Jump to content

Golden_ratio_S

Beta Tester
  • Content Сount

    392
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    12958
  • Clan

    [LSPC]

6 Followers

About Golden_ratio_S

  • Rank
    Lieutenant Commander
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Not Telling

Recent Profile Visitors

2,189 profile views
  1. 北風に五十六のっけて暴れまわったら、ドレッドノートまで取れた
  2. Golden_ratio_S

    何故日本アカウントだと同じ隠蔽性でも

    隠蔽専門家か隠蔽アプグレ取ってないんじゃないです? もしくは同期によるラグの間違いでは?
  3. まずは画像をご覧ください。 注目してほしいのは右上です。 リボンの種類が多いことによって3段目まで来てしまい、被発見インジケータと被ってしまっています。 駆逐乗りにとって、被発見をされているかいないかの情報は重要であり、 このように大部分を隠されてしまっては、被発見の見極めが困難になってしまいます。状況次第によっては致命的にもなります。 被発見インジケータの表示位置を右上から左上に変えてくれないでしょうか。 (大画面にすればいいんでしょうが、個人的にはリボンに隠れてしまうこと自体が問題だと思います。)
  4. ホスポや幸運の海で左右端行くべき理由は2つ、左右端からの視界取りと敵駆逐などの裏回り阻止。 ぶっちゃけ、ホスポや幸運の海には近くに島があるんですから、そこにデモインとかのレーダー艦をポンと置いとけば、それだけでホスポ東以外は容易に相手にキャプを渡さずに済むんですよ ホスポ東の場合、周りが島になって見にくいせいで、隠密性を保ったままの進軍がしやすく、気づけばクロスを取られていたというリスクを回避するために東端は行くべき場所です。それを分かってない奴があちこちマークしてspotだの言うんですよ。 巡洋艦や戦艦からしては、何処にいるかわからない駆逐が一番脅威な存在です。万一裏に回られたら、その処理のために戦力を割かなければならず、結果的に戦線は崩れて負けてしまうパターンも結構あります。 もしあなたが勝ちたいという精神を持っているなら、「どのようにして負けたか」の分析を必ず行ってください。 私はキャプ合戦はほとんどしません。踏みあってるだけで他に何もしてない時間が私にとって非常にもったいないからです。 それなら敵に魚雷撃って数減らしてからキャプしたほうがまだいいってものです。 B船体でもC船体でも変わらない?いいえ、間違いです。 3つの船体の中で、一番HEのDPSが低い艦って、C船体なんですよ。 A:1843 B:2400 C:1350 もちろん、あなたの言うようにC船体で巡洋艦のバイタルを狙えば、簡単に万のダメージを取ることも可能でしょうが、私にとっては、その状況自体が日駆の失敗です。 大体、その役目はソ駆だってできます。独駆だって可能です。わざわざ晴風C船体で巡洋艦のバイタルを抜きに物陰伝ってダメージを負ってまでやる意義がありません。 晴風は砲と魚雷以外は陽炎とあまり変わりません。スポットに徹するとき想定されることは、敵駆逐との遭遇なので、その時にどれが一番ダメージ効率がいいかと言われたら、やはり長10cm砲であるB船体です。 晴風B船体は「自衛できる陽炎」なんです。 もしC船体にのみ対空防御放火がつくようになったらまた状況は変わるのかもしれませんが、 現状ではBが最善の選択肢であることは疑いようもありません。 まあC船体でも平均以上のダメージを出して味方の勝利の貢献できるという自信を持っているなら、C船体を使うのもいいかもしれませんが。勝負なんですから、勝ちは目指してくれないと。 隠蔽の良い日駆ってのは、前線に出てスポットして、時折魚雷を当てに行く。ただそれだけですが、砲撃または耐久面で心もとないので、周りに細心の注意を払いながら行動する必要があります。 だからこそ、生き残るために敵の配置パターンを学習し、勝つために負けたパターンを分析するんです。 それとさっきから聞いているようだと、味方に命令されたからその通りに行動したように見受けられますが、はっきり言って、勝率60%越えの強豪クランやプレイヤーでもない限り、無視することを勧めます。 もう一つ、味方の命令を鵜呑みにしているうちは絶対に成長しません。命令を受けたとして、「その行動がどう影響するのか」「ほかにもっといい方法はないのか」を考えないうちはまだひよっこ同然です。
  5. うん、私にとってはそのシチュエーション自体が稀です。 あなたの言うそれは、日本駆逐の特徴である高隠蔽を活かせていないのと同義です。 なぜ、あなたの駆逐の生還率が高くないのかわかった気がしました。 日本駆逐は秋月系統を除けば、近距離砲戦は強くありません。晴風でも、耐久が低いという欠点があります。 となると、まず避けなければならないのは、敵駆逐とばったり出会うことです。 そしてそのために日本駆逐が活動するのに適した場所は、近くに島がない開けた場所であり、近くに島があるような場所ではありません。周りに島があるような閉じた場所に行くこと自体、日駆の失敗に他なりません。 あなたは自分の耐久をいくらか犠牲にして敵を倒すことを考えているようですが、リスクを負って前線を張る以上、敵駆逐に見つかって砲撃されることもあるので、耐久は無駄に減らしてはなりません。戦艦の弾くらいと思っているかもしれませんが、春雲やハバロフスク以外はすべて過貫通オンリーとは言え、1発あたり1000以上もっていくことについては、やはり看過できるものではありません。そしてはっきり言って、自分の耐久を犠牲にしてでも敵を倒すだけの価値があるようなシチュエーションは全然ありません。そしてその役目は相手が耐久フルに近い大和型でない限り、他の駆逐でもできます。 せっかく高隠蔽である日本駆逐なのにその使い方をしているようでは、日本駆逐である意味はほぼありません。 もう一つ、このシチュエーションだと、あなたは大体島から出てきて敵に攻撃を仕掛けるのだと思いますが、その時、多分T字有利の形になるので、魚雷は当てられて、1,2発だと思います。それで耐久フルに近いT8以上の巡洋艦を倒すことは晴風の魚雷ではできません。戦艦となれば、半分くらい残っている時点で、T字有利の形から魚雷で倒すには無理があるでしょう。 だからと言って耐久が減るのを待つというのも、その間、自身は何もしていないというのとほぼ同義です。駆逐の仕事はたくさんあるのですから、物陰でじっと待っている場合なんて本来はないはずです。 よしんばあなたのやり方で敵を倒せたとしても、当然あなたの方もダメージを負っています。そして先ほども言いましたが、それが必要な犠牲かと言ったら、それに該当するシチュエーションはほとんどありません。 日本駆逐に乗るなら、その特徴を理解し、日本駆逐にしかできないことをできるだけやってください。あなたのやっている行動は日本駆逐である必要がありません。 もうこの時点で被発見のシステムを理解してないのだとわかりました。 砲撃したら被発見距離が延びます、そしてその範囲内に敵がいるなら、最大で20秒見られっぱなしになるんです。 煙幕を使って隠れることによって、被発見を解除し、元の隠蔽に戻すことは可能ですが、日本駆逐を使うにおいて、見つかったら即煙幕、撃ったら即煙幕なんてしているようでは、煙幕がいくつあっても足りませんし、何より本当に必要な時に使えないという場面に遭遇することもあります。 砲撃を利用するのは構いませんが、砲撃することによって起こるリスクもちゃんと理解したうえで使ってください。
  6. まず晴風(に限らず、駆逐に乗ってて)で、敵巡洋艦から5.0km以内にまで迫られること自体、駆逐の失敗じゃないですかね? あと晴風の隠蔽はマシマシで5.4kmだから、(遭遇した形や相手にもよるけど)0.4km離れればいいだけなのに、わざわざ撃って20秒間見られっぱなしになるリスクを背負うだけの価値がある場面って、結構限られませんかね? あなたのテクニックも覚えて損はないけど、それ以前に、まずその状況に陥らないための努力を優先してするべきではないでしょうか。
  7. 2018年12月27日(木)の夜に行われた、Vtuberの闇夜乃モルル氏が行ったWoWs生放送、日本運営もRTしており、話題になっていました。 しかし蓋を開けてみると、そこで行われているのは、ワイワイ楽しむ生放送とはあまりにもかけ離れた、「初心者生主狩り」としか言いようのないものでした。 トレーニングモードで視聴者と戦う趣旨の企画を行いましたが、そこに参加した人たちの中には、かなりの実力を持ったクランに所属する人も散見されました。 その結果、何が起こったかというと、ベテランたちの緊迫した戦いばかりになってしまい、放送主が完全に蚊帳の外となってしまいました。 その試合が3回続くこととなり、特に1戦目は、生主が発見され次第、集中砲火を受けており、30秒とももっていませんでした。 元々トレモ自体が任務レベル15でないと解放できないこと自体に疑問符が付くのですが、それを差し引いても、今回の放送はあまりにも醜悪としか言えないものでありました。 このような事態になったことは大変残念なことであり、早急に対策が求められるものであります。 具体的な対策案 ・トレーニングモードを最初から選択できるようにする。 トレーニングしたいのに15にならないと選ぶことができないって、矛盾してませんかね?誰でもできるようにすべきです。 ・戦闘数500戦未満かつT6以下の初心者に対する、歴戦の猛者参入の禁止。 自分としては、戦闘数2000戦以上かつ勝率55%以上の人は、戦闘数500戦未満かつT6以下の初心者の戦場に介入すべきではないと考えています。 これはシステムの要望というよりも、ユーザーに対しての要望であります。私の定義も一個人の定義にすぎず、 実際の初心者および歴戦の猛者の定義は各々が話し合って決めるべきだと思います。
  8. 他の船を見ていたら、「あれ、この船にこの旗(迷彩)積んでたんだ」と思うときが時々あります。 皆さんも経験あるはずです。そして所持できる艦が多いほどこの事象は起きやすいです。 どの船にどの旗(迷彩)を乗せてるか、一目でわかるような機能が欲しいです。 もしくは現在装備中の旗や迷彩がどの艦に装備されてるかわかる機能。
  9. Golden_ratio_S

    ボトムtierマッチ時の上方補正の導入

    ボトムとトップがそれぞれ何のTierかによるのではないでしょうか。 ちなみに隠蔽に手を出すのは断固として反対させていただきます。 駆逐においては神風や陽炎など、巡洋艦においては最上やクリーヴランドなど、 隠蔽の優れた艦が猛威を振るう可能性もありますから。
  10. 知る権利は全国民にあるもので、マスコミの特権などではありません。 もう一度調べなおしてください。 「戦車や飛行機でも」 私は一向にかまいません。非公開は現状、メリットよりデメリットのほうが圧倒的に多いです。 署名も考えてはいますが、まずはフォーラムで賛同者を見つけることにします。
  11. その任務をクリックしてみましょう。 コサックかル・テリブルしか使えないって書いてあります
  12. そんなことしたら長射程魚雷にかまけて全然前に出ずに魚雷垂れ流すだけの駆逐が絶対に出てくるので断固として反対します。 キッドは魚雷が1基しかないとはいえ、その他はフレッチャーと大して変わりません。 しかし、修理班が存在することが、キッドの最大の武器です。駆逐に対してガンガン砲撃して、危なくなったら下がって回復し、また戦う… 駆逐に乗ってキッドを相手にするとき、これほど面倒くさいことはそうそうないはずです。 「駆逐のみ、敵艦発見による経験値を上げる」じゃダメなんですかね?
  13. Golden_ratio_S

    ダーシャからの手紙

    このツイートからです。 ただ、今回のハロウィンのために用意されたものではなかったようです。 ASIA:H3D33P→HEDEEP
  14. Golden_ratio_S

    ダーシャからの手紙

    いや、deepの最上級詞にdeepestというのがあるので、 the deepest in 〇〇になる可能性が
  15. Golden_ratio_S

    ダーシャからの手紙

    https://worldofwarships.com/en/content/docs/a-message-from-me-to-you/ NAで出たモールス信号を解析したところ、 2NDPARTOFCODEIS35T1N と出ました。 つまり、第2のパーツは35T1Nだということです。 leetspeakで変換するとESTINとなります。 ASIA:H3D33P→HEDEEP NA:35T1N→ESTIN 残るはEUだけです。
×