Jump to content

Loxonin120

Member
  • Content Сount

    10
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

Community Reputation

11 Neutral

About Loxonin120

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

329 profile views
  1. 艦載機のHPをただ増やすという内容には反対ですね~ ・現状2セット分あれば1回は投下できる+艦載機は投下後も含めて落としきられることがほぼ確定している状態で少々増やしたところで空母側に恩恵がない ・仮に1セット分で投下できるor帰還機が増えるほどにHPを増やした場合駆逐や対空の低い船が今まで以上に落とせなくなる。 こうなることが容易に想像出来るので空母水上艦両者から不満が出ると思います。(T4空母は増やしてもいいと思いますが) ・昔から言われてますが一方的に攻撃できる云々はそもそも空母という存在の都合上そういう物ですよね。ここへの不満は改善ではなく都合の悪い物は消えろという暴論に近くなります。 ・攻撃精度が高すぎるといいますけど命中安定度と火力の都合はしっかり調整されてると思いますけど(命中率は高いけど火力に伸び悩むロケット等) ・逆転要素ですがスクショを2枚貼りますけど旧空母の方が逆転要素あったと思いますよ。私ソロで相手は68%の分隊それ以外は同じようなバランスでこの間5分です。 この逆で倍の隻数差つけてもたった3隻の水上艦を誰も止められずに負ける試合も沢山ありましたし。
  2. 予備機数の調整はいいと思います(2回連続までといった感じ)が復旧時間まで減らしてしまうとちょっと弱すぎるのかなといった印象を受けますね
  3. 現状の空母について現在の多くのプレイヤーが不快に感じている問題について要員については沢山ありすぎて割愛しますが 私からの提案として 1.wave毎の攻撃可能最大回数を3回までに調整を行う   不愉快に感じる要素の一つが反復攻撃による長時間の拘束、それをきっかけとして撃沈リスクの増大は問題だと感じるので上限回数を減らして拘束時間の減少が目的 2.移動状態に対する艦載機への対空ダメージの増大、攻撃体制に入った艦載機への対空ダメージの低下   低対空艦に対して落とされることもなく一方的な展開になることの改善と空母側の攻撃保障 3.AP爆撃のバイタル判定削除(機数は倍にしてもいいかなと思ったり)、米空雷撃機の単発ダメージ増加   受ける側で対応できないバイタル判定による修理マージンの減少は能力が高すぎると判断、雷撃機の方は日空と比べてピーキーな割に恩恵が少ない(イギリスはしらん!提案求) これらに追加する形で細かい機数や投下数等の調整をするというのはどうでしょうか こうすることで上位プレイヤーや孤立艦に対して等のダメージ効率を下げた上で初心者や一般プレイヤーへは攻撃を投下しやすくなる保障が付きプレイヤー格差や水上艦への影響力を序盤から終盤までほぼ一定の能力に抑えることが出来るのではないかと考えます
  4. 主題の艦載機予備機系統に対するナーフには反対です。 予備機を削減した場合、今より更に知識・技術による格差が広がりWGが改善したいと考えていた「一般プレイヤーと上手いプレイヤーとの技術格差」という問題に逆行する形になります。 実際予備機を減らした場合知識のある上手い人は多少扱いに気を付ける程度で成績は大きく下がらないと思いますが、それ以外のプレイヤーには大きなデメリットとなるでしょう。 バランスを整えようと思うのなら技術のある人を前提とするナーフはするべきではないと思います。
  5. 空母操作時の航空機による発見インジゲーターは必要ないと思います 現状だと発見されたタイミングでの周辺の状況を確認するだけで艦艇の位置が容易に推測できる事が問題だと感じるので 駆逐の発見手段がーとの意見がありますがその方達はCV無し戦場の場合に常に駆逐を全く発見できないのでしょうか? もしインジゲーターを消さないのであれば艦載機による視界共有の仕様をレーダーの様にタイムラグを発生させればよいと思います 航空発見距離の増大も必要ないと考えます 仮に増やした場合水上戦闘機の観測能力が高くなり「見られてうざいからくそ」の対象が空母が操作する艦載機から水上戦闘機へシフトするだけなのでまた同じ議題を繰り返すだけです(対空能力のある艦艇が対空砲の範囲外から見られて余計に文句が出る可能性はありますが 旧時代に影響力が高すぎると判断された要員の一つが航空発見による視界共有があるので現状でも視界能力が衰えたとはいえ他の艦艇より非常に高い空母の視界供給能力を上げるべきではないと思います
  6. 称賛と通報の匿名性を廃止して称賛10回通報3回+カルマの数値の1割みたいにしてみてはどうでしょうか ついでにカルマの値に対して艦長EXPやフリーEXPにボーナスのかかる旗とか実装してもいいのかなと思ったり
  7. Loxonin120

    MidwayのNerfについて

    ミッドソロと分隊で各250戦ほどやってますがミッドの艦載機数減少は仕方ないことかなと感じます。 現状だとお互いに艦載機が切れることがほぼ無く戦闘機投げつけてる間にお互いに殴り合うだけで試合が終わり技術も駆け引きもくそもない状態なので削減による脳筋がやりにくくなったのはいいことだと思います。 ですがAsiaサーバーの環境で考えると減らしすぎだとも思います。96機の場合だと水上艦に落とされる必要経費だけで平均して戦闘開始13分前後で攻撃機が枯渇するような気がしてなりませんね。110機くらいでちょうどよかったのではないかと、それに加えて今後の環境を考えると白竜の航空管制を332のみへしてほしいですね。
  8. Loxonin120

    対空UGスキルについて

    私は対空火力を調整すれば分隊を禁止にしなくてもいいと思います 分隊が問題というわけではなく1隻で完結する対空特化の船が居るだけでその方面の影響力を奪われることが問題だと考えているので 分隊を禁止しても対空特化の水上艦に当たる頻度が少し減るというだけで対空艦にただ溶かされて試合が終わるという現状と大差ないのかなって思います 私自身は高ティアの対空プラをぶん回しているわけではないのでやりこんで行けばまた見えてくる部分もあるのかもしれませんけど現段階ではプラを禁止すればいいって感想はあまりないですね
  9. 現状の艦載機に対する対空能力がインフレしすぎているのではないでしょうか 他の艦種に関しては三すくみで不利な艦種であっても一定の技術差があれば覆せる状況というのもありますが艦載機に関しては操作技術関係なくスキルとUGを取るだけで空母からのアプローチがほぼ不可能になるケースが多いです この過剰な対空能力を使った空母分隊による一方的な試合がつまらなくしている要因でもあると思います 中央付近の島裏に存在するだけで半径7.2km~8.6kmまで相手の空母に何もさせず範囲に入ってきた敵を味方の空母は一方的に攻撃できる空間を作るというのはやりすぎではないのかと この環境を緩和するために「基本射撃訓練・対空兵装の手動制御・対空砲改良3」この三つのスキルの効果を半分にするというのはどうでしょうか これらを調整するだけでソロでも対空分隊に対して技術次第で覆せる可能性も出てきますし分隊の対空水上艦もそれ相応の立ち回りが必要になってくると思うのです まぁ個人的には指定対空も対空UGも消し去って防御砲火も2倍に下げてくれって思ってますがね
  10. 普段サイパンの制空編成を乗ってるのですが今回のアプデでクレジットの計算方法が変わってから獲得クレジットが30万前後から20万ほどにまで減っているのですが再調整等ないのでしょうか(´・ω・`) ここまで減らされては制空編成で索敵や防空をするより味方を囮にして敵に雷撃してる方がよっぽど稼げるのですが(´・ω・`)ただでさえ修理費固定になって出費増えているのに合計で収入が1戦10万20万減らされては課金艦の意味がないです
×