Jump to content

inocentbullet

Member
  • Content Сount

    482
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    12254
  • Clan

    [DRNK]

4 Followers

About inocentbullet

  • Rank
    Lieutenant Commander
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Not Telling

Recent Profile Visitors

1,757 profile views
  1. inocentbullet

    航空母艦の現在の仕様について

    自ら攻撃対象を能動的にスポットできる分、そういったことが非常にしにくい艦艇郡(主に巡洋艦や戦艦)と比較しそれらと同等以上にあるべきではないかと思います。 スポットの力に関して駆逐艦とはまた毛色の違う方法なので、そこを加味しても駆逐艦と同等前後~駆逐艦より少々上かつ巡洋や戦艦よりは目に見えて下という間くらいが良いのではないか、と思います。
  2. 結論から言って非常に難しいかと思います。 撃沈まで行く/行かないにより多少は変わりますが、空母刷新で航空機が補充されるようになった理由の1つに制空力差から早期に空母が箱になり「生存していながらできることがなくなることを防ぐ」というのがあったかと思います(※ログを漁ったわけではないので勘違いかもしれませんが) よって撃沈に至る/至らない関係なく、実装したところで対空により空母を削り削った空母を空母で狩る(撃沈まで至るのであれば対空で仕留めきる)という事態が起こることが想定されます。 旧空母と比較すれば影響力は確かに刷新後下がりました。 しかしながら、それでも他の水上艦と比較し未だに空母の影響力は非常に高いです。 刷新後の空母でありながら、旧空母の悪い点(空母の腕の差による影響力の非常に大きな偏り)を発生させてしまうのではないでしょうか?
  3. 脱線が多いという意味では賛成しますが、 情報量が多くて伝わらないのは①「読み取る能力の圧倒的な不足」か②「そもそも読む気がない(≒議論に参加する気がない)」です。 前者はそもそも他の方が指摘しているように「発言に対しまとめる能力」との対比であってもなくても変わらない(どちらを排除するかの択でしかない) ともなれば後者に焦点を当てるべきだと思いますが、情報量が多くて伝わらない人がどうして少ない情報量で伝わるでしょうか? 「理解した気」になれるだけです。
  4. 基本的には反対です。 文字数・投稿数を強制的に制限することは、必然的に現在の仕様と比較し端折る必要が出てくることになります。 不充分な話では要らぬ誤解も招くでしょう。 ヒートアップすればトピ主の思惑とは別に、個人攻撃に発展することすらあるかと思います。 簡潔にまとめることは大事かと思いますが、それと同様に誤解の少ない発言というのも大事なのではないでしょうか 少なくとも私ごとき読解力では現状であっても真意を測りかねない状況が多々あり、複数回のやり取りをしてその意図を見定めようとするケースが往々にしてあります。 無論文字数の制限や投稿数の制限がされたら、おそらく真意を測れないままに話すことが増えるかと思います。
  5. 1戦中に使用できるユニット数は以前同様制限があるんですけどね 白竜であれば14/24/18の56に補充が82/78/76なので20分フル戦闘でも1200秒なので最大で14/15/15で補充が44なので基本の最大が約100ユニット 20分フル戦闘時に於いて、制空権で補充スピードを上げるなど何もしなければ以前と同じくらいという感じでしょうか しかしながら刷新後から対空射程延長系のUGスキルが消え対空圏が狭まったことや、帰投方法の変更により復路に関して考えなくて良くなったこと 航空発見距離のテコ入れで巡洋艦以上は対空射程より航空発見距離のほうが長くなったことなどの変更から以前にも増して航空機をロストする機会が圧倒的に減りました。 この辺りがノーリスクに感じる理由ではないでしょうか? 少なくとも自分も 艦載機数という縛りに対して火力と索敵能力の両立であるならば、リスク面、攻撃成功率面に於ける差異は与えるべきではないと思います。 航空機数という制約がリスク・成功率に対するものであるならば、やはり火力と索敵の両立はやはりもたせるべきではないと思います。 この前提をどうにかしない限りは空母は”チーム形式のオンライン対戦ゲームに於いて1ユニットとしての能力が他のユニットを上回るユニット”としてあり続け、 バランスが崩れる原因になり続けると思います。
  6. そもそも駆逐がリスク高いな(レーダー艦いるな)って思う場所と空母が航空機送りたくないな(強対空艦いるな)って思うところがレーダー艦が対空高いの多すぎてほぼ合致してしまう不具合()
  7. 艦種自体にある程度方向性をもたせた調整をしていること、そしてその方向性をもったスペック上ある程度役割が定まっていることから その艦種に即した役割を教えるという意味でいいアイディアだと思います。 どのような表示やチュートリアルを想定しているのか定かではないですが、艦種だけでなく国や個艦の情報を少し入れて頂き、 例えばパンアジア駆逐であれば「魚雷が駆逐艦には当たらない」ということなども載せられたらよりベターかと思います。
  8. inocentbullet

    デアリングの弱体化案

    「私のプレイにまったく即した意見」、これが「個人の主観でしかない感想(個人の主観にしか基づいていない感想)」でなくてなんだって言うんですかね? 既に高い戦果を上げている艦艇をバフして起こる変化が上がる以外に何があるのか… 今まで同様の運用が出来るということは現状の数値から下がりはしない、そしてバフされた分だけ上がるでしょうよ。 一時的にバフされた部分に振り回されたり新しい動きの考察がされたりした下がる可能性はあるでしょうが。 まぁ「ぼくのかんがえたさいきょうのぐんかん」目指して感想投稿頑張ってください
  9. inocentbullet

    デアリングの弱体化案

    そもそも起点となっているものが「あなたの感想」なので、その感想が合ってなければ辻褄は絶対に合いません。 この話では起点となっているのが勝率やキルデス等の数値が(おそらく同艦種である他国駆逐艦と比較して)高いという事実 そしてその事実から「デアリングは強すぎるのではないか」という推測が出来ます。 その推測をもとにデアリングを取り巻く環境などの外的要因及びデアリング自体が保有する消耗品やスペックなどの内的要因に焦点を当て話をしています。 仮に連携必須の単艦では雑魚艦だったとして、勝率に差が発生している現状では、”「分隊を組むことにより凶悪なシナジーを発揮する艦艇」が存在する(例:空母+対空艦など)”あるいは ”味方に要求する「連携」の難易度が他の駆逐艦より大幅に低い”などの理由が考えられるのではないでしょうか? デアリングの煙幕の仕様上残留時間が短く再使用までの時間も短い。そして回数が多いという特性を有しており、他国駆逐との砲戦に於いて他国駆逐が「味方艦に一緒に攻撃して欲しいという連携を求めている部分」に於いてデアリングは「味方が相手駆逐の発砲ペナルティ圏内に存在し、捕捉している」だけで、特徴的な煙幕の性能と相まって比較的安全にダメージを出せるためダメージレース優位の取りやすさがある。 簡潔に言うとデアリングの強みはここであり、先程の例で言うところの後者に当たると考えています。 そして、他のステータスはその強みを活かすために存在していると言っても過言ではないほどシナジーの高さを誇り、また刷新による環境変化に伴う環境とのシナジーも高いです。(数による制約の動きにくさは空母でご存知かと思います。他国駆逐の煙幕の回数より多くの回数を持つということはそれだけ一時避難として使うという選択肢が発生します) なお、トピ主はトピ立てした時点でこの段階の話をしているので、”「遭遇して砲撃してきて、こちらが砲撃したら相手は煙幕使って一方的に撃たれての繰り返し、魚雷もソナーによりほとんど回避され、次に会うときにはある程度回復されている」”という発言に至っているかと思われます。 艦のスペックに合わない運用をするのもプレイヤーの勝手です。しかし艦のスペックに合う運用をした場合に於いて(他艦より)容易に結果を出しているということもまた事実なのです。
  10. inocentbullet

    デアリングの弱体化案

    あなた個人がデアリングが弱いと感じるのは自由です。 例えOPと呼ばれるような強艦に対し弱いと感想を抱いても構いませんし、苦行艦などと呼ばれるような弱艦に対し強いという感想を抱いても構いません。 ただそれをもとにバランスを語るのがおかしいのです。 仮にあなたの言う突出した性能がないから強くないという発言に対し、それが真であるとして 「なぜデアリングの勝率が高いのか」という部分がない限り、辻褄が合わないですよ。 この辺はナーフの必要性が(少なくとも今は)ないと言っている_ethanol_氏は新実装艦のためフリーで飛ばせるか早く進められる腕のあるプレイヤーが触っているのではないかという考察のもと発言されていますが。 「強くない艦艇」が「勝率が高い」という矛盾、「キルデス比が良好である」矛盾、「1戦に於ける平均撃沈数が高い」矛盾 どこに辻褄が合う要素があるのでしょうか? それが外的要因であれ、内的要因であれ何かしらの原因があっての数字です。
  11. inocentbullet

    デアリングの弱体化案

    私も現実のゲームプレイに於いて、データもなくバランス調整をすることが夢物語と言っているのですが? あなたは、どのように、個人の感想レベルからバランスを調整する方法論を展開するおつもりですか?と聞いています。 一個人が知っていることは一個人が知っていることに限られます。 各々が自分が感じたままに喚き散らして、どのようにバランスを取るおつもりですか? 例えばOP艦として名高いベルファストに対して一個人が「減速が遅くて煙幕持ってても隠れられないしペラいわ回復ないわVP配置が悪いわで雑魚艦」という感想をもったとします。 もちろん個人の戦い方を尊重するあなたは理解を示し、データを参考にせず個人の感想を重視するあなたはバフしようと声高々に言いますよね? どこかの大富豪だろうが、一介のサラリーマンだろうが、暇を持て余してる学生だろう、あるいはニートだろうがこのゲームではたかが1プレイヤーでしかないですよ。 まさか自分の意見(主観)はまかり通って他のプレイヤーの意見(主観)は通らない、自分は特別な存在だなんて思ってるんじゃないですよね? おそらく各ティアでの戦闘数のみに着眼した発言かと思いますが、この聞き方に関してはYesともNoとも言えませんね。 この言葉の真意が低ティアへ勝率を盛りに行っているという意味ではNoですし。 別に高ティアを手に入れたから高ティアへ行かなくてはならないとは思っていませんし、 戦績を見たなら、勝率やダメージに対する取得経験値量からプレミアムアカウントをほぼ導入していないことは容易に推測できるかと思います。 また、フォーラムでも師弟募集トピを立てた経験もあるくらいには初心者や低勝率者の育成にも力を入れているため、勝ちたいと思っている初心者や低勝率プレイヤーと組む機会も多いです。(※中には発言だけで上手くなろうとしていないプレイヤーで見捨てたこともありますが) 但し、初心者に合わせて低ティアへ行っている、あるいは金策をしに低ティアへ行っている。もしくは単に低ティアの好きな艦艇に乗っているという結果勝率が上がっている側面もあるため、Noと言うつもりもないのです。 よって発言の真意がわからないためYesともNoとも言えない、となりますね。 客観的に見た数字や過去の実績です。 そして、主張をただの感想にしないための根拠です。 例えばGolden_ratio_S氏のデアリングの弱体化に関して言えば、デアリングが弱体化が必要な程に強いと思う根拠として客観的な数字である勝率などを提示しています あなたがどれだけ「デアリングは自分の主観では強くない」と言おうが、好成績を出している事実は覆りません。 もしくは_ethanol_氏のように、出始めは(過去の実績から)フリー経験値で飛ばせる(フリーで飛ばせるほどにフリー経験値を蓄えられるだけの「腕」がある)、あるいはツリーを一気に育成できるほどの時間と「腕」のあるプレイヤーが乗っていることが多い(おそらくその裏には「対抗策が普及する前でわからん殺しになっている可能性」なども暗に示しているかと思います)ため、弱体化は待ったほうが良いと言っています。 (運用方法の違いから結果を出せておらず、その違いを認めた上でやってみると言っていたpixy_yuu氏は例外として)現在このトピックスで発言しているプレイヤーはあなたを除いて全員、勝率などの数字や過去の実績(及びそれから導き出される推測)、あるいは開示されている情報などを根拠とした上で主観を踏まえつつ発言していますよ。
  12. inocentbullet

    デアリングの弱体化案

    データがないならただの感想ですよ あなたの所感よりは遥かにデータのほうがあてになります。 対駆逐戦闘において他の駆逐艦と比較してデアリングに欲しいのは「相手駆逐の発砲ペナルティ圏内に存在していて欲しい」ことであり、「相手の駆逐の発砲ペナルティ中に捕捉できる艦艇がいる」状況下に於いて発射レートと煙幕の特異性によりダメージを稼げ、自身はソナーによる魚雷事故回避と多少の被弾は回復できるため非常に優位性は高いでしょう。 また、環境的に考えても空母戦場が増えたことから航空機を捌くという意味合いでも回数と回転率に優れる煙幕を持っていることは利点足り得るでしょうし。 前提は他艦種の存在のみであり、この程度で前提であるならばその他ほぼ全ての艦は連携前提ではなく連携必須かと思いますよ。 まぁ例外的に空母であれば自ら視界を取り、同格対空艦相手であっても1回くらいは攻撃を通せるのでそういった連携すら必要なくどうにかできるかもしれませんね。 そもそも適した戦い方も出来ない人を尊重して、データも参照しないただの感想をもとにバランスが取れる。そんな夢物語があるとでも思っているのですか? でしたら是非とも具体的な「ある程度の事象に適応できる考え方」を教えていただきたいです。
  13. inocentbullet

    航空母艦の現在の仕様について

    他のどの艦種が方向性が違えど他艦種が得意としていることに並ぶほどの性能を有していますか? 二者択一であったとしても二者択一であること自体が問題なのです。 度重なる調整及び下方修正のほぼ全ては火力面に集められており(今までにあった修正は信管作動までの距離の延長や浸水率の低下、そもそもの与ダメージの低下等)、それをやった上で砲撃を得意としている他艦種並のダメージを出しているとご自身で言ってるわけですが。 他艦種で空母ほどの自由度の高いスポット能力を有していながらそれだけのダメージであるならば問題ないですが、実際は違うわけですよね? 仮に空母でなかったとして、例えば戦艦に大型レーダーを実装、戦場の全ての艦艇を捕捉し、かつ再使用時間が短く回数制限もほぼなしなどとなり現空母のようにダメージと情報の両立ができる様になったとするならば、もちろん言いますよ。 本質はゲームバランスとして情報と火力の両立がおかしいですから。 前線が崩壊した以外ではそもそも空母が前線に出過ぎ、もしくはそれだけの時間駆逐に遊兵化させてかつ母艦の捕捉にも気づかない程度の立ち回りしか出来ていないのではないですか? それこそあなたが当初に言った「この状態でやられるなんて立ち回りが悪い」としか言いようがないですよ 駆逐の主砲、どこまで貫通できます?それによるダメージは?駆逐の隠蔽雷撃、着弾までどれだけ時間かかります?空母の工作班の効果時間の長さは? おそらく大半の人は(空母のバランスを調整できないのであれば)空母消せだと思いますよ あるいは(どうせWGじゃ空母のバランスを取れないので)空母消せであるか 特徴をもたせたバランス調整など、言ってしまえばその程度により崩壊するに過ぎません。 見つかりにくいのが駆逐艦だから強制捕捉以外では見つからないようにしました。となったとしてそれを駆逐乗りが「それが駆逐艦の特徴なんだから当然です」となったらどうでしょうか? 仮に対空巡洋艦の対空射程内に入った瞬間その中隊の全てを撃墜する仕様になったとして「対空巡洋艦だから当然です」って言われたいですか? 自分はまっぴらごめんですね。 空母に特徴をもたせるとして、それが行き過ぎているから(行き過ぎていると感じている人が多いから)このような話になるんですよ。 そもそもそれが当然であるならば、戦艦砲の駆逐艦へ対する過貫通判定なども生じていないのではないでしょうか? 駆逐艦にはVP判定が存在しないなんてこともないのではないですか? これは海戦シミュレーターではなくオンライン対戦ゲームですので、1ユニット当たりの強さはある程度均衡化されてしかるべきです。 その中で攻撃の成功率(主に隠蔽雷撃との比較)と攻撃時のリスク(砲撃における発砲ペナルティによる捕捉のリスク≒HP損失及び撃沈によるポイント増減のリスク)の差と情報面・火力面など総合的に見てバランスが悪いと言っているのです。
  14. inocentbullet

    航空母艦の現在の仕様について

    空母ツリーは刷新後運用が駆逐艦に近いとのことで駆逐艦からの派生に変わりました。 また、得意とすることが異なるだけで駆逐艦と同等以上のスポット能力を有しています。 駆逐艦が得意としているスポットは前線にいる敵の継続的なスポットですが、空母は機動力の差から初動の陣形配置や後ろへいる艦へのスポットが駆逐艦より遥かに容易、または可能となっています。 また、駆逐と比較しその機動力さからスポットの陣地転換も非常に容易かつ駆逐艦のスポットは前線へ行き、自艦との隠蔽さを用いてスポットするため相手巡洋艦をスポットするのも9km~程度の距離を維持することであり、隠蔽の近いであろう相手駆逐艦や空母艦載機の存在および耐久値の低さから撃沈(=ポイント差を発生させる)リスク面に於いては所詮艦載機を失うだけでポイント差を作らない空母の方が非常に優れているとも言えます。 その上でダメージを比較するのであれば巡洋艦や戦艦との平均ダメージではなく、駆逐艦との比較ではないでしょうか? 旧空母との仕様変更点を加味しても、対駆逐への有効性の高い攻撃方法の取得等メタ要素の低い艦艇への強化、対空射程延長系のスキル・UG撤廃というメタ要素の高い艦艇の弱体化という意味では追い風を受けており、自身の弱対空艦へのメタ要素は強まり、自身への強対空艦のメタ要素は弱まりました。 これにより、強対空艦であったとしても攻撃前に落としきることは難しく(艦載機喪失のリスク面から極力したくないとしても)対空艦への攻撃が以前にも増して安定的に可能になりました。 対空援護をもらえる位置にいれば問題ないとおっしゃりますが、逆に言えば単独行動をすることは問題であるということであり、これはつまり良隠蔽艦の戦術を狭めることに他ならず、プレイヤーの立ち回りによるものだけでどうにかできることではない。 これがプレイヤーの立ち回りの問題であるならば、そもそも島風旧20km魚雷の修正などは起こり得なかったでしょう(発射から着弾まで何秒よ?当たる方が悪いと言えてしまうでしょう) ですが、結果はと言えば島風の魚雷は修正されましたし、同様に空母に関してもするべきであると思います。 存在が及ぼす影響力は確実に他艦種以上あり、スポットを得意とする駆逐艦並のスポット力に、砲戦を得意とする巡洋・戦艦並のダメージが出せる艦、それに対してのリスクがほぼ航空機損失のみ。これが個人対戦の将棋などであれば飛車や角に当たる強ユニットところでしょうが、一人一駒のチーム形式の対戦ゲームではある程度同等まで下げるのが妥当ではないですか?
  15. inocentbullet

    WoWsのあるべき姿

    行き当たりばったり感は非常に感じますね。 様々な修正をしていく中で、どのような状態に向け修正をしていくのか、その先を見据えられているように感じられる部分が皆無です。 また過去に要修正となったものから、どのようなものが修正になるのかその原因のフィードバックが甘いのではないかとも思います。 例えば大まかな色付けとして、日本は巡洋でも他の巡洋と比較し超射程でダメージに優れる魚雷を持っており駆逐に関してもほぼ同様のことが言えると思います。 そしてかなり昔ですが島風の20km魚雷が猛威をふるい修正されました。 日本という国に魚雷という色付けがされており、その魚雷が強い結果弱体化されたという流れは最近の白竜にも言えるのではないでしょうか? また色付けを濃くしすぎた結果、現在米空母による投下時間ギリギリにおける超収束爆撃が対駆逐に於いても猛威を奮っているのではないでしょうか? 少なくとも個人的には現仕様より、旧仕様の方がメタがメタとして成立しており対空射程を伸ばせることから弱対空艦でも対空艦の対空をお借りするなどできた分マシだったと思います。 ただしメタゲームがよいではなく、メタゲームのほうがマシというだけですが。
×