Jump to content

aaa9on

Member
  • Content Сount

    3
  • Joined

  • Last visited

  • Battles

    635

Community Reputation

1 Neutral

About aaa9on

  • Rank
    Ensign
  • Insignia
  1. 地形無視の雷撃や急降下雷撃はもちろん撤廃すべきだが、手動雷撃自体はあって良いと思う。 空母を使かったことはないが、攻撃が全て自動では空母を使う人間は面白く無いだろう。 ただ、空母側が手動で雷撃できるのだから、対空砲火を持つ全ての艦は、手動対空砲火を打たせてもらいたい。(もちろん、普段は自動、何らかの操作時のみ手動) そうすれば、航空雷撃が決まるかどうかは、空母と狙われた艦のプレイヤースキルの差によって決まるのだから、双方問題はないように思える。 後は散々言われているが、戦闘機撃墜時のスコアの上昇。空母以外の艦の対空意識向上の他に、空母は爆・雷撃で稼げなくなった代わりに、敵の爆・雷撃機を落として、スコアを稼げるようになるので空母使いの不満も多少は和らぐ……はず。
  2. 現在、一方的に敵を発見しているものの、相性、残弾、より優先すべき目標がある、等の問題で攻撃をしない時、その敵を捉えつづけ味方レーダーに写すことに、クレジット、経験値的意味がありません。 しかし、これは戦略上非常に意味のある行為です。 なので、自身が敵を発見してる事によって、味方が命中弾を出した時、発見している側もある程度スコアを得ることができるべきだと考えます。 『「発砲などによって隠蔽度を極端に下げていない敵」を「自身が最初に発見(直近の非発見状態から最初にであり、ゲーム開始から最初にではない)」しており、「その敵を自力では発見していない味方」が「自身が発見している間に放った砲雷撃」で「ダメージを与えた時」スコアを獲得する』、と言ったあたりが妥当かと思うのですが、いかがでしょうか?
  3. 壁ズリに関してですが、場外に出たら、オートパイロットで、強制的にその時点からその船の性能内でかつ最速でライン内に戻れる方法で戻されるというのはどうでしょうか? プレイヤーの通常の操作で場外から最速で戻ろうとした時と同じ操作が強制的に行われるということです。 ライン超え=撃沈では場外に追い込む戦術が多くなる事はありえると思いますし、ライン超え=座礁では、特に巡洋艦などは魚雷回避等に容易に利用できます。 しかし、オートパイロットなら、プレイヤー操作時と加減速、舵等の性能は変わりませんから、場外に出るメリットを無くせます。 また、オートパイロット中も、移動以外の動作(射撃・雷撃・修理など)を任意に使用できれば、追い込むメリットもそこまで大きくはならないかと思います。 もちろんオートパイロット中は、移動先の予測が用意になりますが、基本的には場外に出るべきではないので、その程度のデメリットは享受すべきかと。
×