Jump to content

mutuhito_hafuri

Member
  • Content Сount

    111
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    7069

1 Follower

About mutuhito_hafuri

Recent Profile Visitors

473 profile views
  1. mutuhito_hafuri

    プレミア艦候補

    未確認ですが、その話があるとかないとか……。(しかもアズレン仕様?とか。あくまで又聞きレベルなので真偽の程はわかりませんが。間違ってたら、申し訳無い。)
  2. ダイナモは魚雷艇の数を多めにして、航空戦力を省けば早期復活もあり得るだろうが、今の空母の艦載機に準じた航空戦力となると、ロケット攻撃機が出てきた時にどうなるか。恐らく旧来のダイナモのようには簡単にはいかなくなるだろう。また、開幕自沈問題が未解決なので、それをされると難易度が極端に高くなる恐れがある。 チェリブロは基地航空隊を空母艦載機扱いするなら、以前の仕様よりは空襲が少な目になりそう。ただ、その代わりに敵艦艇数が増えているかも知れない。これは極限の方も似た感じで、敵味方問わず航空戦力が少な目で、敵艦艇数が増える仕様に変わっている可能性があり得る。 別のスレッドで菊水作戦のシナリオ化を要望している方がいましたが、単にそのまま再現するよりはif設定で、日本側視点とアメリカ側(連合側)視点の2つの菊水ifシナリオ(旧沖縄マップを使った水上艦での決戦)を用意するのも良いのではと思ったり、当方が別のスレッドで書いたのですが、ユトランド海戦をモチーフにしたifシナリオを用意するとか、色々とやりようはあるのですが…… 問題はWGの調整力なんですよねぇ……。
  3. mutuhito_hafuri

    海の英雄: HMAS Castlemaine

    あー、これはあれですか? (今はプレ艦しかない)イギリス連邦ツリーが正規の技術ツリー化した時のティア1艦候補ですかね? (なお、ティア10まで構成できる程の艦船があるかどうかは不明。)
  4. mutuhito_hafuri

    愚痴ってあったりします?

    う~ん、この……。 バージョン0.8以降の混沌、強すぎた日本空母の弱体化(巻き添えを食らうアメリカ空母)、レーダー巡洋の更なる強化、魚雷の弱体化…… 使いやすいと一部ライブパフォーマー(コントリビューター)が推すイギリス空母ですら、単なる前座であろう。 WGの推しは間違いなく、春先以降に実装されるソ連戦艦ツリーであるのは明らかである。しかも、まだ実装すら無い段階で強化されるという、意味不明な事態が起きている。 このソ連戦艦、ガングートを除けばほとんどが架空艦か計画艦で、実物が存在していない。それゆえに無制限の強化を行おうと思えば、幾らでも強化可能である。(計画艦だった日本の出雲が強化されているのも、これの地ならし、前例作りの可能性が高い) コンテンツの終末期、それまであり得なかった事が次々と生じるのはよくある話だが、wowsに当て嵌めるなら、間違いなくソ連戦艦(及びソ連ツリー)の無制限強化を(ユーザーの反発を無視して)実行に移した時だろう。 要するに「ソ連艦だけ特別扱い」し始めたならば、又は特定の国のツリーに属する艦艇の相対的弱体化を無制限で始めたならば、その時がwowsにとっての「ルビコン川を越えた」時になるだろう。 もし、それを改革と称するならば、その改革の結末は火を見るまでも無いのは明らかだと思う。(なんちゃらオンラインに社運を掛けているんですね、わかります。)
  5. mutuhito_hafuri

    日本空母艦載機の名称について

    そりゃ、WGは戦勝国(旧ソ連)ですから、わざわざ日本側名称を重視するわけが無いでしょう。 (宮永氏がいた頃なら兎も角、今のWGはねぇ……。)
  6. mutuhito_hafuri

    雑談ルーム

    ティア4と5の間に数的な差が生じていますね。 ティア4で戦闘開始前の待機時間に空母はまだ10から20ぐらいの待機数があるのですが、これがティア5の同様の待機時間では一気に5前後、または1とか2とかに激減しています。 どうやら大半のユーザーが、鳳翔やラングレーで止まっている。留まっているみたいです。 1月末以前より操作自体は良くなったとは言え、高ティア日本空母の理不尽な暴れぶりに対するナーフが、他の空母にも適用された関係で空母ユーザーの人口が一気に減ったようです。 この調整能力の無さが、今のWG(wows)開発チームの実力なのでしょう……。まさに鉈で魚を捌いて刺身にするがごとき不器用さではありますが。
  7. ランダム戦やコープ戦を問わず、味方が全員中身入りなのに変な動きをする駆逐とか見かけますね。まるでBotとしか思えないような……。 空母がいない戦場でもこんな感じで動かれては、どこで戦っても味方の足を引っ張るだけの疫病神も同然です。エンジョイ勢がまだマトモに見える酷いレベルのユーザーが存在していることが、このゲームの価値を更に下げていく事に直結していく訳ですね……。
  8. ひょっとしたら、時間的に終了しているかも? (だいたい日本時間の午後3時頃にデイリーチャレンジが更新されるので、このイベントも午後3時で終了したと思ってよいと思います。)
  9. 駆逐の対空の弱さに対する補填処置として、全ての駆逐に消耗品の対空防御砲火をバランス調整が済むまで暫定的に持たせるべきではないかと思われますが? 無論、気休め程度ですが、素手で行くよりは若干マシでしょう? 違いますか?
  10. mutuhito_hafuri

    愚痴ってあったりします?

    コープ戦での味方空母の対面が同格ティアの戦艦であるというのは、単純に水上艦の火力差が露骨に出てしまうので手直しすべきでしょう。(具体的には空母のティアより一つ下のティアの戦艦あたり。例:ユーザーが鳳翔を使うなら、敵側には河内やナッサウを充てる感じで。) あと、明らかにBotのレベルが敵側優位の仕様になっている。これではトレモに引き込もって演習に明け暮れるしかない。これも手直しが必要でしょう。
  11. ああ、それは私もありました。確か表示はそれですが、時間自体は普通に経過してるみたいですよ? なお、普通にマウスのカーソルを該当艦に被せる?と、クレジットを払って再出撃可能にするかどうかの何時もの選択肢が出たと思います。恐らく、バージョン0.8以降、色々重くなっている事が影響しているようです。 (……まさかとは思うが、変なバックグラウンドプログラムを仕込んではいないでしょうね? WGさん?)
  12. 高ティア空母ばかりが注目されがちだが、ティア6、ティア4空母を見ると、一撃の火力が小さいので、特に戦艦が簡単には沈まない。ロケット攻撃機は駆逐には相変わらず驚異ではある。爆撃機はまあ……使う人次第? だが、個人的に思うに、WGの構想では『空母は水上艦を助ける補助戦力としての運用を想定していた』ように感じる(私自身、正直水上艦を蹂躙できる腕前はないし、それが出来ないと悟った時点で運用自体を水上艦の補助メインに変えている)。 あくまでwowsは水上艦が主役であり、空母が主役ではないのである。脇役が主役を押し退けて主役を演じていたのが、バージョン0.7.12までの現状だと思われていた。 バージョン0.8からは空母は脇役とするのが当初の目的だったが、使う人の腕前により、水上艦以上の主役ぶりを見せてしまい、水上艦の対空の弱体化、隠蔽の無力化により、水上艦使いの大顰蹙を買う結果となった。 0.8.0.1から、色々てこ入れを始めたようですが、一度崩れたバランスを直すのは容易では無く、今後もWG開発はのたうち回る事となるでしょう。 (現実のソ連に於けるペレストロイカ自体、反対勢力もいたことは、ソ連末期のクーデター騒動が示しており、それがソ連崩壊に繋がった歴史的事実を鑑みるなら、WGも対応を誤ればそうなる事を肝に銘じて貰いたい。それで苦い思いを味わうのはユーザーやライブパフォーマー、コントリビューター、そしてフォーラムの管理をしているWGの末端社員なのですから。) 以上、バージョン0.8に於ける当方の意見表明はこれで終わり。今後は暫く静観させて貰う予定です。(あくまで予定である)
  13. 日本人ユーザーはATM。これがあちらの認識でしょう。 また、日本人の感情を読み取れていない(意図的に無視?)節はあるので、厚顔無恥さながらに気にしないのだろうと思われます。 (あと、WGJの上部組織のWGアジアの中枢は、かの国の人々が中心らしいですし、WGJにもかの国からわざわざ来ている人もいるみたいですから……。裏を返せば、その為に宮永さん達が追放されたとも言えるのですが。)
  14. mutuhito_hafuri

    愚痴ってあったりします?

    ティア6空母レンジャーを入手し、色々準備を整えて、いざシナリオ戦へ! ……ラングレーから強化された航空機を以て、ラングレーよりはマトモに戦えるだろうと思ったのだが、現実はそう甘い物では無かった。 ロケット攻撃機、こいつは前の奴から速度が五割増しの速度を手に入れた。だが、早すぎて照準が定まらない。対空砲火の黒煙に突っ込みやすくなったように思う。(単にユーザースキルの問題かと。) 爆撃機、ラングレーから引き続き爆撃投下のタイミングが今一つかめない。これは今後の課題と言えようか? 雷撃機、ラングレーでは単発魚雷だったのが2発同時となった事で、単純な火力は増したと思っていた。しかし、それは2発の魚雷が当り、かつ最大ダメが出た場合なのだ。乱数の神様とやらの気紛れでダメージは下の方に振れる上、相手方金剛や石鎚らが、やたら化け物のように思えてきた。 この段階で、当方は水上艦の支援に行動を切り替える事にした。既に虫の息の敵艦は無視して適当にダメージを受けている敵を狙い、撃沈出来ればよし。出来なければ味方水上艦に任せる事とした。 お陰で、撃沈数は少なかったが、シナリオ戦はクリアできた訳で、これに関しては水上艦の頑張りがあっての物と思った。 少なくとも、ティア4や6辺りまでは、味方の支援を意識して動き、隙が生じたら敵戦艦や空母を狙うのが、無難なスタンスと思う。 ただ、ティア8を越えると逆に空母の火力が戦場を支配するようになるらしい。 これは、もう高ティア空母の火力をティア6レベルまで落として見た方がいいかも知れない。 それだけで空母の驚異の一端を折ることは可能だろう。あとは隠蔽発見に関する手直しだが、これは多少骨を折ることになるだろう。 個人的には航空機に明確な高度の概念を与えるべきと思う。
  15. mutuhito_hafuri

    雑談ルーム

    今回のアップデート後、例えばニコニコ動画での動画投稿ペースが激減しているように思う。恐らく前バージョンの動画を投稿しても無意味と投稿主側が見なしているのかも知れない。 このフォーラムに於いて、今回のアップデートに関して日本語コミュニティーと中国語コミュニティーが声を上げている。それに対して英語コミュニティーと韓国語コミュニティーは平穏と言うべきか、それとも語るに落ちたと言わんばかりに無視をしているのか? 英語、韓国語コミュニティーが静かなのが却って不気味な感じがするが、向こうは向こうでSNS繋がりで何か動いているのかも知れない(確証は無いが……)。 追記。訂正する。英語コミュニティーは日本語コミュニティー以上であった。 我が国のとある政治家の発言では無いが、『丁寧に無視』的なスタンスで冷ややかにWGののたうち回る姿を暫く見聞するのがいいかも知れない。無論、こちらが言いたい事は表明すべきだろうが、基本は大本営発表レベルの相手なので多少の憐れみの視線を向けるだけで充分だろう。
×