Jump to content

koumeitti

Member
  • Content Сount

    47
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    22251
  • Clan

    [VOR]

Community Reputation

88 Rising Star

1 Follower

About koumeitti

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

900 profile views
  1. 私の論点は使う砲弾やダメージの仕様ではないので引用されても困ります。対空砲弾をどのように撃つのかを問題に挙げており、だからこそ装填時間の問題や砲旋回の問題を出しています。 これに関して意見がある場合、引用して投稿して頂きたいです。
  2. 艦載機が攻撃態勢に入る前に未然に防ぐとは、主砲を使えば初弾投下前に全機撃墜できるようにしたいということですか?防空を簡単にしすぎるなど調整をミスれば空母はプレイどころではなくなるし、 エイムが要求される仕様になれば、今よりも状況が悪化するプレイヤーも出てくるのではないでしょうか。 また、敵水上艦に回避行動を強要させ、味方の砲戦を支援する空母の戦術は、現行仕様の空母の重要な戦い方の1つなのでヘイトが向くのは至極当然だが、それを不可能にされたら、もはや空母は1人でダメージ出すだけの ゲームになってしまいます。 それでも手動で対空をしたいと考えるならば、対艦主砲と対空主砲の装填時間を分ける方が良いと思います。最近の新艦種である潜水艦のソナーピンガーは既存の応急工作班でしか解除出来ない事に一定の批判的意見(火災や浸水、モジュール損傷に加えて、対潜水艦にまでRを使うのはキツイというもの)があったように、対艦と対空でセパレートとなっているものを共通にすると、砲戦を楽しみたいのに、延々と対空のために主砲を使い続けているという本末転倒な状態になりかねないです。 加えて砲旋回も難しいポイント。切羽詰まっている時に、艦載機へ主砲を回して撃つ余裕があるかどうか。砲旋回の遅い艦はとても辛いはず。対空を手動で出来るようにした代わりに、自動の継続ダメージを減らすような方法で バランス調整がされたとしたら、対空に血道を上げ砲戦どころじゃなくなる。今よりも辛い。悲惨の一言。
  3. koumeitti

    艦載戦闘機について

    敵艦載機が間近に来てから水上機を出してませんか? 敵の機種、機数を見て有効な相手を見極めずに、何でもかんでも艦載機相手に戦闘機を使ってませんか? 修理班のある艦載機相手なら、撃墜は望めないが修理班を使わせることになる。反復攻撃してきそうな機数相手なら、それを諦めさせられる。 撃墜戦果を得られるかは別として、空母側に対処を要求することが出来る。撃墜リボンとかの目に見える戦果に囚われなければ効果が見えてくるはず。 今の水上機を使う価値も無い消耗品とするのは、さすがに現行の仕様に対する理解が足りてない。どう有効に使うかをしっかり考えて、かつ空母側の視点を得た上で、改善を主張すべき。
  4. この反応見てると、やっぱこのままで良いかなーと思います。あと個人的にUnited Statesは死角も無く、最強だと思っていましたが、潜水艦に手出し出来ないので最強じゃなかったです。
  5. さすがに性能がぶっ壊れすぎだと思います。
  6. 主砲口径の大きさから大型巡洋艦と同じ60秒にするべき、というのが結局のトピック主の意見だと思います。ナポリの火災時間の優遇を削除すべきと。 もちろん、他の艦と比較して性能を測るのも間違ったアプローチではないと思いますが、ナポリと類似した役割、コンセプトの艦艇は少ないか,若しくは無いです。 比較だけでなく、絶対的にナポリが今のWoWSでどのような性能をしているか、それを判断基準にしてほしいと私は考えています。 トピック主はナポリでの戦闘経験が無いので、その視点は欠如してると言わざるを得ないです。 ここからは主観ですが、ナポリがソ連大型巡洋艦のように複数火災で死ぬということは少なくて、調整するなら他の部分だと思います。
  7. ナポリを使ってみてから、改めて火災時間の延長が必要か考えてください。出せる火力は低いし、英巡を強制貫通できるのも取り立てて言うほどの利点でもありません。 耐久性に特化した巡洋艦として適当な性能をしていると思います。
  8. 超艦艇の導入は、似たようなレギュレーション(空母無し等)が続いてきたクラン戦に変化をもたらす存在として賛成できます。 その一方、超艦艇が2隻まで使えるということは、つまり超艦艇が2隻必須と考えることが出来、通常のtier10よりも開発に労力が必要なものが要求されることになります。 よって、これまでのクラン戦よりも参加の敷居は高くなるでしょう。それをどう見るかですね。
  9. 3v3などの少人数モードにスキルレベルに応じたマッチングを 求めません。テンポ良く戦闘をしたいのに3分も4分もマッチングに待機したくありません。
  10. koumeitti

    空母の弱体化、調整について

    ロケットの機銃掃射によるディレイ、一概にナーフとは言えない。機銃掃射してる時間は対空砲によるダメージを受けないため、スポットをタダで継続したり、残りの中隊を対空圏外まで無敵時間を使って逃がすなど 使い方次第では攻撃も当てつつ、スポットを継続し、艦載機の被害を抑えられるという調整です。これまで脳死で命中したロケットに、敵との駆け引きという要素が追加された代わりに空母側の出来ることも増えてるわけ。 潜水艦に対しても、最大深度以外では艦載機によるスポットが可能です。スポットされれば潜水時間は短縮され、味方の爆雷攻撃は飛んでくることになり、水上艦だけ気を付けていればいい戦闘よりも かなり厳しい戦闘になるのは間違いない。潜水艦の最大深度は敵が殆ど見えなくなるので攻撃も難しくなる。 トピック主の言う、手も足も出ないというのが「ダメージを与えることが出来ない」というのなら考え直したほうが良いです。主の思ってる以上に空母は影響力を出せます
  11. 現実の話を持ち出すな、というのが無理難題とのことですが... ゲームのあらゆる速度は現実よりも加速されてますし(砲弾の着弾時間とか)、HP制なんて非現実的でしょう。ただ、それらは海戦をゲームとして成立させるために必要。 そして、ゲーム体験の向上のためには、現実における制限を緩和することも必要でしょう。 例えば、艦艇の旋回中は艦載機発着艦不可、主砲精度低下、魚雷発射しても真っすぐ走らないなどが現実における制限として考えられますが、これらをゲーム内で再現したとしてもストレスしかない。 GINGA1954さんは、あまりこのゲームをプレイされていないのでどう思うかは知りませんが、現実を再現するのに向かいすぎても、それはゲームとして面白くなく、つまらないものになりえます。 私は、ゲームにおいて母艦停止時に艦載機発艦出来ることは、非現実的であれゲームでは必要な調整だと思いますし、 そういった調整がなされている部分において、「現実の話を持ち出すな」というのは無理難題ではないと思います。
  12. 航空機出してる間、母艦の深度調整も雷撃も出来んのやし、そんな面倒な制限いらんでしょ。 今の水上機なんて被撃墜前提なんだから、帰艦のことは考えず、浮上時のみ飛行機出せるくらいの設定が妥当かな。
  13. 話が色んな所に飛びすぎて何が言いたいのか分からん。空母の話?エイムの話?潜水艦の話?ランク戦の話? 一個一個の話題が薄すぎて、何について議論を求めていおり、またどんな反論や意見を期待してるのかが理解できないので、文章を推敲してほしい...。
  14. tierトップの数をWoTみたいに限定すれば良いんじゃないですか? tierボトムでも対面にボトム艦が多ければマシだし、tierトップ艦はトップ艦同士でやりあったり、格下しゃぶればいい。 まー、戦闘全体での稼ぎは減るので狩る側はつまらんけど。
  15. koumeitti

    ランク戦について

    あなたの言う「そのような連中」が上のリーグに昇格せずに(できずに)残るのがブロンズだし、それを奪う必要はないと思います。 その中で戦いたくないなら上のリーグに昇格してしまえば良いので。 勝ちにこだわるレベルの高いプレイヤーは上のリーグに、腕が伴わなかったり,マナーの悪いプレイヤーはブロンズに留まる。しっかりと「リーグによって」マッチングの住み分けが出来ています。 ブロンズはそういうリーグなので、そのリーグ内でのマッチングに文句つけるのはナンセンスかと。
×