Jump to content

koukou12

Beta Tester
  • Content Сount

    25
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    76

About koukou12

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia
  1. 私も魚雷の点で、これは是非共有したいと思い、 拙いものの翻訳してみました。 音響や磁気反応の予定がないのはちょっと寂しいですが、 命中させるにはプレイヤーの腕が決め手になるということでは ゲームとしては良いのではないかと思っています。
  2. NAサーバーのポータルでは空母をこう扱ってはいけない、という公式記事が ありましたね。 結構使い方を間違えると味方から突っ込まれそうで怖い。 http://worldofwarships.com/en/news/common/aircraft-carrier-advice/
  3. 質問6 スタジオ間でアイディアを共有することはありますか? 例えばWOTのgarage battle がWOWでも実装されることはありますか? 回答 もちろんスタジオ間でのコミュニケーションは密にとっています。 彼らのアイディアや開発計画の状況を追っています。 最近、我々はWOWにおけるクラン戦についてフォーカステスト(フォーカスグループ)を実施しました。 WOWにおけるクラン戦はWOTとはコンセプトが異なります。 Garage battleのコンセプトもWOTからは大きく異なるでしょう。 すでにプロトタイプはできているのでスーパーテスターやαテスターに提供できるでしょう。 以上です。 (私からの質問) WOTのgarage battleってなんでしたっけ? 最近ランダム戦しかしていないもので…
  4. 質問5 混戦になったときに、自分の爆撃機を打ち落とすことは有り得ますか? 回答 これはほとんど不可能です。 しかし逆の状況であれば起こりえます。 自軍の雷撃機が遠距離から雷撃を開始した場合などです。 魚雷の進路は途中で変更することはできません。 自軍の艦艇がその進路上にあれば、轟沈することがあります。 私は一つの状況を覚えています。 巡洋艦が敵陣に向かって突入し、空母を発見しました。 発見された空母は甲板を破壊される前に数隊の雷撃隊を発進させることができました。 その後、空母は搭載している最も強力な砲で巡洋艦を撃てる位置につこうと操船していました。 しかし、空母がようやく射撃位置にたどり着けたとき、自分の雷撃隊が放った魚雷と巡洋艦の ちょうど間にいることに気づいたのです。(無念)
  5. 質問4 このゲームでAP弾やHE弾はどのように扱われますか? 回答 戦車とはことなり、艦艇は多重の装甲を備えていました。 そのため弾が弾薬庫や機関室に到達するには複数の装甲を貫く必要がありました。 これは水線甲鉄から多数の構造体、そして甲板甲鉄まであります。 通常貫通させるには2~3発の弾が必要です。 本ゲームではAP弾とHE弾を用意しています。 AP弾は装甲を貫くのに、HE弾は非装甲部の破壊に用いることを想定しています。 WOTと同様のメカニズムを備えていますが、いくつかの点が異なります。 WOWでは信管を備えています。 AP弾は装甲を貫通して10m進んでから爆発するように設定されています。 これにより重要な区画で爆発が起きるようにしています。 逆に、もし非装甲部分に当たった場合は弾は船体を突き抜けるだけで、 たいしたダメージを与えないことになります。
  6. 質問3 魚雷には種類がありますか? 例えば酸素魚雷や電気式魚雷が蒸気式魚雷よりも視認性が低いということはありますか? 回答 本ゲームでの魚雷はいくつかのパラメータをもちます。 ステルス性とご質問にあったエンジンの種類です。 また、主たるものとして航続距離と速度というパラメータもあります。 これは射程と精度に直接的に影響します。 射程は20kmから40kmの幅をもち、 速度は20ノットから50ノットの幅をもちます。 与ダメージも注意深く設定されています。 現時点では射出方法や信管の種類は区別しない予定です。 あまりにも負担が大きくなるからです。 歴史的には艦船はその搭載魚雷数をどんどん増していきました。 この点はゲーム内で反映させていきます。
  7. 質問2 ゲームの開発においてもっとも手間隙がかかるのはどの段階ですか? 回答 2点あります。 (1)艦船の3Dモデルを作るところです。 例えば戦艦だと,設計図の調査から3Dモデリング,ゲーム用パラメータの調整など。 エフェクトを加えQAチェックをします。6ヶ月かかります。 開発段階ごとには膨大なチェックを行います。 歴史検証、設定、ハイスタンダードヴィジュアル(何を指すのかわかりませんでした) すべてが網羅されます。 (2)ゲームバランスの調整です。 何か要素を追加するたびにゲームバランスに影響が表れます。 これらはα、βそしてスーパーテストによって検証されます。 それ以上にスタジオ内の多くの部署によってチェックされます。 ゲームデザイナーからマップ製作者、サーバーのプログラマ、ビジネスアナリストに至るまで。 この過程は終わることはなく、常に改良を目指しています。
  8. 誤訳あるかもしれませんが 質問1 艦載機が複数の役割を果たすことはあるのでしょうか? 回答 αテストでは1機種に一つの役割だけを割り当てていました。 これはゲームにおいて煩わしさを省くためです。 ボタン一つで偵察機は偵察を、爆撃機は爆撃を。 開発陣としてはゲームのあらゆる要素を調整できます。 あとはゲーム性と歴史的な正確性のバランスをどのようにとるかです。 例えば、グラマンTBFアヴェンジャーは雷撃だけでなく偵察もでき、 九州J7W(震電)は爆撃もできます。 実際、開発プロジェクトの中では複数の役割をは果たせるようにしています。 しかし、これを実装するかどうかは現時点では言えません。 大きなチャレンジです。
  9. このゲームに参加したい人ってどれくらいいるんでしょうね、世界的に。 オーストラリア人やベトナム人が日米の艦艇を操りたいとか思うのでしょうか?
  10. 信濃は見つけられないのかな、深海とはいえ日本の近海何だし
  11. 仮に分けたとして、数tier分の艦種はあるのでしょうか? 未完成艦や計画艦を含めて?
×