Jump to content

swotshot

Member
  • Content Сount

    10
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    15189
  • Clan

    [MCR]

Community Reputation

13 Neutral

About swotshot

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

175 profile views
  1. オレゴンシティ級重巡が欲しいです。 ボルチモア級の優秀な設計と合理的なレイアウトを踏襲しつつ、後のデモイン級のように煙突を1本に纏めるなど洗練された姿が魅力的です。 ウィチタやボルチモアのようにtier8での実装も良いですが、個人的にはtier9だった頃のボルチモアも好きで乗っていたので、ツリー艦のバッファローとはまた違う性格の米重巡として実装されたら尚嬉しいところですね。
  2. NTCの導入には反対です。 NTCによる艦艇強化の効果を見るに、強化したものとしていないものとではtier一つ以上の性能差が生まれます。未強化の艦と強化済の艦が戦うことがあれば、ニューオリンズとデモインが同じ土俵で戦う様なものです。 その様なマッチングは公平のために除外された筈ですが、NTCの導入はそれらフェアプレイの精神に逆向しています。本タイトルは競技性の高いゲームであり、それ故にフェアプレイ精神が求められる筈です。しかしNTCの導入があったならば、その理念の一切は瓦解します。 サッカーで例えるならば「沢山練習したチームはゴールキーパーを二人出せる」と言っている様なものです。私はNTCの導入によるフェアプレイの崩壊を大いに懸念し、反対の意見を表します。
  3. 今回の調整は適切であると思います。 元の仕様では空母が明らかな優位を確立していました。駆逐艦に痛打を与える手数、重装甲の戦艦ですら到底防ぎきれない火力、高対空の巡洋艦ですら消耗品の効果時間を待てば対抗できる後出しの優位、更には無制限の射程を作り出し敵艦の側面をいとも容易く突く機動力に加え、索敵すらも可能でした。 詰まる所、他の艦種に比して制限があまりに少な過ぎます。他の艦種は火力、抗堪、機動、隠蔽など、あらゆる諸元をトレードオフするように長所と短所を持ち併せているにも関わらずです。 ですので、今回の対空システムの調整は空母の適切な弱点の一つとして適切であると考えます。
  4.  個人的な意見としまして、あくまでも巡洋艦・戦艦への適用は慎重でありたいと考えます。  ここで主な焦点となるのは極めて優れた対空火力を持つ米英巡洋艦、及び比較的対空火力に乏しい日巡洋艦であると考えます。  個人的な見解として米英巡洋艦は高い弾道の主砲を持ち、地形を活かした定点的な戦法に向きます。対する日巡洋艦は優れた機動力を生かし、広い洋上において威力の高い榴弾や魚雷による奇襲戦法を得意とします。  そこに機動による隠蔽性の変化を導入するに際し、果たして適切な調整が行えるであろうかという懸念があります。もちろん、その効果に差異を設けることでバランスを保とうという事は納得のできる意図です。  しかしながら、空母と防空巡洋艦との関係性は極めてデリケートな問題であると認識します。個人的な意見としましては、確かに日巡洋艦の現状に思うところはあります。ですが裏を返せばその問題は個別に航空発見距離にbuffを加えるなど、別のアプローチで解決できるものであるとも考えております。  故に、個人的な意見としましては駆逐艦以外への適用は慎重な姿勢を示させていただきます。
  5.  大変に良案であると思います。  自身の発案はあくまでも公平性を追求したものでしたが、反面にシステムの複雑冗長化を招く恐れがありました。  その点、高速時と低速時の2値による隠蔽性の変化は遍くプレイヤーにとって非常に理解しやすい仕様であると思います。  また、巡洋艦への適用は隠蔽強化までのタイムラグを前提としていた節があります。システムの簡便さを維持するにあたってはこれを設けない以上、巡洋艦への適用は慎重(或いは適用しない)である必要があると考えます。
  6.  貴重な意見をありがとうございます。  ご懸念はもっともです。本タイトルにおいて隠蔽のシステムは最も複雑なシステムの一つです。その冗長化にそもそもプレイヤー側がついていけなくなる事態は十分に考えられます。  そこで是非とも建設的なご意見を頂戴したいのですが、もしも本案件を実装するとして、許容できる範囲をざっくりとで構いませんのでお教えいただけないでしょうか。  例えば、直感的に理解できるほど単純なシステムに落ち着かせる、或いは実用上は使用してもしなくても結果は大して変わらない程度の効果に落ち着かせるなどが考えられますが。
  7. 具体的な数値を少々考えてみました。 駆逐艦(消失5秒)→FULL:+10%、3/4:±0%、2/4:-10%、1/4〜後進:-20% 巡洋艦(消失10秒)→FULL〜3/4:+10%、2/4:±0%、1/4〜後進:-10% 戦艦・空母(消失15秒)→巡洋艦と同様  個人的な意見としましては転舵による減速等を考慮すると概ね3/4速を基準として、高速域での隠蔽性の悪化と、反面短めの航跡消失所要時間を考えております。  こちらの数値は賛否が分かれると思います。是非とも広いご意見をお寄せください。また、数値の根拠も併せてお寄せ頂けると幸いです。
  8.  具体的な数値の提案をありがとうございます。  しかしながら、停止時の航空発見距離を-50%となると高い隠蔽性を持つ駆逐艦の航空発見距離は1.5km以下となります。この場合、過剰な隠蔽性を与える事となり、賛同はしかねます。最低でも2km程度の航空発見距離は公平性のために確保されるべきであると考えます。  併せて、「航跡消失所要時間」を提案します。艦の隠蔽性をその時の速力のみによって強化した場合、隠蔽性に優れかつ機動力の高い駆逐艦にとって有利となり過ぎる可能性があります。  そのため、減速した艦艇が隠蔽性を強化するまでのタイムラグを設けます。これを仮に「航跡消失所要時間」とします。これによって駆逐艦側はよりシビアな操艦を求められます。しかしながら、これは空母と駆逐艦の駆け引きによるゲーム性の向上につながると考えます。  また、これは防空巡洋艦と空母の関係性にも影響を及ぼすと考えます。防空巡洋艦による艦載機の一方的撃墜はご懸念の通りであると同意します。そこで、巡洋艦や戦艦など中・大型艦に、より長い航跡消失所要時間を設定する事で、艦載機は大胆に機動する巡洋艦を対空射程外から視認できるようにします。これにより空母側はこのような「攻撃的防空」を目的とする巡洋艦から艦載機を守る事が出来ます。  逆にそれら防空巡洋艦は対空火力を有効利用するには攻撃的機動を抑え、航空発見距離を抑える必要があります。これは対空火力はあくまでも「防御兵装」であるという事実にも適うと考えます。
  9.  昨今の空母刷新以来、空母の索敵能力についてしばしば問題が上がります。  航空機は他の水上艦とは隔絶した機動性を持ち合わせており、その追撃や索敵から逃れる事は極めて困難です。故に隠蔽性を長所とした艦艇…駆逐艦や一部巡洋艦を主に利用するプレイヤーにとっては、空母の能力は大きな不満となります。特に日本巡洋艦の多くは高い隠蔽性を強みとしていますが、その対空火力の低さ故に艦載機に狙われてしまいがちです。無論、艦載機に狙われた場合は隠蔽性を生かすどころではなく、これは一つのジレンマと言えます。  それら不満を解消するには空母の偵察から逃れる術が必要となりますが、それを単に空母の能力を引き下げる、或いは刷新前の水上艦のような理不尽な程の対空火力を持たせる事で解消したのでは根本的な解決にはなりません。それにより空母側に不満が生まれるのは明白だからです。  現に空母艦載機による戦闘への介入はあくまでも個艦に対するものであり、もし複数の艦艇が一つの中隊によって発見されたとしても、それは他の水上艦でも出来ることではあります。何より艦載機によって大きな戦果を出すことは簡単なものではなく、それはある程度のプレイヤースキルが伴わなければ難しい事です。  故に、隠蔽性の高い艦が生き残る術もまた、ある程度以上のプレイヤースキルが必要とされるものでなければなりません。そこで、水上艦の速度(又はそれによって生まれる航跡)によって変化する航空発見距離を提案します。  史実においても、航空偵察による艦艇の発見は船体ではなく、その艦艇が生み出すウェーキ(航跡)であることがしばしばありました。それに倣い、例えば敵空母の艦載機の接近を察知した駆逐艦は速度を落とし、ウェーキを消します。すると航空発見距離が短縮され、運が良ければその艦は難を逃れる事ができます。これは広い視野と機敏な判断力を有する艦長だけが許されるテクニックとなるでしょう。  しかし、これによる隠蔽性の強化が空母による攻撃を不可能にするほどのものであってはなりません。現に空母を主に利用するプレイヤーからは一部駆逐艦の隠蔽が良すぎるために攻撃が極めて困難であるとの意見もあります。あくまでフェアな海戦とするため、場合によってはウェーキを消さない場合の隠蔽性を逆に悪化させる必要もあるでしょう。  具体的な数値についてはテストサーバーにおける実証を重ねるしかないと考えます。しかしながら、隠蔽性に頼るところの大きい艦はプレイヤースキルによって空襲をやり過ごして静粛と隠蔽を保ち、空母は優れたプレイヤースキルと勘によってそれらを攻撃できる、そんなフェアな環境を強く望み、提案とさせていただきます。
×