負けているので、後衛が同じくらいの量のダメージを与えたとしたらこちら側が先に落とされます。 そうなると敵側が先に後衛側に攻撃出来るわけです。ならそうならないよう丁重にカバーするべきでは?と思われるかもしれませんが、何で知らないやつの尻拭いをしなきゃならんのかって話になるんですよ。 他人のために自分が損をすることも構わないようなお人よしにはなる気はございません。 次に後者。これは単純に、初動で拠点の近くまで行って視界確保、もしくはCAPの確保を目的とする動きを見せたプレイヤーを援護します。理由は言わずもがなでしょう。 ですがそれぞれが同じ距離にいて異なるCAPへ向かった場合は、その後の展開を考えて援護する対象を選びます。 例えば砂漠の涙ですが、中央のBは膠着することが多く、また援護に入った場合左右から挟撃を貰いやすいためあまり行こうとは思えません。 AもしくはCの場合はこちらからの射線を通しやすく、挟撃されることも無いため少しですが深く援護に入る事も可能ですので、そちらの援護を優先します。
  12. 現在サーバーによる隠蔽などの性能の違いはテストサーバーを除きありません。 主がなぜそう感じたのかは状況や場面がわからないので不明ですが、 スキルや消耗品、艦艇の隠蔽値の違い等で見つかった可能性が高いと思われます。 未確認のバグの可能性もありますので、よければリプレイをこちらに貼っていただければ私が確認しますよ?
  13. 重巡洋艦を撃破することを目的に計画された大型巡洋艦が軽巡洋艦を圧倒することは、史実的にもシステム的にも自然な事だと思います。 そこをどうこうしようなんて土台無理なお話ですので、大巡に比べ軽巡が勝る点を生かしてあげて下さい。
  14. 答えは簡単です。 ・上位クランは積極的に活動し複数の分隊が動いていることが多い。 ・クラン戦はレート式になっていますので、上に行けば行くほど数は少なくなる。 ・そして連戦防止システムが機能したらどうなるか、これで材料が揃いました。 最上位にクランAとクランB、その下にC、D、…と続いたとしましょう。 まずAの分隊①とBの分隊①が対戦します。 そうしたら連戦防止システムが機能し、AとBはしばらくマッチングしなくなります。 Aの分隊②は同レートのクランにマッチングする相手がいなくなったので、下位のクランCと対戦し、同様の事がBとDでも行われました。 そうやって同格とのマッチングにあぶれた分隊が大量に発生するため、格下との戦闘が必然的に多くなるわけですね。 こういった問題はプレイヤーが少ないAsia特有の問題なので、改善は中々されないのではないかな…と一個人として思います。
  15. テスト中のイベントモード「逢魔時バトル」における、戦艦Leviathanの固有スキル「Infernal Accuracy」の効果があまりにも強すぎるため、変更もしくはクールタイム延長による弱体化をするべきかと思います。 主砲の散布を劇的に向上させる。と銘打ったこの効果ですが、砲弾全てが一点に収束、着弾する効果になります。 簡単に言うと、腹を見せている相手のVPへ全砲弾が直行します。 AP弾の単発最大ダメージが13100でそれが9門で計117900ダメージですね。HPが20万あるRasputinと過貫通バリアが適用される駆逐艦以外は理論上一撃で倒せます。(Rasputinですら二隻の一斉射でサヨナラです) 対抗手段を持っている艦は半数近くいますが、裏を返せば半数はその効果にあらがう術を持たずに対面する必要があります。 いくらなんでもちょっと強すぎますのでバランス調整をお願いしたく思います。
×