Jump to content

ataccer

Alpha Tester
  • Content Сount

    121
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    3666

About ataccer

  • Rank
    Lieutenant
  • Birthday 01/20/1994
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Male

Recent Profile Visitors

450 profile views
  1. 正直それはありますね(笑) 私的には、石鎚の今のちょうどいい性能は好きです。 強すぎず弱すぎず
  2. ataccer

    雑談ルーム

    戦艦乗りの叫び もう火災もかまいません。巡洋艦のHEスパムも魚雷もかまいません。戦闘機もこれでいいです。空母に襲われるのには慣れてます。巡洋艦が皆敵弾警報つけて回避しまくるのもかまいません。 ただ精度だけは…主砲の精度だけは、以前のようにしてくれませんか…OBT時代の頃のように…
  3. 現在の日本Tier9戦艦Izumoについて、自分はなにかもう一つ強化が欲しいと考えています。 そこで、自分は速力についての強化案を提案します。 現在の出雲は135,000馬力の機関によって28knotを発揮できるようになっていますが、この機関出力を15万馬力にし、速力を30knotほどにしてはどうかと考えています。 速力が上がれば、出雲の砲塔旋回と砲弾の速度という長所を生かしやすくなるのではないかと考えています。 よろしくお願いいたします。
  4. 戦艦と巡洋艦には水上戦闘機を消耗品として持つ船たちがいますが、この挙動について提案があります。 水上戦闘機は敵の編隊に取り付いて迎撃をしてくれますが、これをもう少し強化して欲しい。 具体的に言うと、防空時に敵の艦載機を手動で指定した際、水上戦闘機もそこにまっすぐに向かっていって欲しいというものです。 現状では敵の攻撃機が相当近くに来ないと攻撃してくれませんが、ある程度遠くにいても指定さえすれば(特定の半径の中で)迎撃に向かってくれるようにしてはどうでしょうか。 正直なところ現状の水上戦闘機は防空というよりも魚雷や敵駆逐艦への警戒という面が大きく、本来の役目を果たせていないと思っています。 0.6.0で戦艦の水上機が弱体化されるようですし、それならば迎撃機として更にアクティブな動きをしてほしいと考えています。 よろしくお願いいたします (追記ですが、空母2隻のマッチングが多いTier5、6の戦艦たちにも水上戦闘機を載せられるようにしてほしいです…)
  5. ataccer

    妙義について

    妙義が好きというお気持ち、私もよく分かります。 妙義という船は砲塔旋回が速い、貫徹力もある、足もある、機動力も悪くない、日本戦艦の例に漏れず傾ければ硬いと、結構いい船なんですよね。 妙義の評価を悪くしてるのは、やはり主砲の少なさ。 個人的に提案したいのは、 ・シグマ値の上昇 ・精度アプグレの追加 射程を減らして他の部分をというのなら、この辺りがいいなと思います
  6. 昨日待望のドイツ戦艦ツリーが実装されましたが、長所の塊のような彼女たちの影響で戦艦間のバランスに変化が生じていると感じています。 ドイツ戦艦の特徴として、バイタルパートへの貫通弾にとにかく強い(AP弾に強い)という特徴がありますが、これに関しては素晴らしい特徴だと思うので文句はありません。 ただ、対空が高いことと、一部の艦はソナーを持つことで魚雷にも強いというのはやりすぎかなと感じています。 そこで、日本戦艦とドイツ戦艦の対空を入れ替えるように、対空の強さを日本>ドイツ、あるいはドイツを日本レベルまで下げてみてはどうでしょうか。 日本の一部の戦艦は最終時の対空火器を積んでいませんし、ドイツ戦艦が空母に弱いという弱点を作るのはありではないかと思います(空母が少ないのは黙認してくださいw) 以上です
  7. 巡洋艦の数少ない戦艦への(過剰)対抗手段、火災 ※ただし高Tierに限る
  8. 直近のアップデート(0.5.7)で「高Tire戦場がだらけるために通常戦の減少」という内容がありましたが、個人的には高Tier戦場の現状には別の理由があると考えています。 自分としては、高Tier巡洋艦の射程が戦闘の長時間化につながっていると考えています。巡洋艦がアップグレードによって戦艦に並ぶほどの射程を手に入れたことにより、戦艦の出る幕が減り、中Tireのようなバランスが崩壊しているものだと思っています。 提案として、高Tier巡洋艦の射程減少、具体的には射程アップグレードの廃止を検討して欲しいと考えています。 以上です。
  9. 個人的な石鎚の変更希望ですが まず先に行われた35000t以上の戦艦の旋回半径及び時間の増大についてです。 石鎚は金剛の設計案ですが、見た感じの大きさは金剛の初期船体と同等。ってか金剛の船体を弄っただけにも見えます。 巡洋戦艦金剛の進水時の排水量ですが、常備排水量が28000tほどで、満載だとしても35000tには引っかからないはずです。 そもそも石鎚の販売開始時点でのうたい文句は機動力でしたし、これを若干殺されてる感は否めません。 そこで機動力を戦艦の調整前のものに戻すか、あるいは旋回アップグレードを付けられるようにしてほしいと思います。 (そもそも記憶違いで先の戦艦ナーフに入ってなかったらすみません) そしてもう一つは、プレミアム艦としてクレジットの収支をもう少し上げてみてはどうかという点です。 現状でもTier4のプレミアム艦としては妥当な数字ですが、個人的な我が儘としてもう少し稼げるようにしてほしいかなーと(笑) 以上です
  10. Warspiteのカラーリング(永久迷彩)についてです 以前のバージョンまでは史実迷彩でもあったものが永久迷彩となっていましたが、現在のVERでは画像の通り船体部まで青く塗られています。 意図的なものならばこのままでも構いませんが、できれば以前のものに戻し(あるいは直し)て欲しいです
  11. たまたま別のところで石鎚のお話が出たのでこちらでも… 石鎚っていいですよね。如何にも第一次型戦艦の外見。高落角なんぞ知らないぜとばかりの水平装甲。当たらなければどうということはないと言い張るようなスペック 実に愛おしいです
  12. えー貫徹力の話がよくわからないです… 戦艦相手だと貫徹力不足になるけど巡洋艦相手だと貫徹力が高すぎるってことでしょうか。 それは恐らくバイタルを抜けていないだけではないでしょうか…貫徹力が戦艦相手か巡洋艦相手かで変わるっていうのはないと思いますし(っていうか石鎚でも普通に喫水狙いでバイタル抜ける) 上から落として抜けるっていうのは多分最大射程辺りの話ですよね。石鎚の弾道は山なりなんで、このTier帯の巡洋艦たちのほぼない水平装甲に上から落とせばそらバイタルは抜けますよ。 あと対空のお話ですが、それを言ってしまうと日本戦艦はもうみんなそうですよw 石鎚は稀に1機落としてくれるくらいの対空はありますし、爆撃なら回避運動込みで全弾回避できることもありますし あと上でも言いましたが旋回性能は決して悪くないので、被雷も1本程度に抑えることも十分可能です。 そもそも戦艦なんて空母相手にはそういう覚悟が必要なものです… 追記 >戦艦というからには駆逐艦のような布張り天井の艦橋じゃなくて塔型なりパゴタマストなりつけてほしいです。改装後として隠蔽改善の案に落ち着きそうです これは聞き捨てなりませんな。上でも言いましたが石鎚は金剛の原案。第一次世界大戦当時の巡洋戦艦なのです。 この外見こそ、まさに旧世代の戦艦なのです!
  13. 好きが故に長くなってしまったことをお許しください 全く論理的な話になってないんですが、まあ自分は石鎚はロマン艦だと思ってるんで、装填が速くなっただけでも超強化に感じてしまうくらいなのですw 追記 ちなみに今回のアプデで分かったことなんですが、地味に主砲の初速がかなり速いです。 ただやはり砲弾が軽いんでしょう、最大射程付近ではかなり山なり弾道ですが… ただ、石鎚の得意とする10km前後で25秒の装填速度と弾速の速さで戦えれば、相当な脅威になることは間違いないと思います
  14. 石鎚をこよなく愛する者として、意見させていただきます 前提として、石鎚はユトランド海戦以前の巡洋戦艦であるということをお忘れなく。 まず石鎚の戦い方の話をさせていただきます AP弾が六号徹甲弾で河内のAP弾にすら貫徹力が負けているので、戦艦相手では近距離でさえバイタルは抜けません。 APは確実に当てられる距離(10km以内くらいでしょうか?)で巡洋艦相手に撃つものです。なんだかんだで砲門数があるので、射角が限られる第三砲塔さえちゃんと向けられれば巡洋艦ワンパンもできます では戦艦相手はどうするのか。HE弾で燃やせばいいのです。 石鎚には日本戦艦2位の発火率を持つHEがありますので、速力を生かして米戦に接近して燃やしながらどつきまくる。 引き撃ちすれば米戦の精度では中々当たりませんし、充分戦えます。 ただし最終船体の金剛の相手だけは無理です(笑) 全てにおいて上なんで、やりあわないように立ち回るしかないですね 次に立ち位置の話ですが これは射程と関係するのですが、確かに石鎚は被発見が長いことと相まって射程が壊滅的です。 しかし、味方巡洋艦のすぐ後ろに控えるような立ち位置を取れれば、そこまで気になるようなものではありません。 確かにオマハはアウトレンジしてきますが、逆に言えば警戒すべき巡洋艦はオマハ(ムルマンスク)だけのようなものです。 味方巡洋艦たちと行動するだけの足はありますし、さすれば対空の援護も受けられる(かも)しれません(笑) そのためのフットワークの軽さです。他の日本戦艦に比べれば動きは機敏なほうです。 対空砲火ですが、これは仕方がないと思います。 ただ、ない訳ではないので、ラングレーやら鳳翔の艦載機程度ならどうにか対処できます。あとは頑張って回避です(笑) まとめると、射程は短いが味方と行動するように心がければそれなりに戦える。 なんだかんだ巡洋戦艦で戦艦カテゴリには入っているのでHPは多いし、回復もできる。戦艦のAPも角度さえつければそれなりに弾ける。 空母相手は日本戦艦の例によって味方を頼る。 こんな感じですかね 長くなりますが、次に挙げてくださった提案についてそれぞれ 一つ目のMM優遇ですが、欲しいと言えばそうなんですが、それなりに戦えるのでいらないかなー… 二つ目の対空ですが、はっきり言っていらないです。攻撃機を落とせないのは日本戦艦の宿命ですw 被雷被弾覚悟で頑張って避ける努力を。 三つめですが、射程よりも隠蔽を下げて欲しいです。 単純な話12inch砲なので、WoWS的に落とし込むなら石鎚の射程の時点で相当盛ってる状態だと思います。 長くするとしても、散布界がひどいことになりそうです(笑) 隠蔽のほうも、隠蔽ってマストの高さ基準らしいので、石鎚が金剛型並みの近代化改修でもしない限りは隠蔽を下げるのは無理なのかなーと思ってしまうんですが… 長くなりましたが、結論 石鎚の近代化改装後の姿(Ishizuchi1941)を出しましょう() ぐっだぐだになってすみませんw 石鎚はユトランド以前のイギリス巡洋戦艦の如く、ロマンの塊のような船だということです…
×