Jump to content

ocho2000

Alpha Tester
  • Content Сount

    77
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    978

1 Follower

About ocho2000

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Insignia

Profile Information

  • Gender
    Not Telling

Recent Profile Visitors

182 profile views
  1. 瞬間的な攻撃力は高い代わりに、他が物足りない(精度、装填速度、砲旋回速度、旋回速度など)ようにすればゲームバランスは保てそうですよね。 面白い画像を見付けました。海外にも13号BCの実装を期待する方はいらっしゃるようですね。 右下に注意書があるように紀伊の画像を加工したファンメイドですが、艦橋のシルエットなどデザイン面で大和に繋がるよう考慮されています。 紀伊の艦橋の凹凸をなくしただけのようですが、こういった艦形も非常に格好いいですね。
  2.  ご意見ありがとうございます。  理論値の計算もありがとうございます。  改めて、13号巡洋戦艦(以下、13号BC)とalsaceを比較すると   ・alsace     最大ダメージ 11,900×12=142,800     強制貫通 26mm   ・13号BC(50口径41糎砲)     最大ダメージ 12,900×12=15,4800     強制貫通 28mm    ・13号BC(45口径46糎砲)     最大ダメージ 14,800×8=118,400     強制貫通 32mm  となるわけですね。  この攻撃力はむしろ巡洋艦第2ツリーの終着点候補として相応しいかもしれません。  しかし、あくまで個人的な考えですが、由緒不明な謎艦IZUMOをまっとうな艦に置き換える必要性は高いと感じます。その候補として13号BCは最適ですので、後級の大和の操作感とが異なる性能であっても実装してほしいですね。  tier9相応にするために45口径砲にしたり、上でもお二人が仰ったように攻撃力と速度の対価としてσ値や対空値、防御力を犠牲にした艦とすれば十分実装可能だと思います。
  3.  私的な調査によるものですが、現在のIZUMOを目指して日本戦艦を進めているユーザーは残念ながら極めて少数であり、IZUMOには仕方なく乗る、フリー経験値で飛ばすといった意見が多く見られます。  このことから、ユーザーがより楽しめるようにするため更に魅力的な戦艦をTier9に用意するべきだと考えます。  そこで、IZUMO代艦として13号巡洋戦艦を提案します。    この戦艦は紀伊型の後に建造される予定だった戦艦であり、八八艦隊最後の4隻となる予定だった戦艦です。大和に先駆けて46糎砲を搭載した可能性があったことで有名です。      13という番号は八八艦隊計画における計画番号で、13番目に建造される予定の艦であるという意味です。  1号から順に追っていきますとこのようになります。   1~2号 :長門型   3~4号 :加賀型   5~8号 :天城型   9~12号 :紀伊型   13~16号:本艦  本艦は紀伊型の発展型ですので、もしTier9となればWOWS内におけるTier8紀伊型との関係性に整合が取れます。   本艦の歴史は以下の通りです。  大正9年9月に紀伊型の艦型が決定すると同時に46糎砲の可能性検討が開始され、同年12月には製造の限界に挑戦した48糎砲の試射が行われました。  これをもとに大正10年6月に平賀譲氏による13号艦に対する意見具申書が出され、これには18インチ(46糎)砲必須と主張し、速力については30ノット、安全距離40糎弾に対し1万2千~2万kmなどと具体的な意見が出されました。  しかし紀伊型以降の戦艦が建造中止となり、この艦は最終的な諸元が決定しないまま開発が中止となりました。そのため図面もありませんでした。  戦後、元艦政本部造船監督官の福井静夫により46糎2連装砲を搭載した本艦の図面が引かれ、今日に伝わる13号巡洋戦艦の姿が完成しました。  最大の特徴である46糎主砲については諸説あり、現実的には八八艦隊の建造計画は非常にタイトなため13号艦には46糎連装砲は間に合わず41糎連装砲4基となった可能性が高いという説や、仮に46糎砲を搭載するとすれば15号艦以降の可能性が高いという説があります。  以上が本艦の歴史です。  これらの歴史的事実から、本艦は未製の計画艦ながら十分歴史的な背景を持つ艦艇といえます。  性能諸元については計画艦であるため諸説ありますが、大まかにまとめると以下のようになります。   主砲:41糎45口径3連装砲4基(12門)      もしくは      46糎45口径連装砲4基(8門)   副砲: 14糎50口径単装砲16基(16門)       12 糎45口径連装高角砲4基(8門)   防御: 舷側330 mm (傾斜15度)       甲板127 mm   速力:30ノット  最大の特徴は、46糎砲を搭載し30ノットという高速を発揮する点です。  また、当時の造船技官により技術的に考証されたデザインが施された艦艇でもあり、Tier10大和の前級戦艦として相応しい威容の艦になると考えます。  Tier9に武蔵が存在する現在のWOWSにおいて、正式な戦艦ツリー終盤に本艦が待っているという状況は多くのプレイヤーにとって開発を進めるモチベーション向上につながると考えます。  長くなりましたが、提案は以上です。  より多くのプレイヤーによる議論、検討がなされていつかこの戦艦が実装されることを期待します。
  4.  現在日本戦艦ツリーtier9にはIZUMOが設定されていますが、この艦の元ネタは、A140という戦艦(史実の大和)の設計案のうちのひとつであったA140 A案というものです。  A案の特徴は、この前部に集中配備された主砲です。これにより防御の集中や、無駄を省いた装甲配置による軽量化及び高速化が見込めました。更に、煙突周辺に集中的に配備された対空火器による高い対空性能を追求しました。しかし現実には採用されず、史実ではこの草案の概略図しか残されていません。  しかし戦後、ある出版会社がこの図面をもとに「A-140Aが採用されたらこうなっただろう」という予想図を公開しました。  大変迫力のある素晴らしい絵ですが、残念ながら造船屋の描いた絵ではないため、艦橋のデザインが草案をトレースしているだけとなっています。  現実的な艦橋構造をしているかというと疑問の残るデザインです。  そして更に時を経て、このデザインの戦艦がA-140J2としてWOWSに実装されてしまいました。我々がよく知るIZUMOです。  3番砲塔の配置や細かいディテールは多少異なりますが、WGがIZUMOの元ネタにした資料は上の予想図ではないでしょうか。  この艦は造船屋の引いた線ではないディテールの予想図を元にした艦橋デザインであることから、歴史的事実を実感できない異様なデザインをしており、艦内の構造や装甲配置についても無理が生じています。  更に、現在のWOWSにおいては武蔵出現による相対的な攻撃力低下もあり、この艦に乗りたいと思わせる魅力がありません。
  5. みなさん登録する際、最終的に登録完了と分かる画面になりましたか? 必須項目記載と免許証添付して送信したのですが、私の場合同じ記載画面に戻りました。失敗かと思い繰り返したところ、同じ記載画面で、登録完了できたのか分かりませんでした。
×