Kamerobot

Beta Tester
  • Content count

    506
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    2759

2 Followers

About Kamerobot

  • Rank
    Commander
  • Birthday
  • Portal profile Kamerobot

Profile Information

  • Gender
    Not Telling
  • Portal profile Kamerobot

Recent Profile Visitors

828 profile views
  1. MMについては、レーティング制の導入は勝率収束や空母人口減少が起こるでしょうから空母のみに適用するのではなく、全艦種に適用する方が適切かと思います。とりあえず、分隊空母対策と同時にどの艦種においても戦闘数を考慮したマッチングとするのが良いと思います。 T6以上においては各艦種での戦闘数を参照し、同程度の者をマッチさせるというのでどうでしょうかね?ほんとは各艦の方が良いでしょうが、それだとマッチングしなくなるでしょうから。T5以下はどちらかというと初心者保護が必要ですからまた別で。 例えばこんな感じ ただこれを実行するのは実際困難でしょうし、MMトピでもないのでこれについて議論したいわけでもないのですが、やはり空母について話し合うとMMの話は避けては通れないですね。 CV戦闘数が数千の差で負け、同時にBB、CA、DDの戦闘数の合計でも数千の差で負け、トータルで1万くらい負けているというようなMMは流石にどうかと思います。だって単純にメンバー表の上半分か下半分を交換すればもう少しマシになるのですから。
  2. すみません。私の勘違いだったようです。 ただ、空母の操作性を易しくすることに反対し、戦艦や巡洋艦のような気軽さ(初心者でも上級者に一矢報いる可能性がそれなりにある。極端なものは爆沈)を求めていくことにも反対されているのを見ると、空母から空母熟練者以外を追い出そうとしているように私には思えましたので、そのような考えではないことを知り安心しました。イギリス空母実装前に行われると噂される大規模な空母関係の刷新をきっかけに空母に乗る人が増えてくれればと思います。 確かに、艦載機操作ののクリック判定が小さくされたときも困りました。他にも魚雷の信管作動距離とか代替マウス操作とか、ちょくちょく操作感の変わる調整をされています。しかし、空母に乗る人の多くが現状のUIに満足していないのもまた確かですから、プレイヤーの減少につながるかどうかは変更内容とその度合いによるのではないでしょうか。 ほかにやることというと、主に分隊空母関係のMM調整と、空母の影響力を他艦種並みにまで落とすことでしょうか? これまでの操作性に関する話は、最初に挙げた質問のうち、2と3に該当するので「的外れ」ではないかと思います。実際、操作性やUIによってプレイヤーの腕の差を縮めることも広げることもできるのですから、今後の調整でどっちを求めるかはある程度必要な意見かと思います。いずれにせよ「これ以上いたずらに空母の操作性を難しくするべきではない」という部分での見解は一致していると思いますが、どちらかというと「ほかにやること」の方を議論した方が有意義かと思うのでそちらに話を移したいと思います。 空母の影響力を下げる方法について、空母にかなり乗ってらっしゃる方の意見を伺いたいです。 意見を求めるだけなのもあれなので最初に私の考えを書いておきます。空母の戦闘への影響力行使は、アンケートからもわかるように索敵、偵察、攻撃、防空が主なもので、陣地占領・防衛は誰も期待していないようです。そして空母の艦種としての特徴は何といっても艦載機を用いた柔軟な戦術と、航空機を使った索敵能力にあると考えます。歴史においてこの二つの特徴は、前者は空母が戦艦を押しのけ海戦の王者となった理由の一つであり、後者は空母が生まれた初期の理由であるため、これらの特徴を潰さない範囲での調整をしてほしいと思っています。 MMについては闇が深い上に既にトピックがあるのであまり深くは触れない方が良い気がします。私も空母分隊については、手段は問わないので分隊空母vs野良空母のMMがなくなることを希望します。
  3. 忠告とは随分ありがたいお言葉ですね。先の私の書き込みのうちこの部分を取り上げたということは、貴方にとってよほど譲れない主張なのでしょう。 弾薬庫はすべての艦種で既に無限化されていますしそんなことは知ってます。史実を題材としている以上、ゲームとして可能な選択肢が存在する限りは、どちらかと言えば史実から離れない調整を施すべきだとこちらからも忠告します。勿論エンタテインメントとして避けられない調整は必要でしょう。魚雷が一回しか使えなければ誰も駆逐になど乗らないでしょうし。 「どちらかと言えば史実から離れない調整」がどんなものか例。空母とは関係ないので折り畳み。 もう一度言いますが、私の考えは「史実を題材としている以上、ゲームとして可能な選択肢が存在する限りは、どちらかと言えば史実から離れない調整を施すべき。」です。 「史実が何なんでしょうか?これはゲームです。」と考える貴方とはどんなに議論をしても平行線かと思います。 確かに積極的に全滅させる戦術を抑制するなら全滅ペナルティのデメリット>帰還~再攻撃にかかる時間とすれば解決するでしょう。ですがそれにしてもゲームでの空母の戦い方が一変してしまうので無限化には反対します。これまで全滅させることは戦闘能力をほぼ失うことを意味した空母の艦載機を無限化するのは、戦艦の修理班利用回数無制限化かつ火災浸水以外も含むの全てのダメージを全回復可能とするのと同じくらいインパクトのある調整だと思います。 その論理でなぜ艦載機の視界を空母自身にさえ見れないようにするのか私にはわかりません。貴方の提案では艦載機の視界が完全になくなり、空母プレイヤー単体での戦闘能力がほぼ完全に失われ、艦載機の損耗は激しくなり、戦闘機による敵機の撃墜効率も悪くなるので戦闘機の存在意義が希薄になります。さらに空母プレイヤーに対して戦闘機ALT攻撃実装時以上の戦い方の変更を強いる。さらに水上戦闘艦、とりわけ駆逐艦がより暴れやすくなり、水上戦闘艦の布陣に穴があれば容易に空母は裏取り駆逐に襲われ、それを防ぐ手立てもない。おまけに元は偵察のために創り出された航空母艦やその艦載機とはかけ離れたナニカの誕生を招く。 正直、得られるリターンに対して失うものの方が多い。特に空母乗りへの負担が大きい割に空母乗りへのメリットが皆無な辺り、トピ主は空母にほとんど乗ってない上に空母側の立場や状況を理解していない、理解しようともしていないように思える。 それにspotされると何もできないというのも飛躍している。spotされても島影で斜線を切れば制圧でき、戦艦はむしろ敵に見られてるのは普通。 もう最後にしますので二つだけ。空母の経験が浅いのであれば、せめて空母に乗る人からの意見を真摯に受け止めてほしいと思います。また現象(空母の影響力が大きい)からの単純な原因分析(spotの影響が大きい)による極端な提案(空母艦載機の偵察能力を全て消し去れ)ではなく、もっとよく原因を分析し、それに応じた穏当な提案を行うかもしくは提案を修正してほしいと思います。これらが受け入れられなかったのは残念です。
  4. つまり、 艦種として空母の力を減らして勝敗への影響力を他の艦種と同じくらい(12分の1)に下げる。これにより空母が敵空母に負けても勝敗への影響は限定的になるので空母同士の勝敗は他の人にとっては大きな問題ではなくなる。 空母そのものの操作性などには手を加えず、合わない人にはお帰り頂く。空母を降りる人を増やすことも厭わない。ただでさえ高い空母の敷居は変えず、空母乗りの総数は増やさないどころかむしろ減らす。それによる影響も問題ない。 ということだと私は理解しましたが、誤りがあれば指摘願います。 また空母のゲーム性をRTSと呼んでますが、実際はTotalWarなどのRTSとはまた違うのでは?それにWoWsというゲームに組み込む以上、RTSを触ったことのない人にも易しい仕様にすることに問題はないと思いますがどうでしょう? ありがとうございます。ブログの方はよくまとまっていると私も思いました。ClosedBetaの頃の情報も含まれており空母の変遷がよく分かりますね。特にその頃の度重なる弱体化は経験しているので。
  5. どこまで視界を共有しないかは明示しなかったのですが、ミニマップ・戦術マップには表示、画面には表示されないから射撃はできない、というイメージでした。これが私の視界共有改善案です。この場合、協力する余地は十分にあるので同じ一つのゲームである意味はあります。 例えば、現在では対空発砲時水上被発見距離7km、非発砲時6km、航空被発見距離発砲時5km、非発砲時3kmの敵DDを艦載機がスポットした場合、下記いずれの状況でも敵DDは味方CA及びBBから攻撃されます。 私の提案では、艦載機が敵DDを見つけて攻撃したのをミニマップ等から確認したDDがその地点に急行し、状況1を状況2へと移行させて初めてCA、BBによる砲撃が可能となり敵DD側が対空射撃を切れば状況3にならないとCA、BBによる砲撃はできません 状況1:敵DD←10km→DD←3km→CA/BB 状況2:敵DD←7km→DD←6km→CA/BB 状況3:敵DD(対空OFF)←6km→DD←7km→CA/BB サイクロン時の視界8km制限のように先行する味方艦が視認しているから10km先に敵がいることはミニマップでわかるけど、撃つことはできないという状況が近いです。艦載機の視界で空母は攻撃ができ、味方にもミニマップ通じて敵艦がいることを伝えるけれど、いずれかの水上艦の視界に入らないと射撃はされない。 戦艦でも、巡洋艦でも自らの近くにいる敵は自ら視認でき攻撃可能なのに空母艦載機だけそれを認めないとなると、空母だけは単体での攻撃がほぼ不可能になります。空母艦載機の視界を完全に奪うというのは、空母から単独での戦闘力を完全に奪うというのとほぼ同義です。偵察機隊を実装するとか、母艦そのものの戦闘能力を大幅に引き上げる(副砲を主砲同様操作可能にするとか)などがあれば別ですが。 その通りです。しかし、艦載機から視界を完全に奪う貴方の提案はそれ以上に艦載機を蒸発させる提案では?艦載機から敵艦を見えなくするのに対空はされるのですから。 この提案には賛成です。 艦載機を無限化すると、全滅ペナルティのデメリット<帰還~再攻撃にかかる時間となるので艦載機を全滅させる方が有利となってしまいます。価値が下がるのであれば全滅しても大勢に影響はないので無限化する必要性をそこまで感じません。予備機数増加なら空母の経戦能力が上がり自由度が上がるので(特に初心者のいる低Tierでは)やってもよいでしょうが。 まあ航空機を砲弾と同じと考え、あえて積極的にファンタジー調整を推し進めるならそれもよいでしょう。しかし私は空母格納庫の4次元ポケット化、艦載機のカミカゼ化・片道切符化はどうかと思います。そこまでするなら架空の宇宙戦艦でやってほしいと思いますがこれについては先に述べたように考え方の違いなので。
  6. 私の分析では、 空母の戦闘への影響力が他艦種より強い(原因1) 多数中隊指揮やインタフェース、求められる知識技量などの問題で他の艦種に比べ空母は腕の差が出やすい(原因2) 空母のマッチングでは最大でも2vs2であり、空母の腕の差を味方でカバーしにくい(原因3) これらから、空母の腕の差が戦闘結果に直結しやすく、他の艦種ではそれを補正しづらい(結果) 原因1、2、3どれに手を付けても結果を変えることはできると思い、貴方の提案は原因1に手をつけるものだと思いましたが違いましたでしょうか? 空母を他艦種と同程度の力に調整することがあなたの提案であれば、空母を他艦種と同程度の気軽さで乗れるようにするというのが私の提案です。空母だけ他艦種と違いシビアすぎる対人戦しかできず、下手くそは罵られCOOP戦に追いやられるというのが問題だと思っています。 そのためには熟練とビギナーの勝負について、ビギナー側が他艦種と同じくらい希望を持てるようにした方が良いと思っています。その方法としてどうするかはいろいろな方法があると思いますが、空母の力を他艦種と同程度まで下げ、味方次第で敵空母に勝てる(例えば敵空母を空箱にするなど、あくまで空母対空母で勝てるという意味)ようにするというのであればとてもいい方法だと思います。 その論理だと、貴方の提案を適用すると空母を降りる理由が一つ増えてしまいませんか? 「操作が大変だけど強大な力があった空母が、今では操作が大変なうえに攻撃がなかなか通らない。攻撃が出来ても昔ほど強くない。むしろどんどん弱くなっていく。試合への影響力も他艦種並みに減っていく」 私の考えでは、 高Tier含め既存の空母プレイヤーにとって、より難しくする調整で空母を降りる数>より易しくする調整で空母を降りる数 新規に空母を始めるユーザーの数についても、より難しくする調整で空母を諦める数>より易しくする調整で空母を諦める数 故に、これ以上空母の操作を大変にしていくよりは、簡単にしていく方が良いという考えなのですが、勘違いしているかもしれませんので指摘があればお願いします。 ちなみに易しくする調整というのは例えば、マッチング画面で見られる敵艦データを戦闘中いつでも見れる(敵艦の対空の強さが分かる)とか、選択中の中隊が敵に見られているか分かるなどです。 これについて、「高ティア空母が減少し、低ティア空母が増加した時」というのはどんな調整が行われたときでしょうか?不勉強で申し訳ないですがご教授いただきたいです。
  7. > 確かにゲームとして偵察能力は重要ですが、今空母のspotの影響力は大きすぎます。それは空母のあるなしで必要な立ち回りが大きく変わるほどです。艦載機がふらっと陣地に行けば駆逐艦は煙幕を使うかcapを中断する必要があるでしょう。 艦載機で駆逐を見つければ駆逐が無力化できる現状を変えたいのであれば、空母艦載機から一切の偵察能力を奪うのではなく、空母艦載機の視界を味方と共有できなくするだけで事足りる筈です。陣地にふらっと行く艦載機は戦闘機なら完全に偵察目的、それ以外なら攻撃もするかもしれませんが1中隊程度でフルHPから沈められる駆逐はそうそうないので、問題となるのは多くの場合艦載機の視界を共有した巡洋艦からの攻撃です。 「空母のspot影響力は大きすぎる」という問題提起は分かりますし同意ですが、だからと言って「空母艦載機の偵察能力を一切合切全部消してしまえ」というのはあまりに短絡的かつ乱暴ではないでしょうか。 >それをわかってて書いてますか? そのままお返しします。攻撃するだけで半壊する中隊、敵空母との熾烈な制空戦、見えない敵艦艇の対空射程に掠っただけで艦載機が落とされ、気が付くと母艦の近くに迫る駆逐艦、誰も戻れない陣地を必死に防衛、誰も手を出せない島裏射撃艦を攻撃、艦載機を失い空箱になる哀しみ、Tierボトムで手を出せない哀しみ、逆に味方と連携し逃げた敵を沈めたり、スポットしている艦を沈めてもらった時の喜び、これらを分かって提案していますか? >史実が何なんでしょうか?これはゲームです。 この言葉から貴方の考えが分かりました。ゲームバランスのためであれば軍艦が戦車のようにその場で90度ターンかまそうと急停止しようと、あるいは大和の前部主砲が真後ろの敵へ向けて撃てても構わないということですね(水の抵抗?艦橋に当たる?関係ないよこれはゲームですから)。極論かもしれませんが突き詰めればそういうことです。私とは基本的な考えが違うようなのでこれ以上史実関係の話はしません。貴方の仰る通り海戦において魚雷一発で戦闘不能になった艦はいないかもしれませんが、奇襲などでは魚雷や爆弾1発で戦闘不能になった例はありますし、少なくとも魚雷を受けて平然と砲撃を続けられるような艦はいません。 >反論は「理不尽」や「史実」ではなくゲームとしてどうかでお願いします。 簡単に言えば、ゲームとして空母に乗るのが全く面白くないどころか味方の視界がなければゲームにすらならないから艦載機の視界を一切なくすことには反対です。 島が多いこのゲームでは艦艇からの視界はしょっちゅう途切れます。そして貴方の提案では艦艇側からは航空機を見ることができ、対空射撃もできてしまいます。味方艦艇からの視界が切れた瞬間航空攻撃も中断されるのは非常に間抜けな構図の上に、攻撃の度に攻撃機が数機は落とされる現在の環境を考えると空母にとっては全くつまらないゲームになってしまいます。どういう状況か知りたければ、煙幕に向かって行く敵艦艇に攻撃してみれば分かります。自動攻撃の場合、攻撃寸前に敵艦が隠蔽に入ると艦載機は攻撃を中断してその場で待機しますから当然敵艦からの対空砲火は受け続けます。手動攻撃であれば命中させられるかは腕の問題になりますが、対空砲火を受けるのは同じですし、消えてから攻撃実行までのラグが長ければ長いほど攻撃成功率は下がります。もう少し空母プレイヤーのことを考えてもらいたいと思います。また史実はともかく、理不尽かどうかはゲームとして重要ではないでしょうか? 代わりの提案をすると、全ての艦艇の航空被発見距離を対空砲射程より大幅に短くし、同時に対空砲発砲時の航空被発見距離を対空砲射程と同じとするのはどうでしょうか?全体的に艦載機から見つかりにくくなり、対空砲の射程外から一方的に見られてしまうという問題を解決すると同時に、砲や対空砲を撃ったら見つかるとすれば、駆け引きの要素が生まれるかと。また空母自身の対艦攻撃能力に関係しない戦闘機については、敵の航空機のみ視認できるとするか、極端に近くにいる艦艇や対空砲を撃っている艦艇以外は視認できないなどとして偵察能力を大幅に削ってしまってもいいと思います。
  8. 私は何度も「ゲーム的には」と入れてゲーム的に偵察能力が必要であることを強調しています。これが史実シミュレータではなくゲームであることは百も承知です。 しかしそれにしても、実在し実際に戦った艦艇を題材にしている以上、史実からかけ離れた調整を施しバランスを取るよりも、史実に沿った調整でバランスをとる方が良いと思います。艦載機から偵察能力を完全に奪うというのはまさに前者だと考えます。 駆逐艦が魚雷を積んでいるのは、小型艦でも大型艦に対抗できる唯一の武器だったからです。飛行機を洋上に持ち込もうとし、のちに航空母艦を生み出したのは、飛行機による索敵や偵察がとても有用だったからです。貴方の提案は、「史実では魚雷は一発で戦艦を戦闘不能にできた→これではゲームにならないから駆逐艦から魚雷は削除」というくらい極端なものだと思います。
  9. >分艦隊空母とソロ空母でmmを分けてくれるだけでいいです。とても理不尽に感じます。 同じく空母に乗る身としては激しく同意です。これがあれば空母開発を諦めはしなかったのですが、私の空母開発が飛龍で止まってるのはこのせいです。負ける可能性の高い戦闘に出撃するのも嫌なので最近は分隊組める時しか空母で出ませんから。 >空母プレイヤーの力量の差が出ないような調整をするのではなく、他の艦(異国空母や水上艦)と同等の力になるように調整すべきです。 恐らく設問2の、空母調整の方向性についての選択肢に「プレイヤーの腕による差が出にくい万人向けの調整を施すべき 」と書いてあるためかと思います。ここで言う「差」について、空母の戦闘結果に関する「差」(熟練空母はバンバン敵を沈め、敵空母を箱にする)か、チームの勝敗に関する「差」(熟練空母の勝率がうなぎのぼりになる)か明示していなかったのですが、どちらも課題だと考えているので両方の意味を含んでいると考えてください。 空母という艦種の力を減らし、空母プレイヤーの力量がそのまま勝敗に繋がりにくいようにするという意味では、貴方の意見も同じであると思います。 空母は他艦種に比べ、乗るのに要求されるものが多すぎて他艦種ユーザー、ライトユーザー、初心者に優しいとはいいがたいと思います。例えば戦艦であれば、同型艦相手でも、散布界や火災発生率という運の要素、味方の状況などで多少の腕の差はひっくり返りますし、隠蔽や射程の知識がなくとも見つかっているか否かが分かり状況認識スキルで何隻から狙われているかもわかります。どの方向のどの敵から撃たれているかは砲弾の軌跡を見れば分かりますし、多少ミスってもリカバリできるだけの体力と回復もあります。分の悪い相手であればその場では戦わずに逃げて味方に任せる選択もできます。極論、艦を動かせて砲撃ができればある程度の仕事はできてしまうのです。また河内でも大和でも、動かせるのは自分自身だけであり、戦い方が劇的に変わるわけではありません。逆に空母は、個々の艦載機隊が敵から視認されてるかは分からず、分の悪い空母相手であってもほぼ一人で相手にせねばならず、味方巡洋の上にいても目を離したすきにALTで吹き飛ばされ、相手の対空値の知識がないと艦載機が溶かされ、中隊数や対空砲の威力の問題でTierが上がると戦い方が相当変わります。熟練空母相手に艦載機を溶かされ箱にされたらもう何もできません。これでは初心者や他艦種ユーザーが気軽に空母になんて乗れません。 ALT削除や対空砲射程可視化などのゲームシステムやインタフェースを初心者向けにしていくことに反対なさるのは、これまで努力と研鑚を重ねてきた空母乗りであれば当然かもしれません。しかして、昔に比べて空母に乗る人が減少している以上、どうにかして空母の数を増やさないとランク戦のように空母乗りだけマッチングしないことになったりしてしまいます。そして空母に限って言えば、度重なる改変で空母を降りた人がかなりいるのではないでしょうか?対空砲の強化、高Tier空母2マッチ削除、戦闘機ALT攻撃実装、一部駆逐への対空防御搭載、インタフェースの改変、新規ツリーの対空オバケ…。 長文になってしまいましたが、まとめるとこれまでは空母でのプレイをより難しくする方向での調整が多かったので、そろそろ逆の方向性での調整が入ってもいいと思います。
  10. 空母のスポット能力の高さが戦闘における空母の影響力の大きさの原因の一つであることを考えるとトピ主の主張の方向性は理解できますが、艦載機から一切敵艦を視認できなくするというのはどうかと思います。なぜなら艦載機による偵察は空母を空母たらしめる最も重要なポイントだからです。ゲーム的には他の艦種と最も差別化されているポイントですし、史実的には軍事において最初に飛行機が使われたのは偵察のためです。それに煙幕や島越しに敵を見る手段がほぼ消え、艦載機の攻撃にあたってのスポットも味方艦依存なので下手をすると艦載機での攻撃もロクにできなくなります。味方の砲撃圏内の敵しか攻撃できないのでは何のための艦載機なのかわからないです。 >spotについてですが、砲弾がspotできないのに空母の砲弾の立場である艦載機はspot出来るのはいかがなものかと私は思いますがどう思いますか? そもそも空母の艦載機を砲弾と同一視することが間違っていると思います。ゲームにおいて艦載機は有限、砲弾は無限、艦載機はいわば空飛ぶ魚雷発射管、空飛ぶ砲塔、空飛ぶ対空機銃なのです。それに人が乗って飛ばしているのが艦載機です。(母艦や味方とのリアルタイムデータリンク以外には)偵察できることはなにも不自然とは思えません。ゲーム的には、独立して動かせるユニットに全く視界がないと動かす人自身が困ります(駆逐艦で、見えない敵から見えない砲弾で攻撃され続けたらどうしますか?逃げる方向すら判断できないと思います)。 >火力は据え置きでspot能力最低が空母の立ち位置としていいのではないかと。 別トピでとっているアンケートでは空母には攻撃よりも偵察・索敵を求める人が多いようです。これは言い換えると偵察や索敵の影響の大きさを物語っていると言えますので、spot能力を下げるのはありでしょう。しかし、4艦種中最低まで落とさなくてもいいと思います。spot能力の下げ方も、ka_ni_mi_soさんの提案のように艦載機でしか見えていない敵はその艦載機が所属する艦にのみ視認でき、味方はミニマップや戦術マップでしか見れないというのが適当かと思います(視認できる=速度、距離、角度等射撃の緒元が分かる/ミニマップ表示=存在することが分かる)。どちらかというと瞬間火力の高さからくる瞬殺力を下げる方が良い気がします。
  11. それいいと思います。8中隊操れる空母1隻でなく、4中隊操れる空母を2隻の方が良いと思います。
  12. マッチング関係のトピでも挙がってますけど、レーティングでも勝率でも収束する対象が変わるだけで結局同じことなんですよねえ。でもマッチングの不満に空母の技量差があるのは確かです。ただアンケートは今後の空母調整に向けての意見という観点からしているのでマッチング関係はあえて外してます。 一人の戦艦の技量が極端に低くてそのチームが負けるという事例と比べると、一人の空母の技量が極端に低くてそのチームが負ける事例の方が多い。それをどうにかしたい所です。
  13. 空母をWoWsの構成要員として残したいという意見が多く個人的には安心していますが、3割の人がランダム戦からの退場を望んでいるのもまた確かのようです。 クラン戦での今回の処置からすると、片方のチームに上手い空母乗りがいると勝負にならないことはWGも認識しているようですから改善を待ちたい所です。 空母の技量差による一方的な試合は問題ですが、勝率合わせマッチには必然的に勝率収束の問題(上手い人同士が潰しあい、下手な人同士が戯れるのですべてのプレイヤーの勝率が50%に向けて収束する)が出てくるのでやはり腕の差をなくす方向での調整の方が良い気がします。例えばですが中隊が多いと扱える人が限られてきますので、Tier7でもTier10でも中隊数を上限5にするとか。手動削除より熟練者の反発が少なく、同時に空母の瞬間火力と索敵力も奪えて3度おいしい。
  14. アンケートへの回答ありがとうございます。 仰る通り米空に乗るだけでカルマが減るとか、敵空母の雷撃を許すと文句が来るとか、いい噂は聞かないですしね。ただユーザーの意識を変えるのはなかなか難しいものです。すべてのユーザが空母を一度でいいので経験してくれれば変わるのかもしれませんが…。 WoWsには空母無用論や隔離論を掲げる人が昔から一定数いて、空母が強かった頃は特に多かった気がします。今の空母は乗ったら味方から罵られてストレス、空母にやられたらストレスと、誰もかれもヘイトをためまくってる気がしてなりません(特にTier7以上の高Tier)。WG的には削除という意見は現実的ではないかもしれませんが、削除せよという声が一定以上に増えると重い腰を上げて調整をするでしょう。 空母の影響力の問題は、空母そのものの能力に加え、味方に1人か2人しかいないというのも問題なのかもしれません。仮にWoWsというゲームにおける各艦種の役割分担・影響力が4分の1ずつだったとして、戦艦はその4分の1を4隻で分担しているところ、空母は1隻でそれを担っているわけですからね。つまるところ戦艦は1隻の下手くそがいても他の3隻で補えますが、空母はそれができない。故に、1隻の味方空母にヘイトが集まる。 設問6はWoWsの方向性をどうこうとは関係なくおまけというか趣味の質問です。WoWs基準でも、史実基準でも、浪漫を求めても結構です。ただWoWsでテーマにしている時代の海軍はまさにこの二つの主義を移り変わりゆく最中だったので、半々くらいになるのかなと思っていますし、それがWoWsの良さだと思います(WTだと対艦巨砲はなさそうですね)。 現時点で玄人向けの調整が嫌われてるのはグラーフの件も原因ですかね?個人的には、「今日は散布界の神様に嫌われたから空母乗る」くらいの気軽さで乗れたらいいのにと思います。分艦隊は私自身どっかのクランの空母分隊にやられてからTier7空母でソロ出撃しなくなりましたから何らかの調整をしてほしいと思ってます。
  15. 風の噂では空母の大規模な調整後にかの大英帝国海軍空母が実装されるらしいですが、以前のグラーフ・ツェッペリンの件といい、最近のWGとWoWsの先行きにはいささか不安を感じています。 今回、空母関係で話題となった問題についてアンケート形式でお聞きしております。選択肢は考えうる限り書いてますが不備があればご指摘いただければと思います。これまでフォーラムでの発言を控えていた方でも、アンケート参加だけでも結構ですのでご意見を伺えればと思います。各設問についてわからないことがあれば聞いていただければお答えします。 設問1 選択肢3は空母用のランダム戦(プレイヤー空母x2+AI水上戦闘艦x5 vs プレイヤー空母x2+AI水上戦闘艦x5など)を設けてそこに空母を隔離するという意味で、選択肢4はダンケルクシナリオのアンソニーやサイクロンのようにランダムへの出撃制限をかけるという意味。 設問2 万人向けの調整は例えばALT手動攻撃削除や敵対空砲射程可視化などで、玄人向けはその逆で技量知識を求めていくということ。 ここからはこのフォーラムで議論したい話題についてです。 現在のWoWsでは、分艦隊、マッチング、空母乗り減少、対空、新空母と空母周りの課題が山のようにあります。個々の調整についての話題はそれぞれのトピックがありますのでそちらで議論していただくとして、ここでは主に空母という艦種をこのWoWsにおいてどういう扱いにしていくべきかという将来の方向性について、アンケート結果も交えつつできればと思っています。 某戦雷の方で海軍CBTが着々と進み、WoWsにとって競争相手となることが明らかになりつつあります。あちらは運営的に某これくしょんゲームとのつながりもあります。ここで、WoWsの強みである空母や戦艦といった大型艦を隅に追いやるという選択はどう考えてもできないというのが私の考えです。どの戦闘でもほぼ必ず空母がマッチするという状況が好ましいと思っています。