Jump to content

Nururi

Member
  • Content Сount

    3
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    13176
  • Clan

    [FDH]

About Nururi

  • Rank
    Ensign
  • Insignia

Recent Profile Visitors

155 profile views
  1. ①レーダーが被弾により故障しないのは何故か レーダー装置は艦上構造物として視認可能な形で鎮座しており、被弾により主砲や魚雷発射管、主機、舵同様に一次使用不能になるのが自然 ゲームバランス、ゲームとしての面白さを考えても其の方が良いのでは ②BOT/AFK、チート対策での処罰したアカウントリストを公表しないのは何故か ※処罰アカウント数は既に公表されている 上記違反者を減らすために通報しているプレイヤー視点では、 アカウント数だけでは自分が通報した者が黒だったのか白だったのか判らず、アカウント名が公表されない現状にWGの対応の不透明感を感じる ③対空能力が著しく低い艦艇群について(ex.東雲) Arkansas betaのように対空以外の性能で補填があれば良いが、殆どはそうでもなく、単に総合パフォーマンスで見劣りする船になってしまっている 対空、あるいは対空以外の性能の強化等、補填・バランス調整の予定はあるか ④capエリアを踏むことによるcapの阻止やスポット行動に対する報酬見直しはあるか
  2. 隠蔽メカニックの変更及び艦艇性能の変更で影響を受ける艦(Yūgumo, Shimakaze)のフィードバック これまで低リスクだった10~12kmでの射撃行為は、高い被弾リスクを伴うようになった (速力の遅いYūgumoは特に) これは高隠蔽性を長所にしていた駆逐艦にとって致命的な弱体化であり、スコアの低下が懸念される テストしたTier9~10帯では駆逐艦/巡洋艦/戦艦共に高い砲戦能力を持っており、 20秒間の被発見ペナルティの間に上記距離で命中させることは容易い 主砲射程の強化は誤差みたいなもので、殆ど恩恵は無い 射程が延びた分の距離では、対駆逐艦ではあまり命中が見込めず対巡洋艦/戦艦では高い被弾リスクに対して割に合わない弱体化に対する調整としては余りにも釣り合いが取れていない 改善案 砲威力・発火率上昇や発砲後被発見ペナルティの時間短縮等、弱体化に見合う明確な改善調整を検討すべきである
×