Jump to content

Grace_B7A

Member
  • Content Сount

    133
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    8988
  • Clan

    [DRNK]

Community Reputation

116 Respected

1 Follower

About Grace_B7A

  • Rank
    Lieutenant
  • Insignia
    [DRNK]

Recent Profile Visitors

543 profile views
  1. Grace_B7A

    Graf Zeppelinについて

    そもそも、今の航空兵装のダメージ比率がおかしいんですよ。 HE爆弾、ロケットはもっと威力が低いはずで、逆に魚雷とAP爆弾はもっと高いはずです。 GZの場合、500kg徹甲爆弾ですのでだいたい32㎝砲に相当するはず(ケーニヒ級の30.5㎝で砲弾重量405㎏)なので最大ダメージが9000~10000程度あってもおかしくないはずです。
  2. そもそも、2か所浸水するほど被雷することのほうが少ないんですよ。 それゆえに、応急工作班のクールタイム中に被雷したとしても深刻な浸水ダメージを受けることがないため、差別化しようというわけです。
  3. いい提案だと思います。システム上では0秒であっても、人間が操作するものですから、実際には2〜3秒ちかくかかるので、短すぎるということは無いはずです。 ついでに、指向した側の爆発数を増やしたり(当然、反対舷は同数減らすものとします)して、効果が実感しやすくなると、積極的な防衛ができていいと思います。
  4. シンプルに継続時間をいじるだけでいいと思います。 航空魚雷:30秒 艦載魚雷:50秒 or 60秒
  5. 空母艦載機の巡航速度をアメリカ・イギリスで30~40knot、日本・ドイツで40~50knot上げることを提案します。 その代わりに、空母は攻撃毎(開始時も含む)にリロードを15秒程度設けるとし、可能であれば燃料の概念も追加し、行動時間を制限するものとします。 理由は、今回のアップデートにてブースターのナーフがされましたが、この変更は航空母艦の攻撃をより対空の低い艦艇に集中させるものとし、改悪といっても差し支えないほどです。 巡航速度を上げることによって、航空母艦の攻撃タイミングはよりシビアなものとなります。そのうえ、駆逐艦のスポットに関しても巡航速度が速くなることによって姿を視認する時間そのものを短くすることができます。
  6. 見えない艦艇から対空攻撃を受けることになり、航空母艦が著しく不利になるので反対です。また、本トピックの主題はあくまでも艦載機の行動時間に何らかの制限を加えることなので、スポット能力に関する提案は他の専門トピックにて行ってください。
  7. やや複雑になりますが時間で制限するのでなく、消費量で制限するのはどうでしょうか? 例えば飛行中隊に燃料ゲージ300を設定し、巡航状態では毎秒1消費、エンブ状態で戦闘機は2、雷撃機と爆撃機は3消費とか。 これにならってブースト消費量を書くと イギリス・アメリカ ロケット攻撃機:2 雷撃機・爆撃機:3 日本 ロケット攻撃機:2.5 雷撃機・爆撃機:3.5 ドイツ ロケット攻撃機:3 雷撃機・爆撃機:4 (燃料ゲージ量は300で統一、ブースト加速度は上記の表に準拠)
  8. むしろ、日本とドイツはブーストが速い分短くするべきでは?ブーストと航続時間ともに長いのは日本贔屓と言われてしまうでしょう。 イギリス・アメリカ ロケット攻撃機:3分 雷撃機・急降下爆撃機:2分30秒 日本 ブースト加速+45knot ロケット攻撃機:2分45秒 雷撃機・急降下爆撃機:2分15秒 ドイツ ブースト加速+60knot ロケット攻撃機:2分30秒 雷撃機・急降下爆撃機:2分
  9. Grace_B7A

    対空消耗品の調整

    これに関して議論で結論を出すのは難しいと考えてます。 少し話は逸れますが、ある程度艦艇や消耗品の能力のパラメータをいじってテストできるモードがほしいなと。トレーニングモードと一緒にしてもかまわないと思います。 艦艇の対空力がどのくらい上がって、どのくらい侵入が難しくなったのかというのは数値でも出るのですが実感として得るには実際にやってみるほかないと思います。 考えた前提として、駆逐艦のそもそもの対空が低すぎて空母に対しほとんど抵抗できない現状があり、キッドのような対空防御砲火があれば一定の効果が示せるということがあります。 爆発数を増やす効果も盛り込もうかと思ったのですが、無い駆逐艦もあるのでもう少し考えてみます。
  10. Grace_B7A

    対空消耗品の調整

    いえ、末尾に記載してあるとおり「カタパルトを搭載していない」艦艇ですので、すでに戦闘機を所有しているT7以降の戦艦は除きます。 具体的には、T4~T6戦艦に戦闘機を追加。T6以降の駆逐艦全般に対空防御砲火を追加という形になると思います。 そのほか、モロトフに戦闘機追加。ヴァンガードに対空防御砲火の追加といった感じに、プレミアム艦艇で消耗品が特殊になっているものも対象とします。
  11. 現在の仕様の空母戦においては、航空母艦よりも集団防空が重視されており、自衛努力が必要となされています。 それであるのに、一部の艦艇は対空用の消耗品が搭載されてすらいません。これではおかしいのではないかということで本提案です。 ・戦闘機/哨戒戦闘機 個数を一律で(5/6)個まで増加。機数は据え置き。動作時間を90秒、準備時間を(90/60)秒。(航空母艦に付随するものも含む) アクション半径をTire7まで3.5㎞、Tire8以降4kmとする。哨戒戦闘機の場合は、全ティアとも4㎞で統一。 カタパルトを搭載している全艦艇に搭載。 ・対空防御砲火 個数は戦闘機と統一、動作時間60秒、準備時間(90/135)秒。 効果は戦艦及び巡洋艦では対空兵装の秒間ダメージ、中・長距離対空兵装の爆発半径内の秒間ダメージともに+100%。 駆逐艦ではアメリカ、イギリス、ソ連は+250%。それ以外の国家は+200%。 カタパルトを搭載していないTire6以降の艦艇に搭載。 また、本提案実装にあたっては航空母艦の攻撃力のバフや、急降下爆撃機の集弾率を一部調整したりして、攻撃を通しにくくするかわりに一撃の重みを少し上げるといった具合にすべきだと思います。
  12. これの内容を詳しく伺いたいです。
  13. https://nico.ms/sm30824363 こんな感じですか?
  14. 南雲忠一中将とかどうでしょうかね? あの人、ゲームに関するフィードバック及びご提案では否定されていましたが、実を言うと水雷屋なんです
×