Jump to content

bouninng

Member
  • Content count

    4
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    3489
  • Clan

    [JN2SQ]

About bouninng

  • Rank
    Ensign
  • Insignia
  1. 個人的には、隠蔽射撃・島越し射撃は場合によりますが、少なくとも「煙幕射撃」は極めて強力であると思っています。 そうでなければチーム戦のファースト/プレミアリーグで「煙幕で隠れた戦艦を落としあう」のが試合の基本になったりはしなかったでしょう。
  2. ・レベル1スキルを「状況認識」以外にも習得している場合、スキルポイント1が補填されます。[7/19 更新] との事なので、今出来る対策は「自分の欲しい状況認識以外のLv1スキルを全艦長で取っておく」でしょうか。 最も、高レベル艦長でスキルポイントの余りが0で、アプデまでに艦長Lvが上がりそうにない、という場合はWGの慈悲を祈るばかりですが……
  3. 個人的には、大口径砲が弱すぎる・或いは小口径砲が強すぎる という感があります。 各国の中~高Tierの砲弾性能は以下の通りです。(表記は 砲種 :APダメージ/HEダメージ/発火率 とする) 日 127mm/50: 2200/2100/ 9% 155mm/60: 3300/2600/10% 203mm/50: 4700/3300/17% 203mm/50: 5400/3400/19% 蔵王 356mm/45:10200/5700/25% 410mm/45:12600/6500/30% 410mm/50:12900/6500/30% 460mm/45:14800/7300/35% 米 127mm/38: 2100/1800/ 5% 152mm/47: 3300/2200/12% 203mm/55: 4600/2800/14% 203mm/55: 5000/2800/14% ボルチモア以降 356mm/50:10500/5000/30% 406mm/45:12400/5700/36% 406mm/45:13100/5700/36% 406mm/50:13500/5700/36% アイオワ以降 独ソは3艦種揃っておらず、また長くなったので省略していますが、基本的には A. 口径の増加割合に比してAPダメージの増加割合は1.5乗を超えない程度であり、HEダメージの増加割合はほぼ1乗(比例) B. ↑より、HEダメージのAPダメージに対する割合(HEダメージ÷APダメージ)は小口径>大口径 である事は判っていただけると思います。 実際、駆逐艦の主砲の炸薬量/弾重が1/10程度なのに対し、巡洋艦は1/15程度、戦艦は1/20程度(数字は国によって違いますが)なので、Bだけ見ると現実的なのですが、 Aと、そしてゲーム上の仕様と組み合わさって、小口径砲に大きなアドバンテージをもたらしています。 このゲームでは、ダメージ的にも火災発生率的にも、戦艦のHE1発と駆逐艦のHEたった数発程度が等価なのです。 そもそも、現実の海軍は「大きければ強い」であり、技術レベルが同年代の大型艦と小型艦が1:1で戦えば、小型艦は基本的に大型艦に勝てません。 それをゲーム上で1つのユニットとして等価にする為に、小型艦に下駄を履かせるのは決して間違っておらず、むしろ妥当と言えるでしょう。 (かつてNavyFieldというゲームがありましたが、あれは下駄の履かせ方が足りなかった例と言えるでしょう。もっともあれはWoWSで言う低Tierが駆逐艦で中Tierが巡洋艦、高Tierが戦艦と空母、というデザインの結果でもありましたが……) そのためWowsでは小型艦に ・ 隠蔽(言うまでもなく) ・ 耐久(戦艦の耐久は同Tier駆逐艦の5倍程度しか無い) ・ 砲威力(上記) ・ 散布界(同距離の散布は戦艦より巡洋艦、巡洋艦より駆逐艦の方が狭く、副砲はガバガバ) ・ 状態異常ダメージ(同Tierなら同じHE弾での発火率は同じで、受けるDotダメージは耐久に比例=大型艦ほど大きい) ・ 応急班の使用間隔(状態異常ダメージの下駄と相まって更に効果大) 等々……様々な下駄を履かせています。細かい所では、至近弾や水中弾で浸水が起きない事なんかも無視できない下駄ですね。 問題は、その小型艦に対する「下駄」がゲームを支配するほど強力なファクターになっている、という事です。 隠蔽射撃、小口径HEでの火災スパム、どちらもこの「下駄」によって生まれている問題です。 隠蔽蔵王、場合によっては隠蔽駆逐のHEで焼き殺される大和を見る度に、「下駄」が強力すぎるのではないか……と思うのです。 随分長くなってしまいましたが、今回のトピックの流れにあわせて纏めるなら ・ 大口径HE弾のBuff、或いは小口径HE弾のNerfが必要ではないか といった所でしょうか。大口径弾-小口径弾の全体的な能力変化の程度を大きくする……というのが本来の意見ですが、範囲を広げすぎて話が発散するのも良い事では無いですから。 現状を考えるに、どちらかと言えば小口径弾のNerfが現実的だろうとは思いますが、個人的には戦艦のHE斉射で跡形もなく消し飛ぶ駆逐艦・瀕死になる巡洋艦……という光景も見てみたくはあります。
  4. 私はレート4200程度のチームと5000程度のチーム(この2つは全く無関係のチームです)に所属していますが、①~③の様な問題はサブチームの問題ではなく、そもそもTBに人がおらず、レーティング自体が機能していないという根本的な問題が原因であると考えています。 レート4200のチームであろうと、(稼働チーム数が極めて少ない為)ファーストリーグだのプレミアリーグだののチームに平然とマッチさせられますし、つい先日などは1晩の内に同じチーム(サブチームですらなく、『同じ』チームです)と3度当てられたりもしました。 また5000程度のチームも、初心者チーム・4000未満のチームとやはり平然とマッチさせられており、レート自体が機能しているとはとても言えない状態です。 たとえサブチームを無くしたとしても、名前が違うだけのメインチーム初心者チームが相変わらずマッチする事になるでしょう。 極端な話、稼働チームが2チームしかいなければその2チームで戦うしかありませんし、それはメインチーム・サブチームどうこうで解決できる問題ではありません。 おそらくtento_bugさんの4つの提案をそのまま通すと、チーム戦自体がプレイできなくなるという結果になるでしょう。 人がいないのです。どうしようもないほど人がいないのです。 私も、TBにもっと人が増え、稼働チームが増え、正常なマッチングが可能になってくれればと思っています。 WGにはもっと多くのプレイヤーがTBに参加したくなる様な策をとって頂かないといけません。問題の根幹はそこなのですから。
×