Jump to content

marimo_125

Member
  • Content Сount

    21
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    21122
  • Clan

    [SAST]

Community Reputation

34 Good

About marimo_125

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

454 profile views
  1. 私もあなたのように自分のことは棚に上げて都合の悪いことは一切触らない精神性を獲得できれば気持ちよく生きていけそうですね。
  2. 私としては1年前に貴方にもボールを投げたつもりでしたがね。 まぁどう受け取ろうが個人の自由なんですが、現状であなたの言葉に私の中では価値が無いんですよ。 自分は逃げるのに相手には糾弾する素晴らしい精神性をお持ちのようですしね。 CVでプレイするのに向いているのではないですか? まぁこれ以上は大人げないのでこの辺りにしておきます。 「ところでGolden_ratio_S氏はリワーク後のCVをAsiaサーバにおいてはランダム戦・coop戦で2019/5/17現在プレイしていないようですが、もしよろしければ一度ご自身でもプレイしてみてはいかがでしょうか? 今とはまた別の面白さをこのゲームに見出すことがあるかもしれませんし、駆逐艦と空母の両方の視点から新たなご意見をいただけるならば、このゲームをプレイする1ユーザーとしても今以上に有意義な結果を生むのではないかと考えます。 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。」 このメッセージからそろそろ1年になりますがあれからcoopで4戦プレイしていただけたようですね。 遅くなりましたが、この点については感謝いたします。
  3. 別にあなたの同意が欲しいわけではないのでお断りします。 別ゲの界隈で評判を聞いておりますので正直関わりたくありません。 どうしてもと仰るなら、あなたがすべてのCVでソロ30戦ずつプレイしていただけるならリアルの都合次第で検討します。
  4. CVに対する相互理解が足らんのではってのは多々感じることがあるね。 自分も新旧合わせて750戦程度しかCV触ってないnoobだけどさ。 戦績見るとここで書き込んでる人ってそのほとんどがまともにCV触ってないのよね。 まず議論の前に実地で触ってきてから書き込んだらどうよ。 別スレにも書いたけど、旧CV含めて全艦種触ってる身としては、凹んでる船の調整してあげればそれでいいんじゃないのって思ってる。
  5. その方が周囲からの納得を得られやすいのでは? 現状で新しい概念を加えてまでCV関連のシステムを大きく変更する必要性は無いように思える。 今くらいの環境が全艦種を触ってストレスを感じない。 CVの個別的な調整で済む問題じゃないかな。 同T帯で頭一つ凹んでるMidwayとGZには調整が必要だろうね。 Midwayは白龍と比べて約5k、GZは近い戦闘母数のSaipanと比べて7kのdmg差はちょっとマズいでしょ。
  6. サービス開始から4年で20万くらい課金してるけど1隻も当たっていない私みたいな人間もいるんで... 運次第で当たらないモノなんで、軽く考えた方が気楽なもんですよ。
  7. シーズン1のT5から始まりシーズン9でT8となるとステップアップとしては順当ではないでしょうか。 WG的には今後スプリントはT8までの艦で行い、通常のランク戦は主にT9またはT10で行われるそうです。 https://worldofwarships.asia/ja/news/general-news/ranked-seasons-and-sprints/ T8は鋼鉄や石炭でしか交換できない艦も存在しないので(間違っていたらごめんなさい)、現状そこそこ良いバランスが保たれているT帯だと思います。 神風やグレミャシチィー、ジュリオチェザーレばかりだったシーズン1・2はとてもじゃないですが初心者向けとは言えなかった気もしますし。 通常のランク戦との差別化についてですが、開催期間の大幅な短期間化かつランク1到達のための必要勝利数も減らされており、報酬に鋼鉄の有無も考えますと現状で十分ではないかと。
  8. marimo_125

    空母、まだ調整する?

    まぁもうユーザーがCV削除しろと言ったところで、実際にゲームから削除することは無理でしょうしねぇ...。 それなりの期間プレイを続けている1ユーザーとしては、今後も最大公約数的なところでいいのでバランス調整を随時続けてもらうようにお願いします。 100人が100人納得できる調整はPvPオンラインゲームでは無理でしょうし、あとは自分で環境にあった立ち回りを考えます。
  9. marimo_125

    Twitchミッションについて

    ちょっと気になったのでMissouriのパッチノートを確認してきました。 https://worldofwarships.asia/ja/news/announcements/ver-05_15_1-patchnotes/ クレジットの収益率が2倍及び修理・補給費用が半分と記載されていますが、迷彩以外のEXPに関する優遇については記載がないようです。 このパッチノートの公表も2年半以上前のものであるため、現在は設定に変更があるかもしれません。 (0.8.5へのアップデートの際公表された戦闘エコノミーについての調整には、Missouriは含まれていないようです。) もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご記載いただければ幸いです。
  10. marimo_125

    Twitchミッションについて

    9隻撃沈で2800にギリギリ届かないようなスコア計算設定ならちょっと緩和したほうが良いんじゃないかと思っていました。 しかし私も挑戦してみたのですが、結果としては2隻撃沈と11機撃墜程度で3100を超えられたので、WGが持つ統計データ的にも2750という設定が今回のミッション報酬として妥当ということなんでしょうかね? 与えたダメージは168000にギリギリ届かない程度でした。 このくらいならば意外と獲得できる可能性が高そうなので、皆様も挑戦してみてはいかがでしょうか。
  11. 表題についてご意見をお聞きしたく思います。 アップグレードスロット5につきまして、現在は隠蔽システム改良1・目標捕捉装置改良1・操舵装置改良3からの選択制になっています。 個人的にこの3択の中では、隠蔽システム改良を選択することがほとんどです。 プレイスタイルによっては異なるでしょうが皆さんはどうでしょう。 そしてこの隠蔽システム改良1の効果が、T9,T8とT7,T6のユニット単位での戦力格差を大きなものにしているのではないでしょうか。 ①隠蔽システム改良1から被発見距離マイナス効果を削除し、散布界拡大効果のみを残す ②隠蔽システム改良1それ自体をなくしてしまう ③現状を維持する 私は①の変更を実施することによって、ゲーム内での多様性とT9,T8とT7,T6の戦力差を小さくすることが出来るのではないかと考えました。 よろしければ皆様のご意見をお聞かせください。
  12. 戦術の議論になりつつあるように思うし、私も個人的に考える被発見システムについての意見は提示したので返信はこれで最後にさせていただきます。 ランダムに選出された最大11人のチームメイトと共に勝利を目指すゲームデザインなのに、大前提がこれでは正直お話しする内容に困ります。 駆逐艦の奇襲によって大きなチャンスを生むことはわかりますが、それが唯一の一発逆転のチャンスという主張には首をかしげざるを得ません。 最近の特に高Tier戦場においては、多くのプレイヤーがクロスファイアの実行を目的としたポジション取りをしているように見受けられます。 防衛が少数側の場合でも、防衛側の方が平均Tierが高いパターンや地形を上手く利用して攻撃側をさばき、防衛戦を成功させている展開は皆さんも見たことがあるのではないでしょうか。 継続スポットや魚雷によって圧力をかける駆逐艦、砲戦する巡洋艦・戦艦の連携が要求される展開ではありますが、駆逐艦が非常に高いリスクを支払って単独行動からのスーパープレイを行うよりも現実的かつ日常的に見る光景かと思います。 状況によって戦術的戦線縮小は日常的ですし、その際駆逐艦が殿を務めるにしろ孤立する必要はなく、後退の際に駆逐艦からの追撃側に対する魚雷攻撃は大きなプレッシャーを相手に与える要因ではないでしょうか。 後退中に追撃側に魚雷が命中し、そのユニットが一斉に集中攻撃されて撃沈されるのもよく見る光景ですね。 そんな展開をGolden_ratio_S氏は面白いと感じている駆逐は居ないと仰られていますが、私は面白いと感じているので居ないというのは氏による勝手な決めつけに他ならないかと思われます。 どこからか突然魚雷が迫ってくることは駆逐艦の強みであることは当然私も同意しますが、それが全く別方向からという点にイコールではつながりません。 安全性が確保されない状況で危険度の高い領域に踏み込み多大なリスクを支払ってまでして、単独で孤立して全く別の方向に展開する必要性に疑問を持っている・持っていないという点が私たちの立場の違いでしょうか。 単独行動からのスーパープレイをしたいのではなく、基本的には各ユニットの連携した瞬間的な動きを楽しむのが私のプレイ観ですね。 自分1人のスーパープレイをしたい時は、別モード、または別のゲームをプレイしている方が楽しいしもっと簡単に楽しめると思っています。 話を主題に戻しますが、駆逐艦が単独行動を行いたいがゆえに空母艦載機に被発見システムを手放せというのは、私が思うには割に合わないんですよね。 この文章を書いている最中にsinzaki氏からも意見を出して頂いたようですが、被発見システムを適応外とするならば各艦の航空発見距離を現状から増大させることは当然空母でもプレイする私としては要求します。 今のシステムから被発見システムを適用外とすると、何の情報もなくいきなり高対空艦のAA圏に飛び込むのですから、安全距離は当然に必要でしょう。 特にT8以上の空母をプレイされている方は、ネプチューンやマイノーターなど高い対空能力を持つユニットの空母視点での脅威はよく認識されていることでしょう。 高Tierの空母をまだ経験されていないGolden_ratio_S氏は今はまだわからないかもしれませんが...。 そして航空発見距離が増大した場合、特に高Tierにおいては巡洋艦の負担も跳ね上がるのではないでしょうか。 戦艦の打撃力がTierが上がるにつれてどんどん増加していき、さらに最近では長射程高威力の主砲を持つ大型巡洋艦も登場しており、今以上にシビアな操艦を要求されることになるでしょう。 自分が巡洋艦でプレイする際のことを考えるとご遠慮したいですね。 そこまでして被発見システムをなくすことに価値がありますか? その点を考慮し、現状のver0.8.3現在のシステム周りがまぁベターであろうというのが私の認識です。 ここまで目を通して頂いた皆様へ、深く感謝を申し上げます。
  13. これらの巡洋艦に対してDDの単独行動によるスポットが必要という点に同意することは難しいです。 何故単独での行動にこだわられるのでしょう? 味方にpushするようチャットで要請し、味方ユニットと協力して相手チームの対空の高い艦にプレッシャーをかけるといった行動の方が、リスクの面から見てはるかにベターな選択肢であると思うのですが...。 味方の別ユニットによって航空機が発見されたと、相手空母の被発見表示をごまかすことも同時に可能だと思います。 スポットにおいて巡洋艦や戦艦に依存することが少ないかもしれませんが、レーダーを持っていたり一部のスピードが速い巡洋艦・戦艦は航空機によるスポットが難しい相手チームの対空艦に対して発見距離内に距離を詰めることも可能かと。 実際にそういった場面を見た・体験したこともあります。 これは空母にはまず不可能な選択肢であり、依存が分散されることが決してないとは私は考えていません。 空母も保有艦載機数の限界があり、勝ちに貢献するためにも的確にリソースを振り分ける決定を裏付ける情報が多いことは非常に助かります。 ほぼ直接的に方位がわかる無線探知の効果を失ったのは妥当だろうと思いますが、被発見システムも適用させないというならば駆逐艦をはじめ各艦種の水上発見距離の増加くらいは頂きたいですね。 一発逆転の要素は、ゲームとしての面白さを彩る重要な要素であることは同意します。 しかし同時にそれはDDの単独行動が要求されるというものでもないと思います。 たとえ盤面が不利であったとしても、駆逐艦・巡洋艦・戦艦・空母がそれぞれができないことを協力して行うことが、私が考えるこのゲームの理想的な展開であり、勝利できた際には一番嬉しいと思える展開です。 ここまでのGolden_ratio_S氏の主張からすると受け入れ難いかもしれませんが、私としてはリワーク前以上に面白いゲームになったと感じているところです。 ところでGolden_ratio_S氏はリワーク後のCVをAsiaサーバにおいてはランダム戦・coop戦で2019/5/17現在プレイしていないようですが、もしよろしければ一度ご自身でもプレイしてみてはいかがでしょうか? 今とはまた別の面白さをこのゲームに見出すことがあるかもしれませんし、駆逐艦と空母の両方の視点から新たなご意見をいただけるならば、このゲームをプレイする1ユーザーとしても今以上に有意義な結果を生むのではないかと考えます。 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
  14. 艦載機の被発見アイコン削除には反対です。 艦載機視点からの無線方向探知除外はまぁこれは仕方がないかなと思いましたが、被発見アイコンまで適応除外にするのはやり過ぎだろうと思います。 艦載機が有限である以上、CV側としても自身が操作する艦載機が発見されているかどうかは、偵察コースの選定の際とても重要度の高い情報です。 リワーク後から主にT8のCVの操作にチャレンジするようになりましたが、システム周りについてはver0.8.3の仕様で問題ないと感じています。 今後は火力面での細かい調整と、1試合あたりのCV参加数を減らす変更の方が必要でしょう。 正直な感想を申しますと、高Tierにおいてはリワーク前と比較してDDに依存する展開が減少し、これはこれで面白い環境になっているなと思い始めています。
  15. ツリー艦の陽炎を、準同型のプレミアム艦が性能で目に見えて上回ることは、あくまで避けるべきではないかと考えます。 建前上PayToWinが否定されているゲームであり、プレミアムユニットはツリーよりクセが強く、尖っていて扱いが難しいユニットであるという設定が当初の方針ではなかったでしょうか。 現環境で雪風の扱いが難しいことは否定しませんが、実装直後のユニットを上方修正するにはまだ時期尚早ではないかと考えます。 実装直後に少々不安視されていた朝潮が、今でも多くのプレイヤーが使用し結果を出していることを見るに、環境の変化や運用者の熟達による推移をもう少し見守べきであると考えます。 あと個人的な感想ではありますが、T8でF3魚雷を扱えるという特徴について、購入した1ユーザー的にはそれなりに楽しめています。
×