LitaSora

Member
  • Content count

    51
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    6786

About LitaSora

  • Rank
    Lieutenant (junior grade)
  • Birthday
  • Portal profile LitaSora

Profile Information

  • Gender
    Not Telling
  • Portal profile LitaSora

Recent Profile Visitors

107 profile views
  1. お邪魔させていただきます。 結構話が上がってきたので一度問題点と解決策をまとめたほうがいいのではないでしょうか? それはさておき私の感じている空母の問題点でこのトピックでまだ上がっていないのを幾つかと個人的に思っていることを。 1、艦載機の速度差によってたとえ戦闘機の編隊*機数で勝っていても攻撃機から味方艦艇を守るのが水上艦の援護がなければ理論上は不可能 2、味方艦隊との対空・防空・迎撃の相互コミュニケーションが空母→水上艦はやりやすくても逆はやりにくい 3、艦長スキル・アップグレード・艦艇によって対空がまちまちなため水上艦の対空バランスが一方的になることがある、それを意図的に作ることができる 4、7.2km以上の広域対空艦を2方面に配置することで空母の索敵・攻撃・防空すべてを無力化できる 5、システムがほとんど別なため大勢に理解がない 1、艦載機の速度差によってたとえ戦闘機の編隊*機数で勝っていても攻撃機から味方艦艇を守るのが水上艦の援護がなければ理論上は不可能 2、味方艦隊との対空・防空・迎撃の相互コミュニケーションが空母→水上艦はやりやすくても逆はやりにくい 3、艦長スキル・アップグレード・艦艇によって対空がまちまちなため水上艦の対空バランスが一方的になることがある、それを意図的に作ることができる 4、広域対空艦を2方面に配置することで空母の索敵・攻撃・防空すべてを無力化できる 5、システムがほとんど別なため大勢に理解がない 以上、私の感じている空母の問題点でした。 追記 6、T9以降はもともとの空母プレイヤーの数が少ないこともあってかなりの腕の格差がある上にマッチする時間が長く更に同じ人とマッチしやすい
  2. 5中隊になる編成ですが、どちらも制空能力が高く下手をしない限り艦載機を撃墜される可能性が少ないので空母同士での戦いでは今よりはよくなると考えられます。 最も水上艦の対空を加味すると、おっしゃられているとおり予備機不足に陥ることはあるでしょうが少なくとも空母同士の戦闘面において今よりはましになる編成であると思い提案しました。 310が301サイパンに対して優位に立てるという意見ですが1雷撃機で戦艦に与えられるダメージはうまく当てて2万程度、前線に巡洋艦がいると攻撃できないですから駆逐艦を狙うことになると命中させるのは難しく、逆にサイパンは駆逐艦には命中させやすいため制空は優勢ですがALT離脱と艦載機の速度差から攻撃を防ぐのは難しく、序盤は戦況が劣勢がちになるため問題ないラインだと思います。サイパン側は艦載機予備機が少ないため不利になりすぎますが・・・301については他の編成に対しては制空をとれますからレンジャーの強みになる可能性があると思います。それにサイパンがいない頃に飛龍に311を追加するなど同じようなこともしていますからね。 加えてサイパンに310が実装されたとして1編隊しか無い雷撃機ではダメージも出ず301より扱いにくいですからね…… 編成を変えない案となるとやはりAP爆弾の話がありますね。  コレはどうやら甲板の薄い戦艦相手に1編隊で最大2万ほどのダメージが出るそうなので雷撃機がなくても戦艦と巡洋艦相手ならばダメージが出せるようになります。 ただ、火災発生がないことや駆逐艦にダメージが出せなくなることから現状とあまり変わらないままかと思われます。 他の案ですと、202等の雷撃機の存在しない編成のみ爆撃機の範囲をサイパンと同じ程度に狭くする、雷爆編成を削除する代わりに爆撃の範囲・発火率を元に戻す、少数機編隊の索敵爆撃機を追加する、等でしょうか。
  3. 返信ありがとうございます。  サイパンは202の上位互換では無いと思っています。 202の場合爆撃2編隊あるので火災によるドットダメージを取れる+駆逐艦に当たるのを祈るのに対してサイパンは狭い自動爆撃によって駆逐艦に大ダメージを与える編成であるため戦艦に対するダメージのだしやすさはレンジャーのほうが上なためです。重要な艦艇である駆逐艦に大ダメージを与えやすいのでサイパンの301編成はそこが強いのですが…… あとはレンジャーの戦闘機1中隊に対して相手の戦闘機は1中隊で当たるということは無いので301になったとしても3中隊を2:1に分けて 2中隊vs2中隊か1中隊vs2中隊になり後者は制空編成であっても局地的制空喪失することになります。戦闘機が増えることで制空のラインが上がるため202よりも視界は取りやすいですが結局202でも見れるので大差ないです。 結局のところツリー米空の問題点は 1.攻撃力のある編成が確定で制空が負ける編成しか無い(ラングレー・ボーグ・エセックス・ミッドウェーを除く) 2.制空で勝てる編成が攻撃力がない 3.制空で勝てる編成でも相手の攻撃を防げない 4.基本的に艦載機が遅いため相手に先制でドッグファイトに持ち込まれALT離脱を強いられる 5.戦闘機編隊数が制空編成でも同数か同数+1なため2方面以上に戦闘機を送ると戦闘機が少ない方に2編隊の戦闘機を送られ遅い戦闘機がドッグファイトに持ち込まれALT離脱+2編隊目に機銃斉射でほぼ無傷で壊滅させられる 6.艦載機の速度とリロードが遅いため1回攻撃を防ぎきった後の次の攻撃を防げない、またリロードによって視界が途切れる 7.制空が負けているor艦載機編隊数が少ないためスポット用の予備の攻撃機が基本的にない だと思っています。 レンジャーで例えますと111・013は飛龍の初期122、加賀の113を除けば確定で制空負けすること(1)、制空編成でも1000lb爆弾ではないのでダメージが出ない(2)、tierが低く艦艇の大きさが小さく爆撃の範囲がtierによらず一定なこともあり爆撃の命中率が低いこと(2)、戦闘機2編隊を送られるとカンで戦闘機を移動させて置かない限り攻撃を防げないこと(3・5)、サイパンがALT離脱を戦闘機1機喪失無しで行えることもありier7戦闘機では一番性能がいいのにもかかわらず5の戦法によって一方的に戦闘機を損失する状態にあること(4・5)、隠蔽が悪く低速な上対空も心もとないため後方にいなければいけないが艦載機のリロードが遅いため2攻撃目に対応できないこと(6)が挙げられます。 コレを元に301についての反論ですが、せめて爆撃機2編隊か雷撃機1編隊無いと相手の戦闘機に対してプレッシャーにならないのが問題になります。爆撃2でもプレッシャーにはなりにくい現状ですが・・・ まず301について3中隊の戦闘機があるといいますが、防空する必要性が無いこととALT攻撃があるため2戦闘機中隊を送って戦闘機を犠牲にしつつ無理やり押し通されてしまいます(3)。つまり301だと2戦闘機編隊相手に攻撃を通され放題なうえこちらは攻撃手段がない状態になってしまいます(2)。 結局戦闘機が2編隊のときより少しはましになるものの根本的な解決にはなっていないので202を301に変えたところでレンジャーの勝率改善にはつながらないと思われます。 たとえ202が301になったとしても根本的に解決するのは(6)のみ、(3)については相手の攻撃を202の時よりは時間をかけさせることが出来る程度、(5)についても戦闘機がフォローし合えるように動かさないといけないため完全に解決しているわけではありません。 現状のゲームシステム上多少は米空でも防空しやすくなったとは言え戦闘機が4編隊いないと時間をかければ突破されてしまうため制空能力をあげて攻撃力を皆無にするのは改善にならないはずです。なので301については良いとは思わないのが私の考えです。 なのでもし強化するとして考えられる編成は 211 112 203 302 210 310 でしょうか。 310については戦闘機が多すぎるとは確かに思います。飛龍の311より制空能力が高く瞬間ダメージは上でしょうし。(ドットダメージを含めると飛龍が上回る可能性はありますが、前に述べたとおり艦載機による浸水・火災発生は確定でないため運が悪ければ全くドットダメージが出ない時もあります) 私の考える追加してもよい編成は以下のとおりです。 インディペンデンス 210 202   レンジャー 211 112 203 302 210 310 レキシントン 211 112 203 302 310 エセックス 212 311 303 ミッドウェー 303 311 
  4. 301については制空過剰になる上完全に防空可能かと言われるとそうでないこと、攻撃手段が皆無なのであまり良い案ではないと思われます。 まず7以降の制空争いにおいて水上艦の対空を考えなければサイパンのALT離脱を別にしても7機1編隊であっても5機1編隊であっても4機1編隊であっても1編隊と2編隊で戦うと当たり前ですが2編隊が勝ちます。 加賀の場合は艦載機が遅いのでやりにくいですがレンジャーが3編隊の戦闘機を持ったとして2方向に分けた場合1編隊の方向に攻撃が来れば防げないこと、そしてこちら側からの攻撃は爆撃1編隊なので結局防空もダメージレースも負けるため根本的解決にはなりません。 簡単に言うと今の空母は手動攻撃のあるT6以降はT10を除いて2編隊以上の戦闘機を持ち火力を出せる(雷撃機が1編隊以上)ならば、水上艦の対空を考えなければ戦闘機の防空を突破して攻撃できるのです。 ただし、突破するのに戦闘機を一箇所に送るということは逆側が守れないということですがアメリカの制空編成は正直攻撃力が低く、tierが低いと感も小型で命中するかどうか運要素が高いためレンジャーの制空編成相手には防空する必要性がないこともあり結局301は必要ないと思います。 最もFTが3編隊あれば2編隊だとできなかった防空で消耗した戦闘機を帰還させつつ2方面に索敵+防空をすることが容易にはなるのですが、それが出来たところでこちらは相手のヘルスを削れないわけですからジリ貧になるのですよね。これはアメリカの制空編成全てにおいて言えることです。 202ならまだ火災コンボが出来ますが301はないですし……最も火災も発生するかどうかが運なのですけども。 また噂されているAP爆弾がツリー空母にも実装されたとしても駆逐艦に攻撃できなくなることを考えると微妙ですね。 211については良いと思いますが、202が不要になること、301が上の理由からあまり良いと思えないことから難しいと思います。 302なら良いのですけどねぇ・・・エセックスまで302はおあずけですし。いっその事203とかでしょうか・・・ 他の案としては112も良いとは思いますが結局戦闘機が1編隊なのでツライのには変わりないのですよね。まあ現状は111なので更にツライのですけども。 そもそもツリー空母に対して課金空母が強すぎること、それ以前に飛龍に対しても不利だったのをそのままにしているからこうなっているわけなのですが。アメリカ空母は編隊も少ないのでたとえ制空編成であっても索敵に穴ができるというのに火力も向こうのほうが上と言うのはきついですね。 あとは爆撃機の威力増加はありましたけど雷爆に批難が入って散布界が広がったのと、雷撃機の浸水発生率弱体化、爆撃機の発火率低下、防火が強くなったこともあって制空編成も割りを食っているんですよね……散布界がもとの範囲なら手動で駆逐に1発は命中してたのですけど今は命中する可能性のほうが低くなりましたし。
  5. >後者の「マッチング条件を有利にする」については、実装自体が相当難しいものとなるでしょう。 確かに実装するのは非常に難しいと思いますし問題も多いとは思います。ので、まあこういった方法もあるのではないか、という意見です。 新たな問題はでますが現状の問題の空母分艦隊の優位性を抑える事ができる可能性はあるかと。 前の投稿で述べていなかったことを。 ・空母分艦隊同士でのミラーマッチのみにするばあい、高Tの空母が少ない現状ではマッチ時間が伸びてしまう面が存在する。 高T空母プレイヤーの数が少ないため当たり前ですが非常に時間がかかります。 加えてほぼ相手が変わらないような状況になることも考えられます。 ・空母の分艦隊を禁止するならばそもそも全部の分艦隊を禁止してもいいのではないか? 空母の影響力は大きいですが、特殊な艦艇は同じく影響力が大きく分隊を組むことでゲームの流れを変えてしまうことは多いです。 それならば空母だけが分隊を組めないようにするのではなく、対応できるMMになるまでいっその事分艦隊すべてを禁止してしまった方が良いのではないでしょうか? 個人的には反対ですが、空母だけを除外するならば分隊を組めなくしたほうが公平・平等なのではないでしょうか。
  6. サイパンだけALT離脱が特殊なのは1機のスペックが高いからなのはわかりますがせめて代わりのデメリットを用意しないと流石にやりすぎな感じはしますね。 ALT離脱の弾薬消費を2倍にする等何か別の方法はなかったのでしょうか・・・
  7. 分艦隊の制限についての意見を。 空母の分艦隊編成禁止については反対します。 理由としては ・分艦隊を禁止した際に不利益を被るのは空母と対空艦で組んでいる一部のプレイヤーに加えてたまたま空母と分隊を組むプレイヤーが含まれる ・後者のほうが前者より圧倒的に多く、一部のプレイヤーのためだけにプレイが制限されるのは望ましくない の2点です。 しかし、現行のマッチングのままでは空母と対空艦分隊への対抗策が偶然対空艦艇がマッチングするぐらいのお祈りになっているのも事実です。 なのでこのどちらかが良いと思われます。 ・空母の分艦隊はミラー相手のみのマッチとする ・空母の分艦隊を組んだ際には相手のマッチング条件が有利になるようにする 前者は高T空母のマッチング時間が以上に伸びてしまうことが難点ですが、後者は実装するのに新しくマッチングシステムを組み直す必要性があるので出来るまでの対処とするのが良いと思っています。 マッチング条件が有利になる具体的な案は ・相手に対空艦艇をマッチングの条件を緩和して1隻配置する ・相手にレーダー艦艇をマッチングの条件を緩和して1隻配置する ・相手に駆逐艦をマッチングの条件を緩和して1隻配置する ・相手に戦艦をマッチングの条件を緩和して1隻配置する 等が考えられると思われます。 また、出来るならば特定の分艦隊(レーダー艦艇を含む・空母+対空艦艇等)のみにコレが適応されるようになるといいのですが・・・ 追記:現在のT4/5空母事情ですが昔が強すぎたイメージが大きいのはありますが、現状空母の火力は手動攻撃・機銃斉射がなくなったことによってほぼ皆無になっています。 その上、昔の空母の事情に合わせて対空が高いままなので予備機も少ない都合上かなり厳しいのが現状です。
  8. 戦闘機同士の制空に気を取られていたら攻撃機の数のゴリ押しで防空しきれなかった・・・ ぐぬぬ・・・次は負けぬ・・・!(賛辞ぽい、艦載機は全滅させたがぎりぎり負けてしまった)
  9. 雷撃機はそこまで修正して当てるものではないですね。対空のない戦艦に日本空母で4本全部当てるようなことを狙わない限りはそこまで修正したことはないです。逆に修正しようとしてくるくる回ったりしますし、低tierでも結構対空の高い戦艦が多くなったので(tier3を除く)予備機が少ないのを考えると1機撃墜されただけでも結構な損害になっています。 私の感じ取っている問題点は低tierにおける空母の勝負が決まった後に自由に攻撃できる時間が長過ぎること、艦艇の能力を100%発揮できるほど乗っている人が少ないことです。 対処として簡単なのはtier3は空母と当たらないように隔離をする、雷撃機の回避を低tierに於いてのみやりやすくするのがいいのではないでしょうか。現行の仕様で手動をなくすと逆に当たらなくなりますし、自動も正直調整をしやすくしすぎると手動雷撃と変わらなくなると思います。 回避しやすくする方法としては攻撃される艦艇に雷撃機の予測射線を見えるようにするとかですかね。 後は日本の雷撃機の威力が据え置きなのも割りと低tier戦艦にとってはつらいですね。逆に高tier日本空母はつらそうと思ってはいたもののそうではなさそうです。雷撃機編隊数増やせますから。 昔は日本空母はアメリカ空母の戦闘機に一方的に艦載機を落とされ続けてその中でなんとか攻撃していくのが日常でしたね・・・ それを思うと低tierでも空母への欲求LVが上がってしまっているのも問題かと。水上艦の防空への意識も非常に低いですし、問題か?と言われるとやられると嫌ですけどそれは個人の感情であってゲームとしては問題ないですからね。まあ常に嫌なことをされるとゲームをやりたくなくなるバランスである、ともいえますから改善するほうが良いとも思いますが。 >水上艦で空母を沈めるのは無理なのか? 多分どのtierでも空母を無力化できる程度に撤退させるか、沈めることは水上艦と空母が組めば可能です。 低tierはきついですがその分低速な空母が多く、副砲も少ないので正直駆逐が特攻すると割りと沈めれたりします。 駆逐艦の回避性能も高いですからね。 高tierに於いては空母の補助が必要です。余った爆撃機や戦闘機でずっとスポットし続けてやれば射程のある戦艦にワンパンしてもらうことが可能ですし、戦闘機を後方に釣れることもあり戦術としても非常にいやらしいので一方的に水上艦が空母を攻撃し続け、回避している間は攻撃できず、燃えてしまえば何もできなくなりますね。 しかし空母がそれをするか?と言うと殆どの空母はやらないと思います。 自分がやられたら嫌ですし、まともな航空戦がなくなりますから空母同士の航空戦を楽しみたいというのならしないでしょう。 まあその空母同士の航空戦が出来ないタイプの空母や、圧倒的に制空が劣勢な場合などには取る手の一つですがただでさえ攻撃回数の少ない空母がほぼ速攻沈むようになり、上達どころか攻撃しないまま沈みますから・・・ これでも空母で空母を速攻沈める事が出来にくくされているのは事実ですが、空母が補助して水上艦が刺してやれば割りと簡単に沈めることが出来ます。と言うか空母に乗っていて空母に沈められることはほぼないです。まれに沈めることはありますが、ミリHP残ってしまって水上艦が勝手に取っていってくれることが多いですし。 まあ最も、高tierだと空母が水上艦に攻撃するのがかなり難しくなっているので・・・鳳翔と瑞鳳はきついですが対抗馬のラングレーやボーグに確定で制空が押されることもありよっぽど空母の実力差がない限り一方的に殴り続けることは不可能です。 あとは・・・空母がマップの端に逃げた場合ですね。 味方空母が索敵してくれれば普通に発見できますから。 やっぱり根本的な原因は空母同士の勝負にかかっているのかと。 うーん、対空防御砲火と当たらないあたりの低tierはいっその事水上機母艦クラスの航空攻撃力しか持たないほうがいいんでしょうかねぇ・・・ 砲撃はできるものの爆撃しか出来ない程度にするとか。利根という航空巡洋艦の話もちらほら出ていますし。 tier5から空母にするなら現状の対空なら割りとバランス取れている気がするのですが。 ついでにいうと通報や賛辞は、よっぽどひどいことやチャットをした等、または有名な人でもない限りされることはないです。 正直言うと通報される話はゲームシステム上の問題なのではなく、プレイヤー同士の問題であると思います。
  10. 旗、迷彩、初回勝利、プレミアム、プレミアム艦艇等が乗るのでそこまで困難ではないです。 まあ旗と初回勝利だけでも1戦1600程度の戦果が出せれば500は到達できますよ。 プレミアムとか迷彩とかプレミアム艦艇とかつすべてつかうとほぼ勝つだけで到達できるあたりはどうかと思いますが。
  11. イギリス巡洋は強すぎて弱すぎると聞いてちょっと試したくなった今日この頃。 ぺらぺらというより戦艦の主砲に弱すぎるかな?腹をさらすと巡洋から抜かれるのはどれも同じですし。 あとは後進の出力が低すぎて後進の調節で回避ができないのがちょっと辛いですね、スモークの範囲的に。 4,5辺りはオマハやフェニと似たような感じに加えて煙幕があるので兵装の少なさをそれで補う感じでしたね。 短距離魚雷方弦1基はちょっと私はつらかったです。 あまり回避能力を必要としないところ、前線に出てスモークや撤退しつつ敵の部位狙いでちまちま攻撃していく感じで楽しかったです。 まあ、敵の進軍状況と撤退路を確保しないときついのでアトランタ系列やアメリカ巡洋艦と同じでマップ依存、味方艦隊依存が多いとかんじましたね。 そういえば微妙に艦載機からあまり狙われない気もしますが…対空低いものの艦長スキルの習得の関係上結構落とせていたり、どうなんでしょうね。
  12. 一応ペンサコーラとニューオリンズの対空砲の調整は同一対空砲だと同じ効果を持つように変更した後の、高角砲の火力をあげて機銃を弱体化したアップデートで射程が減らされてますね。 機銃がすごく弱くなっていたりでペンサコーラは割と大変だった印象が…ボフォースもりもりですし。まあ上級射撃があればむしろ両用砲が強くなったのですけども。 (いつの間にか機銃の威力も低すぎないように調整されていたのは気のせいですかね
  13. 対空と艦載機の話なので少し横から情報を。 英語ですが・・・ 公式wikiの艦載機関係のサイト http://wiki.wargaming.net/en/Ship:Aerial_Combat 公式フォーラムの回答(その中に艦載機と対空砲のシステムの解説があります) http://forum.worldofwarships.com/index.php?/topic/96327-dev-qa-about-the-game/page__pid__2368029 ここからわかる対空と艦載機のシステムは 1.撃墜判定は平均対空火力/生存性の確率で撃墜 2.対空火力と生存性で対空をしている艦艇の対空範囲内での撃墜されるまでの艦載機の行動可能時間がある(生存性と対空火力依存) 3.撃墜された時間が平均より短い・長ければ平均に近づくように補正が入る なので生存性が対空砲の範囲内に入ったとして減らされているというシステムではないですよー、と。 高tierでガンガン撃墜されてしまうのは高角砲の対空火力が高い、対空兵装の手動制御を加えた対空指定が非常に強い、対空防御砲火によってそれがさらにかさ増しされる、その火力に対して生存性が低いことからおきていますね。 後は単純に艦載機を強化すると対空火力が低い艦艇がより撃墜しづらくなるためそちらのバランスも取る必要がありますね。 山越え射撃は艦載機・水上機のスポットシステムも関わるのでそちらを合わせて改善してほしいですね・・・
  14. >#103 少し違っていると思う点があったので補足を。 ここで挙げられている問題点については途中で様々な意見が飛び交ったことがありすれ違っているとかんじます。 問題点をまとめるとこうなると思います。 あまりにも下手な空母を味方に引いた際に ”熟練空母乗りに一部の水上艦があらがえない現状”について詳しく書くとこうなると思います。 ・.駆逐艦は空母の攻撃・索敵による早期魚雷発見に対して対抗策を持たない。 ・.水上艦全般は艦載機のスポットに対して対抗策を持たない。(一部除く(アトランタ等)) そして他の方が上げた問題点はこれです。 ・空母は水上艦に一方的に攻撃できる。 ですがこれについてはゲームの仕様の都合上であり問題ではないと思っているのと、本筋とは外れるためあまり追求しないことにします。 低tierに於いては予備機の問題があり、中・高tierに於いては水上艦の対空が強いことから致命的には至っていません。 また、現状で空母による差が発生しやすい副次的な原因がこれです ・アメリカ空母が日本空母と比較すると弱い。(ラングレー・ボーグを除く) こちらについてはバランス調整をいれてほしいですが本筋とは外れると思うためこの話題は除外します。 続いて1~3までの原因の個人的な補足を。 ここから機銃強化に対する私の結論です。 ・全体的に機銃中心にするのは厳しい ・駆逐の機銃強化ではここで上げられている問題が解決しない 機銃中心にするバランスへの変更を行った場合、昔の戦場と同じく殆どの駆逐艦は自衛できるようにならず、巡洋艦の防空網が消失し、戦艦は狙われやすくなるため、全体的に機銃中心にするのは厳しいです。 駆逐艦については機銃を強化したところで攻撃機から身を守るのは難しいですからやはりツライです。しかし現状では機銃が弱体化されすぎたため日本駆逐に関しては機銃か両用砲の調整、両用砲のない陽炎の対空には何らかのテコ入れが必要だと思います。また、魚雷のスポットや水上艦が一方的にスポットされ続ける状況については解決しません。
  15. 失礼、私はあなたを中傷したつもりは皆無です、率直な1プレイヤーからの意見であります。。むしろ私には出来ない考え方なので羨ましいですし、この意見を立ち上げた行動力も素晴らしいと思っています。 しかし、レーティングを簡単に導入してしまった際どういった問題が生じるのか?という面からさらにより良い方向性へつめることが可能だと思い意見させていただきました。 いくつか齟齬のあった文に訂正を。 1.空母の影響力の大きさについては十分に承知しています。そしてその意見はアメリカと日本空母の差の話で別の話ですね。 私もアメリカと日本の空母の差は縮めて欲しいと思っていますが・・・ 2.別にあなたがとにかく勝ちたいのではないか?という意見ではないです。 根本的にあなたのようなプレイヤーがストレスフリーに戦うには様々なプレイヤーが居るため現行だと不可能であり最低限の動きができる味方の保証をしてほしいためにレーティングのMMの案を挙げられたと思っています。 3.同じく様々なプレイヤーが居るため簡単にレーティングを導入すべきではないという意見であり不満を持っているのが少人数であるという意見ではありません。 4.問題は挙げられている事も含め、様々な問題があると思っています。ただし、その問題を解決するために新たな問題が出てくるためこの場を持って議論しあうのが良いのではないかと思いました。 再度結論を 空母のみのレーティングの場合空母プレイヤー層のみの負担であり反対である。 ランダム戦においてのレーティングは柔軟性を持ち、より公正なマッチングを生み出すかも知れないがマッチング時間というプレイヤーの負担が増えることがあり現状のアクティブプレイヤー数から考えるとランダム戦でのレーティングは理想ではあるが反対である。 以上、レーティング中心的な自分の意見でした。