Jump to content

blm_raizu

Member
  • Content Сount

    12
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    14517
  • Clan

    [FN]

Community Reputation

9 Neutral

About blm_raizu

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Recent Profile Visitors

386 profile views
  1. blm_raizu

    空母の問題点について

    理解不足によりボケかましただけなので、数値は忘れてくださって結構です。 ご迷惑をおかけしました。 AreaSteal氏、ありがとうございました。
  2. blm_raizu

    空母の問題点について

    まずはじめに。 私の認識が間違っていたら謝罪致します。申し訳ありませんでした。 それでは以下の文はどういった意味になるのか、申し訳ありませんが教えて頂けますでしょうか? 「Average value for best X% players in given categoryEx. average damager for 5% players with highest average damage.Conditions: min. 20 battles, PVP」 私の拙い英語力では、こちらで条件に20戦分と書かれていると思っておりました。(この文章は右上の?マークをクリックすれば確認出来ます。) 次に、統計情報を確認するならば0.8.5以前(AA強化前)とそれ以降で数値を比較しなければ空母が置かれた現状の把握は出来ないと思います。そのため、その期間が混同されている水平様の3ヶ月分は無意味なデータです。 0.8.5以前とそれ以降では使用している側からはあり得ないほどの差があるのですから。 勝率は指標としないことは承知しました。 与ダメージ等で考えた場合、やろうと思えばCAPが出来る他艦種と比べ、空母は最後の最後にしかCAP出来ないこと、侵攻に対する足止め手段が艦載機を消費しての航空攻撃しかないことを考えれば、 最低限、これ以上の弱体化は不要と考えます。
  3. blm_raizu

    空母の問題点について

    ①・・・このサイトは直近20戦のデータ?を表示していると記憶しています。そのため、旧空母、新空母と別れて表示されています。このデータは現在の空母の状況というのが見れるデータです。(間違ってたらすいません) ②・・・すいません、どういう意味でしょうか? ③・・・すいません、平均値を信用出来ないって今まで数値でお話していたのはなんだったんでしょうか? 申し訳ございませんが、AreaSteal氏の言っていることがよくわからないです。数値は信用できないと言いつつ、水平工房様からの数値を元にお話されていたりしていて、ただ空母がお嫌いなだけと思えてしまいます。 実際、影響力が高いと一般的に言われる駆逐の勝率が他艦種と比べて平均が高いことからも、一旦は勝率=影響力と考えてもいいかと思います。 また、他艦種も同一艦種がいないマッチは変則マッチ以外にないのですから、そこは他艦種と平等に考えて問題ないんではないですか? 最後に、noirend氏がおっしゃってるように、空母ユーザーはフォーラムに諦めに似た感情があると思います。 何を言っても都合のいい解釈を元に数の暴力で反論されるため、萎え落ち的な感じでフォーラムを見ることも無くなっていきます。(実際、自分がそうでした)
  4. blm_raizu

    空母の問題点について

    これ以上の弱体化は空母を使用する側としては許容出来ません。 ただでさえ、マイノ・ウースーター等の周りは防御砲火なしでも聖域化(通常は航空機が一切近寄れない)しています。 (というか、そもそもその話が上がってこない時点でここのフォーラムは公平ではないですね) 空母はCAPすることが最後の最後以外難しいこと、足止め手段が航空機の姿を晒しての攻撃以外にないことを考えてください。 その上でさらに下方修正とか、空母削除されたほうがマシなレベルの提案です。 ちなみに、空母の勝率は他艦種と比べると下がります。 他艦種では49~50%くらいが平均ですが、空母はどうでしょうか。 これを見る限り、試合での影響力(勝利するための力)は他艦種と比べてむしろ劣っているとも言えるのではないでしょうか? ※wows Stats & numbersより 勝てない艦種に誰が乗るんでしょうか? 正直、スポット能力についてもいくら高いからと言って勝てていない事実がある以上、このままもしくはバフと合わせて実施してもらいたいものです。
  5. blm_raizu

    Kremlinの性能について

    実装後、使用していますが正直な話、GKの上位互換に感じています。 GKの現状を考えて、KREMLINのNerfではなくGK側をBuffする方向で調整して頂きたいと考えます。 だって、走攻守すべてでGK出すならKREMLINでよくね?になってますやん。。。
  6. 海戦にて、以下の操作をした祭にマイ・アテンプトのカウンターが倍々で増えていく ①クライアントにて海戦のページを開く ②クラン戦のページを開く ③海戦のページへ戻る 参考画像 https://gyazo.com/d0b48a9685e9d8fe21fae8a36d5829e9 https://gyazo.com/b17556b0451c6b7cbe1f3102fc5a697f
  7. blm_raizu

    航空母艦の現在の仕様について

    そうですね。例えばですが対空防御砲火の効果に以前と同様に拡散効果などを盛り込み、さらに魚雷などのダメージを低減させることでダメージを抑えることが出来るかと思います。 また艦種の特性上、どうしても生存性が高くなりますので、もっと艦載機を枯れさせる調整も必要ではないでしょうか。 ただ、実際の戦闘では後半になれば、ほぼ歯抜けの中隊で出撃していますので、あまりキツイと序盤で何も出来なかったり、予想以上に艦載機の消費が高くなると思いますので、その辺は適度な調整を必要と考えます。 そうなってしまえば、旧環境と同様になってしまいますので・・・ ちなみに、私個人の感覚ですが、例えば白龍では雷撃機が試合終盤では1中隊4機程度まで機数が減少します。2本雷撃ならば2回分です。フル中隊ならば12機編成6回雷撃できるところが2回になります。 爆撃についても同様に3~5機程度まで消費します。ロケットは比較的使用頻度が(私は)低いので、後半に一度フル中隊で出撃出来ることが多いですが、それでも2回目はフルで出せることがまずありません。 ちなみに、ロケットは戦艦に当てた場合、ひどい場合では12発砕かれることもあるほど、戦艦に対してはけっこう無力です。(砕かれていない場合のダメージは3000ほどでしょうか?) この程度の撃墜率の場合、艦載機の損失は80機ほどが撃墜されています。旧環境では予備機含めて空母は艦載機を100機ほど保有していましたのでこの差がどの程度の戦力と判断されるのか、 これは私としては判断出来ません。 (ちなみに対空艦がいない場合や、相手チームが集団行動をしていない場合は60機程度の損失となる場合もあります。この差も 継続的なスポットについては申し訳ありません。上手く表現出来ないのですが空母の往復ビンタより前線にいる駆逐のほうが長時間スポットを継続することが出来るということです。 空母の艦載機は攻撃が終われば帰投しますし、対空砲火の中にいれば短時間で撃墜されてしまいます。 また、戦艦等が水上艦にスポットされ続けた場合、駆逐の魚雷を警戒するなどの効果も見込めるのではないでしょうか?(言っている意味がわからなくて申し訳ありません。ここはもう忘れてください。) こちらはノーリスクであるという主張のみが見受けられたので、リスクを支払っているということを主張させて頂きたいために記載致しました。 他艦種と違った形でのリスクとなりますので、水上艦側からはわかりにくく、ノーリスクという話のみ独り歩きしているように感じたため、何度も主張させて頂きました。 航空機の枯れは上で記載した通りとなります。 これがリスクに見合っている、見合っていないについては、正直見合っていないのではないか?と感じています。 これについては新システムが実装されてからまだ日が浅く、空母の調整(弱体方向)が毎パッチごとに入っているため、空母側としても話が出来ないというのが現実だと思います。 例えば、爆撃ですが前回のパッチ以降、明らかにVP命中率や駆逐への理不尽なダメージ(1万以上のダメージなど)は減っています。 これは入射角や拡散などの調整が入ったためと思われます。 ただ、そういう状況ですが、現環境で私個人が思うことを以下にまとめます。 基本的な考えとしては、撃墜数の増加および火力面の低減を目的とした意見として見ていただければと思います。白龍よりの視点となっているのは自分が白龍を愛用しているからとなります。 ・対空防御砲火の効果の変更・・・現在の効果に加え、旧環境であった拡散効果を付与。>>>>命中率低下によるダメージ減 ・攻撃機のHPの調整・・・攻撃機(ロケット)のHPを低減させ、駆逐単体での撃墜率を向上させる。>>>>駆逐艦への脅威度の減少 ・魚雷ダメージの調整・・・これは白龍に限ったことですが2本魚雷のダメージを現状の9700?程度から8000~7500程度(MIDWAYが6000強なのでそれよりは高くあるべきと考えます)へ低減。>>>>単純な与ダメージ減 ・攻撃態勢時の航空機に対するダメージの増加・・・攻撃態勢に際の航空機に対する「対空砲範囲内での継続ダメージ」の引き上げ(ただしこれはマイノなどの対空艦に対して空母が無力になる可能性有り)>>>>被撃墜率UP ・HE爆弾の集弾調整・・・HE爆弾の集弾を調整し、小目標(駆逐艦)に対してのダメージを軽減>>>>駆逐艦への脅威度の減少 ※艦載機の復旧時間については、どうするべきなのか判断つかないため記載しません。 これについては大いに賛成致します。 たしか、実装当初ははじめは空母側でマッチング待ちが長時間発生するためという理由で複数マッチとしていたはずですが、現状でも引き続き複数マッチが発生しています。 ただT10は基本的に1隻となりましたので、T8以下も早急に1隻とするべきと考えます。 それともまだ結構待ちがあるんでしょうか?空母だと待ち時間が長すぎるので、空母に乗る人が減る。などは空母ユーザーとしては避けたいと考えます。
  8. blm_raizu

    航空母艦の現在の仕様について

    この仮定になんの意味があるのでしょうか? ただ、空母を否定するためだけの仮定の話をし始めてもしょうがないのではないでしょうか。 副砲と対空砲の破損と主砲が攻撃するたびに1門ずつ削られていくのは同義なのでしょうか?それが攻撃するたびに発生することはリスク以外の何ものでもないのではないかと思います。 だた、確かに他艦種と比べてリスクが低いことは確かだと認識しております。 私が主張したいこととしてはノーリスクではなく、一定のリスクを支払っているということです。 言葉足らずで不明瞭となったことを謝罪致します。 ※下記の文章は途中送信があったため加筆・修正しています さて、何やら粘着のようなレッテル貼りで援護もしないチート艦種だと主張されている方がいらっしゃいますが、そこまで出されるのでしたら以下の数値まできっちり出したら如何でしょうか? ここまできっちり出したほうが冷静な分析が出来ると思います。 (水平工房様より引用:http://maplesyrup.sweet.coocan.jp/wows/ranking/20190420/asia_week/average_ship.html) 上記のように航空機撃墜数の平均は他艦種と比べて違いはほぼありません。この点は旧環境からの変更点である戦闘機の仕様変更によるものと思われます。 ただし、観測ダメージをご覧いただけるとわかるかと思いますが、駆逐艦の観測ダメージを大きく超えており、援護方法が防空・観測ではなく、観測のみへと変わったことが伺えます。 (旧環境での観測ダメージを見つけられなかったので旧環境との観測ダメージの比較は出来ませんでした。) また、占領については他艦種と比べるとほぼ貢献がないことがわかると思います。 代わりに防衛については他艦種とくらべると3隻とも十分貢献していますが、特に白龍以外が異常な数値を叩き出しております。 防衛への貢献が高い理由としては水上艦と艦載機の機動性の違いによるものと思われます。 上記のデータを見る限りやはり何らかの調整(火力の低下や観測ダメージの低下など)が必要とは認識致しますが、WGの調整内容からも駆逐艦よりのサポート艦としての立ち位置に置くべきなのか、 火力艦としての立ち位置に置くべきなのかが明確になっておらず、どちらも対応可能(ただし占領には向いていない)なことが現状の空母に対するヘイトの高さと、明確な論点のない空母叩きとなっているのかなと考えます。 データ部分をスポイラーに格納し、文字色を修正いたしました。          seezer
  9. blm_raizu

    航空母艦の現在の仕様について

    GFcommanderさんから挑発的かつ侮蔑的なご指摘を頂いておりますが、私としてはここで議論されている内容について、空母側の視点としての意見を述べたまでです。 空母側はこういう理由からこれをリスクと捉えている。などと理解していただければ幸いなのですが、理解出来ないような方でしたら今後はスルーさせていただきます。 (いくら説明しても考えが凝り固まっているようですし。。。) 以下、自分の投稿以降にて返信すべきと思った部分を記載いたします。 まず、皆さん何故かスルーされておりますが、大和のアベレージ「約83 000 」を超えていますが、コンカラーのアベレージ「約106400」は超えておりません。 その上で大和については使用者がずば抜けて多いイメージがあり、平均ダメージは控えめとなっているのかと考えております。 また、戦艦には高HPや1撃の重さを利用した圧力もあり、相手を後退させることも可能という能力があります。(これは空母にはない戦艦としての特色だと思います) 上記を踏まえると、白龍は少し高すぎると感じますので、(空母同士で見るならば)MIDWAYくらいが順当ではないかと思います。 ですが、ここで空母の索敵能力を考えた場合、特殊な駆逐を除けば42000~46000程度が駆逐艦のアベレージのようですので索敵能力に対して、ダメージを出しすぎているという意見があるかと思います。 この点については、陣地占領や長時間の継続的なスポットが出来ないこと、スモークでの援護が出来ないなどの要素があるため、駆逐よりアベレージが超えるのは仕方がない仕様と考えます。 巡洋艦との比較については、各巡洋艦が個性的なため、正直難しいです。 ただし、巡洋艦の中でも火力艦と思われるアンリについては平均与ダメージが約91000と空母と同程度になります。 以上から他艦種と比べて突出して空母のみがダメージを出しているとはならず、調整は必要だと思いますが、大幅な調整は不要と考えます。 まず、生放送を行っているような方は十分な研鑽と工夫を行っている方が多いかと思います。 そのため、生放送を行っているような方は他艦種でも十分なダメージ・戦績を出していませんか?自分はそのように感じています。 また、上に書いた通り、突出したダメージを出しているということはないと考えております。 次に、「HP損失のリスクがないので攻撃に専念出来るから~」という部分についてですが、本体のHPは減らなくても回避不可能な攻撃能力の損失というリスクがあります。 水上艦のHPが有限なように、空母の艦載機もHP性が導入され、補充にも限りがある、有限なリソースなのです。 艦載機の撃墜、ダメージは例えるならばHPを削られつつ、必ず主砲や魚雷発射管などが大破・機能停止していくとイメージしていただけると解りやすいかもしれません。 また、他艦種も偏差や立ち位置などの工夫をしていると思いますが、空母だって偏差や侵入ルートなどの工夫をしているんです。 どうすれば対空砲の攻撃を受けずに攻撃出来るか?攻撃後に集団に突っ込まないようにするにはどのルートから侵入すればいいか? この艦は前進・バックどちらか?転舵はどちら側か?など水上艦と変わらない予測をしなければならないんです。 さらには駆逐艦と同様に索敵も役割として求められており、自分の艦載機をどこに回せば水上艦が撃ってくれるのか、前に進めるようになるのかなども考えていく必要があります。 こう考えれば、空母は工夫しやすいということはないのではないでしょうか? こちらについて、キルデス比はどこからの引用でしょうか?確認方法がわからないので教えていただけますでしょうか。 生存性が高い理由については本体が後方に布陣することが前提の艦種だからではないでしょうか? 本体が無力で艦載機の能力に依存している空母がキルデス比が他艦種と同等ではバランスとしておかしいのではないですか? (旧環境の空母でも私個人の撃破比率は6前後という結果でした) なお、平均ダメージを確認した某サイトでは1戦あたりの平均キル数は白龍、MIDWAYともに約1となっております。 この数値は他艦種(駆逐、巡洋、戦艦)では0.8程度が平均のように見えますので、空母は高いと言えます。 この点は何らかの調整が必要なのかもしれないと考えられます。 ただし、これは他艦種とは大きく違う特性の艦種であることを踏まえればどうなのか?という部分について考察出来ておりません。 最後に重ねて記載しますが、現環境が空母にとっても水上艦に取ってもバランスが取れていると思っているわけではありません。
  10. blm_raizu

    航空母艦の現在の仕様について

    ランダムでは暴言等があったため改変前はCOOPで空母に乗っていたものとして、改変後の空母は敷居が大きく下がり、他艦種と同様に気軽に乗れるようになったと思います。 その上で、読んでいてこれだけは認識の違いがあると思った部分を以下に書き出させていただきました。 ①空母の与ダメージについて  空母のASIAサーバの全体平均ダメージを某外部サイトにて確認したところ  「白龍」約96600  「MIDWAY」約90600  となっております。比較対象として大和は「約83000」、個人的主観でダメージの出しやすいコンカラーでは「約106400」となります。  10万以上のダメージを出しているプレイヤーは私自身含めて、工夫や努力をしているんです。  そのため、雰囲気として流れているような【空母は10万オーバーを簡単に出せる】などと言うことはありません。 ②空母側のリスクについて  他の艦種は発砲ペナルティや発見距離によりHPを支払って攻撃しているということですが、空母は攻撃力をリスクとして支払って攻撃しています。  例えば白龍の雷撃機ならば艦載機の補充には74秒の時間がかかり、1試合20分ですので、1200秒/74秒で約16機の補充があります。  白龍は1中隊12機編成ですので、甲板上に初期配置されている24機と合わせても3中隊分しかありません。  その他の艦載機では攻撃'(ロケット)15機 初期配置14機 1中隊9機、 爆撃16機 初期配置18機 1中隊12機ですので、最大で合計103機の艦載機を使用することが出来ます。  他艦種が弾薬に上限などない中、空母には上限があるんです。  その上で水上艦の場合、回避等でHPを支払うことなく攻撃出来ますが、艦載機は対空砲範囲内にいる限りダメージを受け続けるんです。  水上艦目線で言うなれば、攻撃する際には必ず砲弾を受けなければ行けない仕様なのです。  そのため、空母はノーリスクで攻撃しているわけではありません。HPではなく攻撃力を支払って攻撃しているわけです。  無限と勘違いされている方がいらっしゃいますが、空母側が工夫して艦載機を枯れさせないようにしている点を考えていただきたい。 他にも気になる部分がありましたが、ひとまずここまでとさせていただきます。 ツラツラと書かせていただきましたが、現状のバランスについて私もベストだとは思っておりません。 例えば、水上戦闘機についてはせっかく出しても空母側としてはそこまで驚異だとは思えません。だって逃げれちゃいますし、なんか反応鈍いですし。 水上戦闘機には必ず空母側の艦載機が落とされると言うなら驚異ではありますが、現状では一時しのぎにもなっていないというのが感想です。 以上、空母ユーザの視点からでした。
  11. 2部単独1クラン正式名:Friend Navy クランタグ:FN連絡先IGN:①onikudaisukida、②hidekbt、③blm_raizu
×