Jump to content

LAGIX

Beta Tester
  • Content Сount

    5
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    8801
  • Clan

    [MRI]

About LAGIX

  • Rank
    Ensign
  • Insignia

Recent Profile Visitors

187 profile views
  1. 空母艦載機によるスポットも、警戒レーダー同様数秒遅れて他の味方艦の画面上に表示される、という感じでいいと思います。 攻撃機で対空砲を無効にした駆逐艦のスポット(味方がロックして射撃できる状況)を継続するには、攻撃機の攻撃準備時間と駆逐艦の航空発見距離の都合上攻撃を諦めなければいけない状況が多くなると予想します。空母単体であれば攻撃もできるでしょうが、味方がロック可能になる前かギリギリ1斉射できるくらいの時間でスポット情報が一度途切れてしまうでしょう。 英空母以外の爆撃機(急降下爆撃機)は数秒間スポット情報を提供しつつ爆撃も可能ですが、現状よりはマシになるでしょう。
  2. 拡散効果についてですが、これは対空防御砲火スキルの効果中は ・航空機の左右機動による照準の拡大率が上昇する(通常時より広がりやすくなる) ・照準収束時間が通常時より長くなる というあたりで実装できるんじゃないかなと考えていますが、どうでしょうか(あいにくまだフォーラム等でのフィードバックはしていませんが)。 もっと言えば、艦長スキル「対空兵装の手動制御」に、防御砲火スキル被使用時でも指定した対空セクターに対しては上記の効果を多少なりとも付与してもいいんじゃないかと思います。
  3. 修正予定項目の >Tier 8 以降の艦艇の爆発半径内における秒間ダメージが急激に大きくなっている(本来Tierに比例して大きくなります。) について、その一方でT7以下の艦艇の爆発半径内における秒間ダメージ(以下爆発ダメージ)が逆に低く設定され過ぎているように感じます。 Tier上昇に比例して中~長距離対空砲の数も増える→1斉射での同時爆発数も増える傾向にある→爆発ダメージが同じだとしても、高Tier艦艇のほうがより効果的に航空機へのダメージを与えやすいと考えます。 >いくつかの艦艇、Tier で継続的な秒間ダメージの調整(調整の多くが少し下げる方向での調整になるでしょう。) の内容と合わせて、Tier8以降の爆発ダメージを下げるだけでなく、Tier7以前の艦艇の爆発ダメージをいくらか上昇させる調整が必要かと思います。
  4. 白龍を所持していないので検証はしていないのですが、白龍のアップグレード後雷撃機の8.0km魚雷のほうで、安全距離に関するバグがあるように思います。 港画面での数値と戦闘中の魚雷マークが表示されるタイミングは同じ約1200mで、実際に信管が作動している距離は6.0km魚雷のほうと同じ約600mになっているのではないでしょうか。
  5. まずはアップデート及び航空母艦に関する大幅な刷新おめでとうございます。 【良くなった点】 基本的に空母プレイヤーとして見た場合、以前より大幅に操作がしやすくなり他の艦艇との操作方法との共通性もあり良いアップデートだと思っています。 特に雷撃機・爆撃機の攻撃シーケンスについては、以前からこのような形のほうがいいと願っていたものなので、この点について特に個人的にうれしく思っています。 ビジュアル的には対空機銃の弾幕・大口径対空砲の爆発など改善で、水上艦側は対空戦闘の見た目の派手さが増して楽しめますし、空母側は視覚による対空砲の脅威が感じやすくなって好印象です。 【改善してほしい点】 ・対空セクター指定と効果 システム自体は良いと思いますが、1ボタンでセクター選択・切り替えができるように改善してほしいのと、戦艦・巡洋艦でのセクター指定での効果上昇幅や切り替え時間の調整を望みます。 ・各艦の対空能力の調整 以前に比べて極端すぎる対空能力の差が縮まったことと中・大口径対空砲の変更により対空の弱い艦でも以前より対空戦で貢献できるようになっていると感じますが、アトランタ等 一部の艦がこれまでの強対空というイメージからはだいぶおとなしい性能になっているのが悔やまれます。逆にT10英DD・デアリングで普通に30機以上撃墜できるのも面白いですが。 このあたりは対空砲射程も含めて0.8.2で調整されるだろう内容だとは思いますので、あまり気にはしていません。 ・空母の実質的なHP常時回復状態 これまでは搭載機数上限という形で撃墜され過ぎると副砲orラム以外で攻撃不可=実質継戦力がほぼゼロという形がありましたが、艦載機の常時補充・Fボタンでの帰投時の 無敵化・発艦までのクールタイム無しという3点で、水上艦側から見て航空機を落とすことがただのその場しのぎとなっているのは問題です。 空母側からしてはいくら撃墜されようとも勝手に艦載機が補充される(=HPが回復する)し別の機種ならすぐにフル機数で発艦できるので、全滅しても「今回は攻撃できなかった」で終わりです。 また、本体と航空機の同時操作という負担低減のためだと思いますが、空母の各消耗品の自動化や火災・浸水時間の極端な短時間化も本体を砲撃されると弱い空母の弱点を小さくしているのではないでしょうか。 私としてはこのアップデートに関してはどちらかというと成功だと思っています(残念なのは好きだったインディペンデンス・エセックス・飛龍・大鳳が消えたこと)。 駆逐艦がつまらなくなったという声も多く聞きますが、私は今まで通り前衛・対空・砲雷戦と楽しめている(以前より航空機に意識を振ることが大幅に増えましたが……それは敵側も一緒)ので。 ロケット攻撃機だけは中隊機数を減らして最大2回までしか攻撃できないようにするとかあったほうがいいかもしれませんが、それもちゃんと味方艦の対空圏内に戻れる立ち回りである程度カバー できているので、鬱陶しいのが飛んでるなくらいの意識です。 アップデート0.8.2でのバランス調整が、この一連の空母刷新の成功・失敗を決めることになると思っているので、楽しみにしています。
×