Jump to content

taira000

Member
  • Content Сount

    149
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    2296

Community Reputation

129 Respected

1 Follower

About taira000

  • Rank
    Lieutenant
  • Birthday April 3
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Male

Recent Profile Visitors

768 profile views
  1. 対応感謝です。 訂正ですが、私が#21で挙げた別のトピックは私が立てたトピックではありません。
  2. まとめてお返しさせていただきます。 確かにトピック名は「艦長スキルの大幅な改編について」ではありますが、トピ主様の#01では明らかに値上げに関する事柄のみを議題として提示しているので、結果的にこのトピックは「艦長スキルの改編に伴う資金面に関して」を議論しているのだろうと考えたまでです。 ただ、確かに議論の内容とトピック名が合っていないとは思います。トピ主様には変更をお願いしたいですね。 また、現状このトピックでは「艦長スキル刷新後のスキルリセット値上げ」に関して議論されていますが、スキルの内容まで議論し始めてしまうと、私が先に挙げたトピックと議論内容が完全に重複し、全く同じ内容が2つのトピックで議論されることになるので、非効率ですし、トピックの乱立状態となってしまいます。 ですから、このトピでスキルの刷新内容含めた全体的な議論をするなら、先行して建てられている同類のトピックに合流するのが適切ではないか? ということです。 いずれにせよトピ主様の意向が知りたいですね。
  3. 艦長スキル刷新全般の議論用としてこのようなトピックが立っております。 このトピックでスキル刷新の内容についても議論するよりかは、値上げについてを↑のトピックに提議する方が適切かと思います。
  4. 概ね正しいと思いますが、「再訓練をダブロンを使って飛ばす」というのは、多くのプレイヤーにとって、いわゆる電気ガス水道などの「公共料金」となっているのではないでしょうか?私にとってもそうです。 運営が何を考えているのかは知りませんし、知ってどうこうなることでもありませんが、再訓練を課金で飛ばすのが多くのプレイヤーにとって必須の行為になっているのであれば、運営は値上げしたとしても課金せざるを得ない、と踏んでいるのかもしれませんね。 (なら、これを機にみんなで課金せずにちまちま再訓練をするというのも一興なのでは?一応再訓練するのが基本仕様ですし。それで運営が減収するようなことになれば考え直してくれるかもしれません) 確かに、載せ替え後のスキル振り分けは必要なくなりますね。単純に見落としていましたね。 とすると、合計で考えれば値下げと考えても良いのではないでしょうか?  ちなみにLv19艦長なら、現状では再訓練に500ダブロン、スキルリセットに475ダブロン(19×25)の計975ダブロンだったところが、変更後は750ダブロンのみになるので、変更後の複数のスキル編成を保持できる利点を生かせれば、Lv19艦長なら総合的には値下げです。同様に計算すれば、Lv10艦長で現状では再訓練+スキルリセットに計750ダブロン必要なので、Lv10艦長で価格据え置き、Lv11以上なら値下げ、Lv9以下なら値上げということになります。 ただ、多くの戦闘を積み、多くの高レベル艦長を持っているプレイヤーはそもそも乗せ換えることが少ないのであまり問題にはならないと思いますが(逆に複数のスキル編成を持てるようになった恩恵もあまり受けないが)、高レベル艦長をあまり多くそろえていない艦長にとっては、複数のスキル編成を持てるようになることは大きなメリットですが、乗せ換えを行う回数もそれだけ増えるでしょう。単価は値下げでも回数が増えれば総合的に値上げと言えるのかもしれませんね。 結局、総合的に値上げか値下げかは、 ・使っている艦長のレベル(厳密には振り分け済みのスキル数) ・変更により乗せ換えの回数がどれだけ増えるか によるのではないでしょうか? あと、エリート経験値、フリー経験値が使えることも忘れてはいけませんね。
  5. 既に対策されている内容でしたらお許しください。 先ほどの戦闘で、味方空母の戦闘への参加が3分近く遅れたということがありました。敵の空母はもちろん戦闘開始と同時に参加していたので、序盤、敵は航空機の索敵によりこちらの大方の布陣を把握できているのに対して、こちらは空母が沈黙しているので航空機による索敵はなく、しかも駆逐多めの戦闘だったので圧倒的な情報格差により序盤に一気に崩されて目も当てられないような大敗を喫してしまいました。 このように、特に空母は戦闘に遅刻されると、開幕直後の特に駆逐艦をはじめとした敵の布陣などの情報量に圧倒的な差が生まれてしまいます、敵はこちらの布陣をおおむね把握しているのにこちらは全く把握できていなければ、それは戦闘全体の流れに大きな影響を与えることは間違いないでしょう。  そしてその空母の遅刻による圧倒的情報格差の中で敗北したチームはさすがに理不尽だと思います。 そこで、特定の条件の下、味方の戦闘への参加に大幅な遅延や不参加があった場合は、そのチーム全体に一定の救済措置を与えてはいかがでしょうか? 例えば上でも述べたように、特に空母1vs1の場合の空母の分単位での遅刻(まぁ稀だとは思いますが空母2vs2なら味方の両空母の遅延)はもちろん、 空母がいない戦闘や駆逐多めの戦闘では、駆逐艦の遅刻なども該当すると思います。(駆逐の序盤での戦況への影響力は空母ほどではないと思いますが) 救済内容は、例えば経験値、クレジットの加算や修理費の割引など、さまざまな選択肢があると思います。 ただ、回線の不調などにより、予期せず戦闘に遅刻したり参加できないなどの場合もあるかと思うので、遅刻した艦へのペナルティはなしでいいと考えています。 もちろん勝利した側の報酬には影響なしが妥当でしょう。 また、少し派生しますが、 ・戦闘開始間もない戦闘からの離脱(港に戻る) ・早すぎる戦闘の決着 などにも一定の条件を設けて、同様の救済措置を与えても良いのではないかと思います。 後者に関しては、プレイヤースキルが考慮されていないMM環境の本ゲームにおいて、早すぎる戦闘の決着はその戦闘の敵味方で大幅なプレイヤースキルの差があったことを示す一つの指標なのでは、と思ったので加えた次第です。 包括的に言えば「明らかに自分ではない場所に敗因があると思われる敗北の救済措置が欲しい」ということです。 なお、空母が戦場に与える影響の大きさについては否定しませんが、このトピックはいわゆる「空母批判」を意図して建てたものではありません。ご理解の上、ご意見ご指摘いただければ幸いです。
  6. 連投で失礼しますが、 これは単純に今まで20万クレジットで再訓練に必要な経験値を半減していたところを、変更により再訓練に必要な経験値を半減したので、実質20万クレジット分は無料になる。 ということだと思います。
  7. 「再訓練を全部飛ばす場合は500→750ダブロンに値上げ」 というのは単純に現状課金している人からはさらに多くお金を取りたいということでしょう。つまり課金勢にとっては痛い変更ですね。 「再訓練に必要な経験値を半減させる代わりに20万クレジットによる半減は廃止」 ≒はじめから20万クレジット払って半減させている状態になる=20万クレジットの節約になるわけですから、無課金勢にとっては良い変更なのではないでしょうか? ただ、トピ主さんのおっしゃるように、この変更により乗せ替えが多くなるのは間違いないと思います。 そしていくら基本仕様が「何戦かはスキルなしで戦闘して再訓練する」だとしても、スキルなしで戦闘をするのは相当きついと思います。 しかし、価格の決定権を持つ運営が「値上げするぞ」と言っているのにそれにただ反発するのは不毛以外の何物でもありません そこで、私としては、一人の艦長に対して、「今乗せている艦」に加えて、1~3隻程度の艦を登録できるようにしそれらの計2~4隻の間ではより安価(クレジットのみで再訓練完了など)に乗せ替えできるようにしてはいかがでしょうか? 1人の艦長に対し1人の艦長が空母、戦艦、巡洋艦、駆逐艦という4種類の艦種それぞれに適したスキル編成を持つことが可能となるのでしたら、上の方が仰っているようにそれらの編成ごとに1隻割り当てられるようにするのも良いかと思います。 ただ、どう見てもこの変更は、1人の艦長に4種類のスキルを付与することで乗せ替え回数の増加を促しつつ、再訓練に要するダブロンを値上げすることで収益をアップさせようとしているとしか思えないので、このような案も厳しいのだと思いますが。
  8. @Takano56氏 意見の整理感謝です。 さて、いまだに論題の核心ではない部分で議論が続きそうになっているので、一応止めておきますが、 「自身の発言の熟読をせずに反論があった疑いがある」というのは確かに問題とは思いますが、そこまで追求すべき問題ではないと考えます。 対して、議論の流れを見るに、各氏の問いと答えが一致していない感は否めませんがいかがでしょうか? まず、現状でそのようなことは起こっていないと思いたいですが、 「自らに不利になるなどの理由で、意図的に問いに対してズレた回答をして議論の混乱を招く」のはおやめください。 ↑でなければ、事故的に発生する認識の相違ということになります。私も整理するように努めますが、 相手の論その他に反論、追求する時などに、相手に対して問いを出すときには、何を答えればいいのかを明確にするように努めてください。 問われた方は、問いの内容そのものに疑問があるときは、疑問の内容を明確に示してください。問いの内容に疑問がないときは、問われていることに対して的確に回答してください。 また、今後は「従来」等の表現は用いず、以前のwowsの状態を指し示すときは必ずバージョンで示してください。 バージョンが不明な場合は「○○のような仕様」など、比較する仕様を詳細に記してください。 ここからは持論の展開になってしまいますが、 「データに客観性を持たせる」ことの意味についてです。 さて、当たり前だと思いますが、 空母のnerfを主張する方々は、恐らく空母の攻撃に悩まされ、「空母は強い」と思っており、それに基づいて論を展開するでしょう。 ですから、空母にnerfは不要だという論を展開する場合は、「空母は強くない」ということを示せばよいのです。 逆も然り、空母にnerfは不要だと思う方々は、空母を駆る中で「空母は強くない」と思っており、それに基づいて論を展開するでしょう。 ですから、空母にnerfが必要だという論を展開する場合は、「空母は強い」ということを示せばよいのです。 つまり、空母にnerfは不要だと思う方々は、「空母は強い」と思っている人々に対して「空母は強くない」ということを理解していただくことが目標であり、 空母のnerfを主張する方々は、「空母は強くない」と思っている人々に対して「空母は強い」理解していただくことが目標になるのだと思います。 要は、そうそう簡単に納得してくれるわけがない人々に納得していただかなければならない。ということです。 その際に有効な手段のひとつに、「相手も否定しようがないような客観的な事柄を利用する」というのが挙げられると思いますが、これは必ずしも相手を納得させるための必須条件では決してありません。特に本件については、客観的なデータを用意するのが双方とも困難であるように見えます。 大切なのは「相手が納得する」手段でそれぞれが求められていることを証明することではないでしょうか? 「データに客観性を持たせる」ことはそこまで重要ではないと思います。(これはあくまでも持論です) kaisen_MGS氏 さて、称するなら「旧版回帰派」の方が現れていますが、これは現在進行中の「そもそも空母にnerfは必要か否か」と混ぜると議論が混乱してしまいますので、ひとまず置いておきたいと思います。「そもそも空母にnerfは必要か否か」に参加される場合はどちらかの立場からご意見ください。
  9. @_ethanol_氏、 @Takano56氏、他皆様、トピ主です。 読解力説明力云々の話はこのあたりにしておきましょう。 過去のことに関して執拗に掘り返すのは有益ではないと考えます。以降この話題に関してはオフトピとみなします。 議論構造がTakano56氏⇔その他皆様なので、Takano56氏の発言のわかりにくい点が露呈しているものと推測されますが、私に言わせていただけば、他の皆様の発言も決してわかりやすいものばかりではありません。 全員がわかりやすい投稿をし、不明瞭な点があれば質問していけば良いと思います。 「無駄に長くなること」を恐れるよりかは「確実に伝わらない」ことを恐れてください。
  10. @Takano56氏 @inocentbullet氏、 「航空攻撃の回避猶予時間(=攻撃の発射・投下から着弾までの時間)は、水上艦からの砲雷撃の回避猶予時間に於いて約5km圏内での戦闘に相当する」 というのは水上艦から見れば全く以て正しい見解だと思いますし、 空母側から見ればこれも正しいです(水上艦は砲戦中に旋回しても精度に影響はないが、航空機は攻撃動作中の旋回は精度に影響が出るため)。 が、問題は、「水上艦における5kmでの撃ち合い」は、双方の判断次第によって十分に回避できる場合が多い(島影からの駆逐艦など、突発的なものもありますが、そもそも島に近づかない、などの判断で回避できるとします)ですが、航空機による攻撃は、攻撃されること自体(5km以内に接近されること)を回避するのは不可能に近いです。やはりそのような違いではないでしょうか? まとまっていない意見の整理で申し訳ないですが、参考になりましたら幸いです。
  11. 皆様、 議論の方向性がまたまたおかしな方向に向かっているように思いませんか? どうおかしな方向に向かっているのかは議論が難解すぎて言葉で表すのがいささか難しいのですが、原因は大方推測できますので、以下の点をを改めてご確認いただければ幸いです。 ・「誰が言っているのか」ではなく「何を言っているのか」という認識にしてください。 ・「相手が〇〇していないから自分も〇〇しなくてもいい」というのは合理的でしょうか? また、本議論において、いずれの立場においても、確実な論拠を挙げて論を展開するのは非常に難しいことであるのは皆さんお分かりいただけていると思います。ですから私は、議論の原則をディベート形式にはせず、ディスカッション形式にし、その論拠づくりなども含めて、ブレストのような形式になっても良いと申し上げたのです。とある論についての論拠が構築できないのなら、皆さんで協力して論拠を構築するという手段もあるはずです。 「相手に論拠がしっかりしていない」と、ただ指摘する行為は「自分でもその論拠をしっかりとさせることはできない」ということだと考えてはいかがでしょうか? そして、「相手に論拠がしっかりしていない」という前に、「自分はその論拠をより強くできないか?」を考えてみてはいかがでしょうか? ここにいる皆さんは「wowsをよくする」ために集っているのではないでしょうか? 特にTakano56氏は、「他人の論拠を確認する立場」を自称されるのであれば、可能な範囲で構いませんので「他人の論拠を少しでも強くする」こともされてみてはいかがでしょうか? そして繰り返しになりますが、少しずつでも良いので、皆さんの中での共通認識を増やしていってはいかがでしょうか? また、しっかりと読んでいるけれど認識がずれている。ということが多発しているように思います。皆様、もう一段階わかりやすい文章をお書きいただければ幸いです。 以上、乱文にて失礼します
  12. これに関して。 Takano56氏 挑発的な言動と感じる方もいらっしゃると思います。気を付けましょう。 また、確かに参照元を読めば「従来」とは「0.8.7」以前ということは容易に理解できると思いますが、しかし、「わかりやすい内容」という観点においては、参照元に記載されていても、「従来(0.8.7以前)」というように表記されていたとしても何の問題もなく、そうしたがために読みやすさが落ちるということもないように思います。そのわずか数文字を打つためのタイピング時間をケチりますか? 他皆さま 該当しない方もいらっしゃるかと思いますが、、 円滑な議論のため、投稿内容は熟読しましょう。そしてわからないことがあったら発言主に聞きましょう。聞かれたら紳士的に答えましょう。 以上の点、ご協力いただけるよう、トピ主からお願い申し上げます。
  13. お久しぶりですトピ主です。 私は立場上、意見することはできないので基本的には黙っておりますが、 意見の客観性だの主観性だので延々ともめそうになっているような気がするので..... 意見の客観性は非常に重要です。ただ、特に意見に客観性を持たせるために十分な資料統計或いは論拠が示せない場合もあるでしょう。 実感も大切にしませんか? もし皆さんの中で、論拠は示せないが大多数が共有できる実感があれば、それはもはや証明しなくても議論の前提として設定してしまっても良いのではないかと思います。 他にも、論拠統計の有無にかかわらず、皆さんの中で共有できる事項や、議論を円滑にするにあたって共有しておくべき事項があれば、よりレベルの低い事項から確認なさっていくのも良いと思います。 低いレベルであっても、皆さんの共通認識を増やしていくことは、議論の円滑化並びに、結論を目指すにあたって、決して悪いことではないと思います。 対空砲云々の話に関しては、Takano56氏の意見に客観性がないのであれば、そして対空砲が強化されたのか弱体化(標準化)されたのかを検証する必要性があまり高くないのであれば、流してしまっても良いと思います。 検証する必要があるのであれば、トピ主として止めることは一切ありません。 「人によってはbuffだと感じられるが、人によってはnerfだと感じられる」ということもあるのではないでしょうか? 空母の旧仕様→現仕様への変更においても「空母はnerfされた(というか使いにくくなった)」と感じる方もいらっしゃるくらいですし。
  14. @Takano56 一点だけ気になる点があったので。 「運営から警告は与えられなかったので自分の言動に非はない」というのはある意味において間違っています。 運営さんはフォーラムを国家とみるならば警察あるいはそれに準ずる行政機関でしょう。彼らが警告するのは明らかにルールに抵触する行為があったときのみだと考えられます。 したがって、「運営からの警告がない」とは「明らかにルールに抵触することはしていない」ということであり、それ以上でも以下でもありません。 運営からの警告がないことを根拠に「自分の言動は全く以て正当である」とするのは少々無理があると考えます。 絶対的に見て社会一般的マナーに則っているかどうかで考えられることをお勧めします。(あなたの今までの言動が社会一般的なマナーに則っていない、ということでは一切ありません) これはあくまでも勧告ですので異議があるのでしたらシカトで結構です。こういうことを掘っていくからよくわからない議論になるのです。 一部引用で申し訳ないですが、私個人的には貴方のこのスタンスに一切問題はないと思います。 以後、Takano56氏は「特にnerf派でも擁護派でもなく皆さんの意見に不確実な点があれば指摘してくる人」と認識しておきましょう。(Takano56氏はそれで問題ないでしょうか?問題なければ返信は不要です) 大変失礼いたしました。速やかに訂正しておきます。
  15. ある程度現状出ている意見の整理をします。解釈違いがあればお気軽にご指摘ください。 kaisen_MGS氏 主張:旧仕様の空母への回帰 ・旧仕様の空母は「空母だけRTSしてる」で、現状の空母は「艦船のゲームの中に航空機で放り込まれた」イメージであり、後者の方が違和感を感じる。 ・戦闘機がないことが違和感 ・全体的に現仕様の空母は使いにくい ・T4空母による惨殺は、T5空母の投入により軽減するのではないか? ・空母のロケット搭載開始tireを遅らせてはどうか? ・史実での空母の運用思想に合わせてみてはどうか?(ということでよいでしょうか?) 補足資料感謝です。 補足資料内アンケートに関しては意見誘導されたアンケートではないか?という点に関しては議論のしどころだと思います。 _ethanol_氏 主張:nerf希望 総じて空母の索敵によって水上艦の戦略性が低下する。 Nineski氏 ・攻撃機、特に低Tireに関しては史実に準拠させるべき ・単座の航空機は索敵性能を低下させるべき ・哨戒戦闘機の全体的強化 ・偵察機の実装 ・空母を各チーム1隻ずつに ・ARK ROYALをTier6→Tier8に変更 Takano56氏(#168) 初心者向けの低Tire空母の艦長スキルに問題がある。 ほか、艦性能以外の面で調整すべきというご意見でよろしいでしょうか?
×