Jump to content

groner_1

Beta Tester
  • Content Сount

    20
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    1660

About groner_1

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia
  1. すいません、ちょっと間が空いてしまいました。 色々誤解を与える表現が多々あったのでそこだけ言っておきます。 >EGruさん ポンポン落とせる のくだりにつきましてはリアルの方の話でゲームではありません。あまりの対空能力の極端さに若干リアリティに欠けるのではないかなーと 言いたかっただけです。ここは私の発言が悪かったと思います。 そもそも「大群で」押し寄せてきた敵をわずか一瞬で(速度を1/3くらいにしたとしても)あれほど撃墜出来るのはおかしくないかと言いたいんです。イージス艦でもあるまいし。 また空母の恐ろしさってものは別に魚雷の単発火力には無いと思ってます。物量こそが空母の利点だと思います。 あと対空艦についてデモインを考慮していなかったのも確かに問題でした。(米巡洋艦を狙うのはどうかしているという固定観念と自己矛盾でしょうか。多分。) 一番最後のものにつきましては、ぶっちゃけて言うならば個艦単位での防衛能力がどう見ても顕著に差があると言いたいわけです。 要は単艦防衛能力の総合的低下、艦隊防衛能力の総合的向上です。 >178usagiさん 最初の1文につきましてです。米空ルート、CBTからやり直してみましたけどそりゃそうですよ、水上艦を使っていたら対空しょぼいなーと思っていても いざ空母を使ってみたら酷い有様ですから。ここもうまく説明しきれてなかった点です。 まともに使ったことが無いんだなーについては認めます、きっちり。空母視点だったら下手な駆逐艦ですらあんまり近寄りたくないという現状でした。 空母からみたら空母は無力すぎるくせして確かに責任も重大ですから。しかし水上艦から見たら空母は強すぎるという主張があり、ゴタついたまま 今に至っている状況ですね。 まず先に結論を述べると~については、常識的にはそうなんですよね。そのせいで余計に対空では仕事できず対艦ではお荷物、という状態が加速しているところに なんとか改善策を持ち込めないかという懸念もこのトピを立てた理由の1つにあります。(これに限っては無理難題なのは重々承知なんですけれども) 妙高、天城についての対空能力ですが、傍から見ていると物足りないけど空母からしたら相当イヤだって状況なのは理解しています。 (空母からしたらどいつもこいつも対空が高いという観点を忘れていたが故に最初の提案は相当頓珍漢ですね、これは恥ずかしい) その辺踏まえて少し言い直したいんですが、「空母が少ないから増やしたいが、水上艦の皆々様が強すぎる扱いするのでバフ出来ないくせして実際は相当弱い」という 状況の打破が課題なんでしょうか。 >mitun1220さん 思い切って改悪と言ってくれた点、感謝致します。(皮肉じゃないですよ!) 1はまあ上の方に書いちゃったのでそちらで。 2についてですが、戦闘機の速度を増やす=戦闘機をデコイなどで引き寄せてからの攻撃、分散している中隊を1つ1つ潰す などという手段が取りづらいのではないかという懸念からだったんですが…水上艦の対空砲火もありますし、そこはどうするのがベターかはこういう議論の上で 求めていく必要があると思います。結論自体無理に出すわけでもないので、多数が納得できる案でも出てきたらいいな程度に思ってます。 様々な誤解を与えた点は申し訳ありませんでした。
  2.  タイトルの通りですが解りづらいと思いますので具体的にどういう視点からこのトピックを立ち上げたのかを申し上げておきますと、 対空特化型のカスタマイズをした高Tier米軍戦艦やアトランタの使いみちが空母不在の関係で予防にしかならない! 要は対白龍ミッドウェイを想定したカスタマイズをしても、そもそも高Tier帯において空母が絶滅危惧種と言ったところでしょうか。そんなわけで 個艦防衛としての対空砲火が役立たずでより砲戦に特化した艦たちにボコボコにやられて仕事にならないんです。(私が下手ってのもあると思いますが)  これでは予防は出来ても積極的な仕事は出来っこありません。んでもって原因に探りを入れるため、 少しばかり今までの空母についてのフォーラムを覗いて現状に繋がる流れをちょっと考えてみました。  私とてβの少し後の頃に散々別のフォーラムで空母について議論させて頂いたんですが、 当時は、というか当時から空母は「強すぎる」と言われています。昔のトピックの方のセリフをパクらせてもとい引用させていただくと 「ローリスク・ハイリターン」の状態でした。まあ理解出来ないでもないですが。  そうして3つですかね?空母に対しての風潮が出来たんですが、その1つが「空母抜きマッチ」の案。 純粋に砲戦、雷撃戦を楽しみたい人たちが提案したと思われます。  2つ目が「艦載機弱体化案」。要は高Tierの航空機はどれもこれも「硬い、多い、高火力」と言った具合だったので 流石の対空艦も匙を投げたのでしょう。そりゃゾンビのように湧く航空機の群れなんて相手にしてられません。  そして3つ目が「戦闘機の恩恵強化案」。多分これ、某別トピ様にて私が提案したんですけど、言いたいことだけ言うと 本来はそうした航空機に一番効果的に対処出来るはずの戦闘機が蔑ろにされていると主張していました。 何故かというと、「美味しくない」。雷撃機を使い潰してでもダメージを与えたほうがクレジットも経験値も多いからです。  当時は戦闘機なんて使わずに互いの空母がそれぞれの味方を相手の空母へ譲りダメージを頂くという戦法が主流でしたからね。 その結果、2つ目の案がかなり強力に空母使いの人へ効いたみたいです。(1は空母に直接関係無い、3はそもそも実装されず) 全滅させたら圧倒的に不利になるので(詳しくは後述)当然と言えば当然ですが、互いにそれを狙い戦闘機を持つようになってから ・戦闘機同士の戦いになったら実質的に以前の味方艦上納戦術へ逆戻り ・戦闘機に喰われるのが嫌だからそもそも戦いにならない という2パターンになりました。決定打が無いんです。つまらないですね、コレ。ストラテジーでも何でもないです。    その割に「火力と物量は無駄に健在」なんてもんだから普通の砲艦からは嫌な目で見られます。 空母も通常艦も良い思いをしないためメリットはありません。 しかしながら全滅したらリロードが長いという欠点を持つようになり、対空特化艦からしたら結構落としがいはあります。(何より楽しい) しかし対空特化艦にはあの3つの案のうち1番目が効いてしまいまして、空母が居なけりゃ本職でないはずの殴り合いをしなければならない。 主力のサポートに必要な砲戦能力はあれどこれが例えば米軍戦艦だったら力不足にも程が有る。(とはいえ対空はサブの立ち位置ですが) 戦艦はメインを張るべき存在のはずです。大体の艦はアップグレードを付けていますからね、 砲撃にほぼ割いてない状態であるとするなら中々に辛い。話変わって戦艦じゃないですがアトランタなんて対空は駆逐狩りと並んで サブではなくメインですからね、失業ってレベルです。  ここで更なるジレンマと言いましょうか、対空特化艦の対空性能は空母に極めて効いたんです。 上に挙げた上納戦術が使えるのはTier10クラスの硬さを持つ航空機だけで、他は落とされてダメージを入れづらいようで… ダメージを入れられないなら使う価値は無いです。特に高Tierでは収支真っ赤っ赤ですから。 さらに付け加えるなら、これだけは原因が分かりませんが米軍の航空母艦“だけ”は日本軍の航空母艦に圧倒的に劣っている。 ただでさえ少なくなる要素しかない空母が米軍サイドに限ってほぼ絶滅しました。 流石にどうかとは思いますが米軍高Tier空母を使うだけで通報7回すると宣言する連中が湧く程度には弱いです。 ここで空母ユーザーが減ってしまったと推測しています。 ここまでの流れで(合ってるかどうかは不安ですが)この現状になった原因を箇条書きすると、 ・対空特化艦視点での空母の強烈な弱体化 ・通常艦視点での空母の強さによる熱いヘイトの存続 ・空母視点での対空特化艦の暴力的な空母に対する攻撃阻止 ・空母視点での空母弱体化と決定打を与えられる戦術展開のしづらさによるユーザー激減 通常艦と対空特化艦でベッタリペアになればいいという話も聞きますが逆に言えばそうしないと通常艦は気楽に砲撃戦が出来ない。 空母は対空特化艦や敵戦闘機を避けて攻撃しなければいけない。出来ないことはないですが 二人の兄弟みたいな結構面倒くさいマップの場合どうなるんでしょう。大体は戦闘機が中央寄りの布陣、 左右に航空機を落とすに十分な数の艦艇が配置されています。しかもこのマップ、非常に当たりやすい。  以上を踏まえ、まず現状解決に私が提案したいことは「航空母艦ユーザーの増加」が主です。 ですが通常艦の皆々様がそれを納得するとは到底思えません。そもそも対空特化艦とはいえ 20機レベルで航空機が襲いかかってきてそんなポンポン落とせるもんでしょうか? 逆に、高Tierでは普通の艦でも対空兵装はそれなりにあります。あれほど落とせないものでしょうか? 対白龍に至っては対空特化に対空特化を重ねてようやく反撃可能といった具合です。  この増加を受け入れさせるために提案したいのは「通常艦、対空特化艦での格差を減らす」ことです。 これなら通常艦の対空能力も増えて自己防衛も出来るようになって文句は出にくいでしょう。多分。 通常艦は「どちらかと言うと」砲戦重視、対空特化艦は「どちらかと言うと」対空重視って具合くらいを想定しています。  しかしながら空母としては決定打がないとどうしようもないし航空機落としても美味しくない。  よって「戦闘機の敵機撃墜速度及び航空機による撃墜報酬の増加、また攻撃機の速力減少」です。 撃墜速度についてはさっさと落とさないと攻撃機の攻撃阻止が出来ませんからね。 対空砲よりよほど早く落とせるほうがゲーム的にもリアリティ的にも良いでしょう。通常艦からも空母からも戦闘機の価値が上がるはずです。  また、攻撃機が速すぎて迎撃間に合わないとか本末転倒です。というか戦闘機が速いと互いに距離を利用した戦術性のある選択肢が減ります。 よって戦闘機の速度はそのまま、攻撃機の速度減少がいいと判断しました。  航空機の耐久もそのままが良いと判断したのは高Tierにおいての艦隊として動く有効性が空母不在の関係で減っていると判断したためです。 艦隊単位で動くのは対艦戦闘においても多大なメリットがあると私自身考えているので空母にその役割も任せてみたかったりします。  私の主張は以上です。私自身これで良いのか、思いがけないデメリットがあるのか少し悩む部分はありますので皆さんの意見も聞きたいです。 長々と失礼致しました。 通常艦は妙高や天城をイメージ、対空特化艦はアトランタ、アイオワあたりをイメージしているためもしかしたら違う意見も出ると思います。 既存の空母トピにおいては空母を主体あるいは艦種ごとの根本的改善を考えていたようですが、 今回、上に挙げたようにそれぞれの艦の役割ごとの関係というレベルでの改善を求めたいため新たにトピックを挙げさせて頂きました。
  3. groner_1

    艦艇が見えない

     発生した現象:Tier10のランダム戦にて、視界内にもかかわらず敵艦が一切表示されない  艦船名: North Carolina  マップ: 北極光  出現頻度: 一度のみ  再現性: まだ再現テストを行っていない  重要度: 中度  詳細: Tier10、ランダム戦、7人マッチ、起動後2戦目の試合であり、ミニマップには枠線状態では表示されていましたが、 実際の艦艇は敵艦艇のみ一切表示されませんでした。 また、このことを全体チャットで言ったところ、敵Ibukiが 接近(ミニマップを見る限り10km以内)まで接近してきましたが艦艇はやはり表示されませんでした。 沈んだ後、ウインドウの×ボタンよりクライアントを落とし、再起動したところ同マッチに観戦状態で復活でき、 また敵艦艇が正常に表示されるようになっていました。 CPU: Core i7-4700MQ 2.40GHz メモリ: 8GB GPU: Intel HD 4600
  4. >まずは、戦闘機でドンパチやって頂いて、勝った者が雷撃機で艦にダメージを与える。そうする事によって、既存の艦との同居の可能性が見えてくると思います。 これは大賛成です。まさに言いたかったことです。しかしながら… >その為には戦闘機メインの空母、即ち、雷撃機の最大編成数を減らすという事が必要であるように思います。(既存の艦とのバランスを取る為に) これを安易にやってしまって大丈夫なのかという心配がありまして… 編成数減らそうが搭載数と減るスピードの両方が減っては大して変化が見受けられない上、優勢になりそうなところを 確実に優勢に持っていくだけの打撃力が減りそうなんですよね。劣勢の所は戦闘機の動かし方で何とかカバーして状況を好転させる感じにはなりそうですが。 溶けるスピードは早く、搭載数自体は少なくした方が雷撃機を多少なりとも大切に使いそうなものではないですか? その辺の調整は今決めることではないですが、戦闘機に割くための搭載数の割合を多く、雷撃機に割くための搭載数の割合を少なく、 なおかつTierが上がれば上がるほど顕著になる。このような感じでは如何でしょうか。要はリロード回数を減らすという提案です。
  5. あー…なるほど。使い捨てという概念を完全に見失っていました。 使い捨て運用をする空母をどう対応するべきか、という所に焦点を変えなければならないですね… 前半はそもそも空母=スナイパーという構図自体が絶対的に何か違う感じが否めませんので今は慎みますが、 後半の艦載機自体の使い捨ては戦闘機によっていくら止めようと無駄な部分がありますね。 米空母の場合、艦載機の数自体は多いのですが、中隊内の機数が多く中隊数自体は少ないためむやみに使い捨てをすると 整備時間やら再発艦して所定の位置に付けるまでの時間がかなり掛かるのでそこは置いておきましょう。 というかこの話は日米という話自体ナンセンスですね。どちらかと言うと提唱されている頭脳派プレイからは程遠いという話題の方が近そうです。 日空が100機ちょいとは言えどそれらの全てが対艦攻撃可能な機種編成であるとなると問題ですね。 ただこれは中隊云々より雷撃機自体の空母内での搭載数の割合を減らす感じにしたら多少なりとも解決出来そうなものですが、 元の数が多いために割合だけでは予想通りの効果は期待できそうに無いですね。 そもそも使い捨てというのは空母としての構想でも正しいかどうか怪しい節があるんですよね。 はっきり言いますと構図としては制空範囲の穴を見つけて攻撃隊を突入させるスタイルと 制空範囲を広げて行って安全に攻撃隊を差し向けるスタイルで二分したかったのですが少し無理そうです。
  6. 対空砲のbuffについては賛成です。艦隊単位での防空によって効果が得られるのならばそれに越したことは無いでしょう。 空母も出来れば砲艦による防空圏から敵艦隊に見えない程度に後ろ側に居たほうが有利という状況を作るべきです。 壁ズリ、島裏、マップ端などの引きこもり空母はよろしくないと思います。 また、一つ質問なんですが、 空母に対する海のリスクとは何が何でも空母本体に被害が出る形でないといけないのですか? 私にはここが理解不能です。攻撃隊はなんとかして攻撃する、戦闘機はそれをやらせない。 空母は艦載機が一番大事と何度も何度も何度も何度も非常にしつこく申し上げたはずなのですが… 本体は耐久が0で無い限り、艦載機があるなら何度でも攻撃出来るんです。たとえ煤だらけで砲弾によって蜂の巣であってもです。 逆に艦載機があっても戦闘機が居るとか防空艦が居るとか艦隊行動で対空能力が総合的に上昇しているとかで 近づけない場合があった段階で空母が無力になるのではないですか? ましてや艦載機の無くなった空母なんてただの燃えやすい対空砲キャリアーですからね。 勿論制空範囲を広げて敵空母を押し込めた状態だったら別に5中隊の雷撃機が攻撃出来ても構わないとすら思ってるタチの人間ですゆえ。 お互いの艦載機がスルーし合って無双してる状態でもなければこのトピックに書き込んですらいません。そうなってるから問題なんですが。 そもそも空母一強って状態は敵味方関係なく双方に空母による負荷がかかっていたのが原因でしょう。ほぼ間違いなく。 どんだけ仕事しても空母が全部掠め取って掠め取られてとされていれば当たり前ですが文句が出るでしょう。 両方にある一つの要因で負荷がかかるって在り得ないというか駄目ですよね。片方が負荷がかかればそれが航空劣勢ってことじゃないんですか? 艦載機による押しつ押されつといったプレッシャーを与えられない程度までの編成調整では意味が無いんです。 雷撃機の数を単に減らすより戦闘機による戦術に重きを置いて空母同士の戦闘をする。ゴリ押しで戦術というものが空母から脱落してるわけですよ。 雷撃機を下手に減らしてしまうといざ制空権を取っても押す力が無いですからね。安易に雷撃機が突っ込めなければいいと思います。 あと少し提案なんですが、morikawa401さんの意見を見て、考えついたものです。 対空砲の射程内の艦の対空評価値によって手動爆撃、手動雷撃の範囲を設定するのはどうなんでしょうか。手動雷撃で完璧な攻撃が出来るのは駄目だと思うので。 勿論戦闘時の破損とか対空防御砲火の補正とかは必要でしょうがその辺はこの問題が解決してから具体案を決めるということで。
  7. あぁ、今はどこまで行こうが3中隊なんですか…。思っていたより脅威度減ってるじゃないですか。5中隊のままかと思ってました、申し訳ないです。 それはそれとして、考え方としてはローリスクハイリターンは改善すべきですしリスクとリターンの比率を同じにすべきでしょう。 その上でハイリスクハイリターン化の提案は流石に現実味がアレなんで私はどうとも言えません…。 精々転舵中の発着艦不能とか一定速度以下での発艦不能とかその辺でしょうか。 ただ海メインとか空メインとかそのメインという考え方については賛同致しかねます。 私には貴方の発言が空母の戦闘機は敵の戦闘機と戦うためのものだという考え方にしか見えません。 雷撃機も爆撃機も落とせるわけですから、2中隊なんかにしたら雷撃機が敵艦艇に攻撃を加える状況が一切見えません。 というか日本の戦闘機中隊数を増やしたら結局日本の空母の雷撃隊のゴリ押しに逆戻りじゃないですか。 どういうことかと言うと、戦闘機中隊は1中隊ごとに1中隊しか同時に相手は出来ないことはご存知かと。お互い制空編成であることを前提として話をします。 その上で制空編成の米空母でも日本制空編成と戦うと、例えばT10ならば戦闘機は3対4とかその辺りになるでしょう。 戦闘機が足止めされている間に雷撃機が突入しそのまま攻撃するのは目に見えています。 攻撃後は落とされても構わないでしょう。艦載機は沢山あるわけですし、ダメージは与えたわけですから。 戦闘機もお互い弾薬尽きて修理や補給のために帰ってそうなものですが。 一方米空母が、敵空母を日本として敵艦隊に攻撃を加えるとしましょう。3中隊が相手をしている間に手の空いた1中隊が攻撃隊を落として回るでしょう。 結果的に米は無駄に弾薬と艦載機を消費しただけ、日は足止めや攻撃隊の撃退ができて満足となるわけです。 それでも日本空母の戦闘機の「中隊数」を増やすと仰るんでしょうか。私がノーリターンと言ったのはこのためです。 こうなっては、元々制空能力の高いはずの米空母がたとえ空での経験値が上がったとしても相変わらず泣きを見ることになるでしょう。 同じことを何度も言うようで恐縮ですが、 爆撃機、雷撃機は回避が出来ないことを前提に空から打撃を与えるもの、一方戦闘機は味方全体を敵の航空攻撃から護るのが仕事ではないですか? 回避不可能なことを前提に、それが発生する前に阻止する。正直そのくらいじゃないとやり甲斐すら無いですよ。 雷撃機をそこまで減らすな、と言ったのは戦闘機の有り難みが無くなるからです。 攻撃が痛くないなら戦闘機は仕事する必要無いですよね?爆撃機が増えすぎたら今度は駆逐艦が泣きますよ。 味方全体を有利な方向に導くために味方全てに対して空母はリスクを負って欲しいわけです。海も空も重要なんですから。 その代わりそこまでやるからには負けたら空母の経験値だけガクンと減る感じでも良いと思いますよ。 長ったらしく書きましたが以上のことをさらっと纏めると高Tierは味方を快適に戦闘させるにはどうしたら良いかを考えさせる艦種にすべきではないか、 その上で雷撃機減らす、戦闘機増やすといった単純な方法で日米共々の解決が望めるかというと非常に怪しいのではということです。 今までが自分の利益のために戦闘機を蔑ろにし味方を顧みない状態だったのでその逆をどのように目指すかを考えていました。 その場合の経験値については結構練らなきゃいけない部分はありますがそれはどの方向に持っていくか次第でしょうね。
  8. それこそマッチングによる空母の数の偏りがいけないんではないですかね…それほど艦載機性能による影響が大きい艦種なんですから。 1対2とか0対1とかTier差マッチング自体良くないんですよ。 勿論T7以降は3~5中隊になることなんざ理解してますよ。しかし高Tier艦艇になってまでそのままの雷撃機数では ダメージの割合的に駄目じゃないですか?貴方こそ高TierのAA性能を理解しているのですか?体感ですが低Tierの方が落ちませんよ。 3中隊は無いとローリスクでこそあれど下手をしたらノーリターンですよ。空母対空母の構図を作るしかないというのは 空母を直接的に押さえ込めるのは空母だけなんですから当たり前でしょう。むしろここまで影響の大きい艦種を 牽制し合えるマッチングじゃない時点でおかしいですって。空母対空母の駆け引きに勝てよ、としか言いようが無いです。 空母一強だったら艦載機で一方的にボコボコに出来るわけですよね?要は最初に挙げたマッチングじゃないですか? それともですが。以前から言っていたことがもしかして意味がねじ曲がって伝わったのかと。 戦闘機で相対的に雷撃機の攻撃の到達数が減らせるがそれは空母同士の駆け引き次第って意味合いで何度も言ったはずなんですが… 伝わってませんでしたかね?すごく噛み砕いて言えば上のようなことです。
  9. 実際の所中隊の機体数とか雷撃範囲とかに大きく影響を受けるので編成数が少なくても大差無いかと。 というか単刀直入に言うと高Tierで戦闘機が目立つようになった上で雷撃機をそこまで減らすのはやりすぎですって。 戦闘機は雷撃機を最優先で攻撃する場合が多いんですから。
  10. >であるならば、尚更空を守るお仕事に徹するべきでは? ああ、言ってることが滅茶苦茶ですね。確かにそうなります。 攻撃偏重編成の存在価値が完全に無くなるのではと思ってたんですが頭の中で整理が付いていなかったようです。 >これは雷撃機を最大で4にするという事ですか?爆撃機を4にするという事ですか? 正確には全中隊数、もしくは搭載機数の過半数を雷撃機に割り振るのは良くないということです。
  11. ふむ、修正前提の話でしたか。それは失礼しました。 戦闘機5ならミッドウェイあたりとも張り合えそうなものですね。 しかし雷撃機をそこまで少なくすると戦闘機の配置ミス時のリスクが低くなりそうなんですよね。 空母はサポートでありながら戦艦に並ぶ主力艦なんですし、やはり影響力が多少なりとも大きくあって欲しいですね。 空母のみの無双ではなくチーム全体の影響力です。制空権下で悠々と砲撃戦をさせた方がチームのためになります。 その上で制空権が取られた時の打撃が非常に大きいなら問題は無いのでは? 艦載機自体の行動範囲が広い以上、自分のリスク云々ではなく味方全体のリスクを背負うべきです。 制空権次第で味方の壊滅と味方の無双で分けられるようになるんですから。 勿論自分の艦載機の使い方にミスがあったせいで味方が壊滅した方が空母のリスクは高いわけです。 しかし、どのような編成であったとしても、雷≦爆 という感じで雷撃機を抑え目にするような変更は必要だと思います。 現在の白龍なら攻撃偏重でも雷≦4、戦闘機5なら雷≦1 のような感じで。
  12. 米ならそれでもいいと思いますよ。ただ日本でそれやっちゃうと中隊数、編成数等を考慮してバランスが崩壊どころじゃなくなると思うんですよね。 攻撃はできない、制空力は不足、おまけに生存性はともかく速力と危険視されやすい関係で戦闘機どころか巡洋艦AAで全滅必至、戦闘機にも捕まる始末… それは駄目ですが正直雷撃機はどんなに多くても現状の日本の場合4中隊が限度だと思います。 バランス的には制空力の高い空母(編成と性能両方合わせて、アップグレードやスキルは度外視)が 同格の日本攻撃偏重中隊で雷撃機だけは全滅させられるか否か程度がいいと思います。 実際には爆撃機が先に襲ってきたり戦闘機が護衛について居たりということもあるのでこのくらいが良いでしょうかね。
  13. あのですね、公式の開発者日記とかでは空母はアクション要素が苦手な人でも頭を使ってプレイ出来るってのをアピールしていたじゃないですか。 公式がそういうふうに言っている以上空母でゴリ押しっていう要素を作っていいのか?と少し疑問に思いまして… 頭使って艦載機を動かして制空権を取ったら悠々と敵艦に攻撃が出来るという状況にならなくなりそうなんですよね。
  14. というか戦闘機が目立つようになったら相対的にダメージ量減るのでは…?
  15. これ以上魚雷火力が減少するとアレなんで魚雷の投射範囲を日米の雷撃隊全てで広げるなどにした方がいいと思います。 勿論手動の方が締まりを良くするにしろ今までの締まり具合では戦艦が溶けますので…魚雷の単発火力だけが火力では無いはずです。 日本も広げたほうがいいというのは物量のせいで縦に数本連続命中しやすいので2列被弾のリスクを下げたほうがいいと考えました。 勿論微妙に列をずらされたらどうしようも無いですが正直あの忙しい視点でわざわざそれをやるには相当な技量と余裕が必要ですので大丈夫かと。 爆撃機に関しては上空に来た時点でボロボロ落とされるのは確定です。また、駆逐艦等の軽装甲な艦艇に対してかなり有効な攻撃でもあります。 回避不可能であり対空能力も低く一発2000~3000ダメージですら割合的には数割削れるわけですから。 しかし手動爆撃の範囲がシビアすぎて正直数を当てるのは不可能であり、速力も比較的遅いため往復に時間がかかります。 勿論、再度の索敵もしなければなりません。というわけで爆撃機は一旦現状維持という形でもいいのではないでしょうか?
×