Jump to content

Wo_Kai_Class

Member
  • Content count

    1
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    1533

About Wo_Kai_Class

  1. 初投稿なのでおかしかったらスミマセヌ Onigirica さんの意見に同意します。 一応米空・日空両方多少なりさわった上での意見です。 鳳翔VSラングレーは総合的にみて互角といえると思います。 異なる性格の空母がバランスの取れているティアだと思います 鳳翔が有利な点 足が速く味方艦隊についていける。配置転換も楽 雷撃が2編隊で分散攻撃が可能。2回ともあてれば浸水DOTで戦艦でもボロボロにできる可能性有り 発艦速く隙が少ない。 鳳翔が不利な点 制空面での不利正面から当たったら勝てない 雷1編隊では4機のため、かわされる可能性も充分考えられる。1編隊だとDOT攻撃が望めない上低火力になりがち 鳳翔 良く言えば テクニカルだが相手より総合的に高性能な空母 悪く言うと 押し合いに弱くごり押しでは勝てない ラングレー有利な点 雷撃が6機なので駆逐艦すら狙えるかわしにくい攻撃を実施できる。DOTが望めない反面まともに喰らうと即死することもある瞬間ダメージ。 戦闘機6機で制空戦で負けない ラングレー不利な点 移動困難なほど足が致命的に遅く。(最大速度になることはめったに無い実質平均15ノット以下) 駆逐艦などに位置を絞られ襲撃されると自衛能力無し・逃げることすらできない 雷撃が1編隊なので敵艦載機マークをされやすくなる。精度低下で雷するとDOTも無いため攻撃力がガタ落ちする。 発艦準備が遅く、本体の移動が速度が遅いため前には出られず、飛行機自体の速度も遅い。攻撃インターバルが長い、敵日空だと防空に入られやすい。 ラングレー 良く言えば安定して手堅いく押し合いに強い・悪く言えば全てが遅いウスノロで、時既に遅しになる事が多い
×